基本情報

写真a

鈴木 健司

SUZUKI Kenji


職名

特任教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

我々はこれまで厚生労働省の難治性炎症性腸疾患調査研究班と、炎症性腸疾患に対する画期的治療法開発研究班の分担研究者として、炎症性腸疾患の新規治療法開発に携わってきました。今後は企業との共同研究で臨床応用可能な治療法開発を更に積極的に進めることを希望しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,新潟大学,課程,1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,講師,2007年04月 ~ 2012年11月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 消化器内科,講師,2012年11月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,講師,2012年11月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,講師,2012年11月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 消化器内科,特任教授,2016年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An inhibitor of c-Jun NH2-terminal kinase, SP600125, protects mice from D-galactosamine/lipopolysaccharide-indcued hepatic failure by modulating BH3-only proteins.,Takamura M, Matsuda M, Yamagiwa S, Tamura Y, Honda Y, Suzuki K, Ichida T, Aoyagi Y.,Life Sciences,2007年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Blockade of interferon-gamma-inducible protein-10 attenuates chronic experimental colitis by blocking cellular trafficking and protecting intestinal epithelial cells.,Suzuki K, Kawauchi Y, Palaniyandi S, Veeravedu P, Fujii M, Yamagiwa S, Yoneyama H, Han GD, Kawachi H, Okada Y, Ajioka Y, Watanabe K, Hosono M, Asakura H, Aoyagi Y, Narumi S.,Pathol Int,2007年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Different pathological phenotypes of autoimmune gastritis induced by neonatal thymectomy between BALB/c and (BALB/c x DBA/2)F1 mice; Role of eosinophils in hypertrophic autoimmune gastritis.,Fujii M, Suzuki K, Suzuki M, Hosono M.,J Gastroenterol,2007年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Attenuation of mouse acute colitis by naked hepatocyte growth factor gene transfer into the liver,Hanawa T, Suzuki1 K, Kawauchi Y, Takamura M, Yoneyama H, Han GD, Kawachi H, Shimizu F, Asakura H, Miyazaki J, Maruyama H, Aoyagi Y.,J Gene Med,Vol.8, pp.623-635,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • IFN-inducible protein-10 plays a pivotal role in maintaining slit-diaphragm function by regulating podocyte cell-cycle balance. J Am Soc Nephrol : 17:442-453, 2006.,Han GD, Suzuki K, Koike H, Suzuki K, Yoneyama H, Narumi S, Shimizu F, Kawachi H.,Han GD, Suzuki K, Koike H, Suzuki K, Yoneyama H, Narumi S, Shimizu F, Kawachi H. IFN-inducible protein-10 plays a pivotal role in maintaining slit-diaphragm function by regulating podocyte cell-cycle balance. J Am Soc Nephrol : 17:442-453, 2006.,Vol.17, pp.442-453,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患の新規治療法開発のためのラットに対する大腸治療内視鏡実験系の確立(研究成果実用化検討(FS)課題),2006年07月 ~ 2007年01月,独立行政法人科学技術振興機構 JSTサテライト新潟,その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患に対するRNAiを用いた遺伝子サイレンシング治療の確立,2006年11月 ~ 2009年03月,株式会社ステリック再生医科学研究所,その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規開発薬を我々の実験系を用いて炎症性腸疾患治療に応用できないか検討し、新規治療法を開発する。,未設定,未設定

  • 既存の炎症性腸疾患以外の治療薬が炎症性腸疾患治療に応用できないか我々の実験系を用いて検討し、新規治療法を開発する。,未設定,未設定

  • ラット大腸治療内視鏡実験系による炎症性腸疾患の新規治療法開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,内科学3,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2014年度,内科学3,2014年10月 ~ 2015年02月,専任

  • 2013年度,内科学3,2013年10月 ~ 2014年02月,専任

  • 2011年度,内科学3,2011年10月 ~ 2012年03月,専任

  • 2007年度,消化器系,2007年04月 ~ 2008年03月,専任