基本情報

写真a

加藤 景三

KATO Keizo


学系

自然科学系

系列

情報電子工学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

電気電子材料・デバイス,有機エレクトロニクス

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://nano-ed.eng.niigata-u.ac.jp

プロフィール

超域学術院の研究プロジェクト「ナノ構造制御による高機能化・新機能創製と革新的電子デバイスへの応用」に取り組んでいます。すなわち,ナノファブリケーションを基に革新的高機能電子デバイスの創製を目指しています。特に,①ナノ粒子,②グレーティング,③ナノファイバ,④ナノインプリントをキーワードにこれらを複合化したナノ構造薄膜と機能化の検証を行っています。電気電子工学・物理・化学・生命物理に関わる,電子デバイスや高感度ガス・バイオセンサ等への応用に向けて,特にナノサイズの加工や観測を可能にする近接場光や表面プラズモンを用いて研究を進めています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  工学部  電気・電子工学科

    大学,1982年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  理工学研究科  電気・電子工学専攻

    博士課程,1987年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,電子・電気材料工学,東京工業大学,課程,1987年03月

  • 工学修士,電子・電気材料工学,東京工業大学,課程,1984年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 電気電子工学科 電気エネルギーシステム,助教授,1991年04月 ~ 1996年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 エネルギー基礎科学専攻,助教授,1996年04月 ~ 2002年03月

  • 新潟大学 工学部 電気電子工学科 電子物性デバイス,教授,2002年04月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 情報理工学専攻 電子・エネルギー工学,教授,2004年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 工学部 電気電子工学科,教授,2010年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • シェフィールド大学(英国),客員教授,1999年04月 ~ 2000年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電気学会,1981年12月 ~ 継続中,日本国

  • 応用物理学会,1986年04月 ~ 継続中,日本国

  • 電子情報通信学会,1989年09月 ~ 継続中,日本国

  • レーザー学会,1991年09月 ~ 継続中,日本国

  • 米国電気電子学会(IEEE) ,2009年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学

  • 電子デバイス・電子機器

  • 応用物性

  • 応用物理学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Controlling Surface Plasmon Optical Transmission by Stretching a Silver-Coated Elastomeric Grating Substrate,Chutiparn Lertvachirapaiboon, Yuya Ito, Akira Baba, Kazunari Shinbo and Keizo Kato,Plasmonics,Vol.13,No.6, pp.2417-2421,2018年12月,英語

    DOI:10.1007/s11468-018-0768-5,研究論文(学術雑誌),共著

  • A Smartphone-based Surface Plasmon Resonance Platform,Chutiparn Lertvachirapaiboon, Akira Baba, Kazunari Shinbo and Keizo Kato,Analytical Methods,No.39, pp.4732-4740,2018年10月,英語

    DOI:10.1039/C8AY01561A,研究論文(学術雑誌),共著

  • Long-range Surface Plasmon Excitation and Photoisomerization of Azobenzene Dye,Hiroshi Nakajo, Chutiparn Lertvachirapaiboon, Yasuo Ohdaira, Akira Baba, Keizo Kato, Futao Kaneko and Kazunari Shinbo,Molecular Crystals and Liquid Crystals ,Vol.660,No.1, pp.156-162,2018年05月,英語

    DOI:10.1080/15421406.2018.1456146,研究論文(学術雑誌),共著

  • Surface Plasmon Resonance-enhanced Photoelectrochemical Sensor for Detection of an Organophosphate Pesticide Chlorpyrifos,Treenet Thepudom, Chutiparn Lertvachirapaiboon, Kazunari Shinbo, Keizo Kato, Futao Kaneko, Teerakiat Kerdcharoen and Akira Baba,MRS Communications,Vol.8,No.1, pp.107-112,2018年03月,英語

    DOI:10.1557/mrc.2017.131,研究論文(学術雑誌),共著

  • Development of Graphene Oxide/Poly(3,4- ethylenedioxythiophene)/Poly(styrene sulfonate) Thin Film-based Electrochemical Surface Plasmon Resonance Immunosensor for Detection of Human Immunoglobulin G,Chammari Pothipor, Chutiparn Lertvachirapaiboon, Kazunari Shinbo, Keizo Kato, Futao Kaneko, Kontad Ounnunkad and Akira Baba,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.57,No.2S2, pp.02CA07-1-02CA07-7,2018年01月,英語

    DOI:10.7567/JJAP.57.02CA07,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新機能・高性能有機デバイス応用のためのナノ材料・構造制御,加藤景三,家地洋之,新保一成,他24名,電気学会技術報告 第1337号,2015年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発,竹上嗣郎,清末芳生,根本靖久,馬場 暁,新保一成,加藤景三,他108名,技術情報協会,2014年04月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 電気学会125年史,相知政司,鈴木 浩,加藤景三,他多数,電気学会,2013年10月,日本語

    その他,分担執筆

  • プラズモンナノ材料開発の最前線と応用,山田 淳,溝口大剛,新留康郎,馬場 暁,新保一成,加藤景三,他39名,シーエムシー出版,2013年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 高効率太陽電池 化合物・集光型・量子ドット型・Si・有機系・その他新材料,山口真史,中田時夫,渡辺健太郎,馬場 暁,新保一成,加藤景三,他48名,エヌ・ティー・エス,2012年05月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 表面プラズモン励起を利用した有機太陽電池,馬場 暁,新保一成,加藤景三,金子双男,テクノタイムズ社,月刊ディスプレイ,Vol.18,No.7, pp.15-20,2012年07月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 有機薄膜および複合膜の評価技術とデバイス応用の最近の進展,加藤景三,新保一成,岡本徹志,青木裕介,家地洋之,電気学会論文誌A,Vol.130,No.2, pp.129-135,2010年02月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • シェフィールド大学(英国)滞在記,加藤景三,電気学会論文誌A,Vol.120,No.8/9, p.856,2000年08月,日本語

    その他記事,単著

  • 長残光性SrAl2O4蛍光体薄膜の作製と評価,加藤景三, 金子双男, 新保一成,光産業技術振興協会:光材料、研究者データベース, pp.65-66,1999年03月,日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),共著

  • 超伝導体を用いたパルス源の開発,加藤景三,学術月報,Vol.48,No.12, p.1365,1995年12月,日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,金属グレーティング上ナノ構造制御有機薄膜の表面プラズモン透過光と高感度センサ応用

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,ナノ構造制御有機薄膜の多重表面プラズモン複合励起と高効率デバイスへの応用

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,光導波路分光・水晶振動子複合法によるナノ構造物性その場評価とデバイス高機能化

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2013年03月,エレクトロスピニング法によるナノファイバーの作製と電子デバイスへの基礎研究

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,金属サンドイッチナノ構造制御有機薄膜の表面プラズモン励起とデバイス応用

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,論文輪講,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,電気電子工学実験III,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,卒業研修,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,リメディアル演習,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,電子材料物性特論,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学工学部教育賞,2001年03月,新潟大学工学部,加藤景三,鈴木孝昌,福井聡,新保一成,佐々木重信,村松正吾,清水英彦

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会,講演会企画・運営委員会 副委員長,2018年05月 ~ 継続中

  • 応用物理学会,北陸・信越支部 副支部長,2018年04月 ~ 継続中

  • 応用物理学会,理事,2018年03月 ~ 継続中

  • 電気学会,先進ナノ材料・構造制御と革新的有機デバイス開発・ライフサイエンス応用調査専門委員会 委員長,2017年07月 ~ 継続中

  • 電気学会,基礎・材料・共通部門役員会 研究調査担当,2017年06月 ~ 継続中

全件表示 >>