基本情報

写真a

澤村 明

SAWAMURA Akira


学系

人文社会・教育科学系

系列

地域社会実務系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-6387

研究室FAX

025-262-7665

ホームページ

http://www.eat.ne.jp/sawamura/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),経営学,新潟大学,論文,2008年09月

  • 修士(経済学),慶應義塾大学,課程,1998年03月

  • 工学修士,建築史・意匠,東京都立大学,課程,1986年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 経済学部 経済学科,准教授,2004年04月 ~ 2015年03月

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 共生社会研究専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 経済経営専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 経済学部 経済学科 経済分析,教授,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 株式会社建築文化振興研究所,研究員,1986年10月 ~ 1988年03月

  • 東京都庁,職員(技術系),1988年04月 ~ 1995年03月

  • 有限会社イーエイティー,取締役,1995年04月 ~ 2001年03月

  • 株式会社ハウスジーメン,代表取締役,2000年12月 ~ 2001年03月

  • 跡見学園女子大学マネジメント学部,非常勤講師,2009年04月 ~ 2010年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本NPO学会,1999年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本建築学会,2000年03月 ~ 継続中,日本国

  • 文化経済学会〈日本〉,2001年05月 ~ 継続中,日本国

  • 国際NPO/NGO学会,2003年12月 ~ 2005年12月,アメリカ合衆国

  • 日本財政学会,2006年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • NPO論

  • 文化経済学

  • まちづくり論

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

  • 技術士(建設)

  • 建築主事

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 世界遺産登録と観光動向(修正加筆稿) 日本の10事例から,澤村 明,新潟大学経済論集,No.100, pp.117-128,2016年03月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本の犬小屋はなぜ三角屋根なのか,澤村 明,新潟大学経済論集,Vol.99, pp.91-99,2015年09月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本における社会的起業家のさきがけ その財務的成果と社会的成果,澤村明,有元知史,新潟大学経済論集,No.96, pp.67-80,2014年03月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 集団移転から30年後のソーシャル・キャピタル(加筆稿)新潟県三面集落を事例に,澤村明,新潟大学経済論集,No.96, pp.133-148,2014年03月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • ‘World Heritage Registration and Tourism Trend - Analyzing 10 cases in Japan -,Akira Sawamura,新潟大学経済論集,No.95, pp.1-12,2013年09月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • はじめてのNPO論,澤村明,田中敬文,黒田かをり,西出優子,有斐閣,2017年04月,日本語

    教科書,共著,財政・公共経済,経営学,社会学

  • 文化経済学 軌跡と展望,文化経済学会〈日本〉編,ミネルヴァ書房,2016年06月,日本語

    単行本(学術書),第10章 文化遺産・遺跡,共著,経済政策,政治学,財政・公共経済

  • Entrepreneurship in Asia:Social Enterprise, Network and Grassroots Case Studies,Akira Sawamura, Satoshi Arimoto,World Scientific Publishing Co. Pte Ltd(Singapore),2014年11月,英語

    単行本(学術書),共著

  • アートは地域を変えたか−越後妻有大地の芸術祭の13年:2000-2012,澤村明,中東雅樹,長谷川雪子,鷲見英司,寺尾仁,慶應義塾大学出版会,2014年06月,日本語

    単行本(学術書),編著,財政・公共経済,地理学,美学・芸術諸学

  • 都市・地域・不動産の経済分析,隅田和人,直井道生,奥村保規,慶應義塾大学出版会,2014年03月,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日韓の条件不利地域政策,澤村明,日韓の条件不利地域政策 平成26年度新潟大学人文社会・教育科学系研究支援経費(学系基幹研究)報告書,2015年06月,日本語

    総説・解説(その他),はじめに、あとがき,共著,財政・公共経済,経済政策,地域研究

  • 「市民」という言葉はどのように使われてきたか −国会図書館雑誌記事索引の分析から−,澤村明,日本NPO学会,日本NPO学会ディスカッションペーパー,2013年03月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 自治体の職権による所有者不明土地の権利再編,澤村明,日本都市計画学会,都市計画,Vol.60,No.3, p.108,2011年06月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 地域・国際レポート 事業報告 文化経済学会<日本>秋の講演会 日本から世界へ--海外に広まる日本の食文化,江口潜,澤村明,文化経済学会〈日本〉,文化経済学,Vol.8,No.1, pp.113-115,2011年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 欠陥建築・近隣紛争とNPO((9)紛争と調停,NPOの広がり-56のNPO,第二部:記事,<特集>NPO Now),澤村明,日本建築学会,建築雑誌,No.1607, p.22,2010年08月,日本語

    総説・解説(その他),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2017年03月,国内オーケストラの芸術性とマネジメントの定量的評価の試み

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,中山間地域・離島における居住の継続を支える社会関係資本の実態把握調査

     本研究は、「限界集落」と呼ばれるような中山間地域、離島において住民が住み続けられるための環境条件としての社会関係資本のありかたを探る。平成20年度から行なってきた学際的研究チームによる調査研究を継続発展し、国土の7割を占める山間地や島しょの厳しい環境下での居住の継続のありかたを考える。中山間地域等における居住を継続させることは、住民の福利という面だけでなく、国土保全の面からも重要である。本研究結果は日本国内だけでなく、世界中の中山間地・離島にも応用可能である。また、都市部における独居老人など社会的弱者へのセ—フティ—ネット構築、あるいは集合住宅再建といった課題にもインプリケ—ションがえられる見込みである。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • トステム建材産業振興財団研究助成事業,トステム建材産業振興財団,2008年04月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会平成23年度大会,澤村明,国内会議,2011年08月,町家軒高の時代差・東西比較,口頭(一般)

  • 日本建築学会平成22年度大会,澤村明,山口邦雄,国内会議,2010年07月,人口減少下における市民まちづくり事業に関する研究(その2) : 市民まちづくり事業の実態と地域への波及(NPO活動とまちづくり支援,都市計画),口頭(一般)

  • 日本建築学会平成22年度大会,山口邦雄,澤村明,国内会議,2010年07月,人口減少下における市民まちづくり事業の研究(その1) : 市民まちづくり事業の事業分布とその役割(NPO活動とまちづくり支援,都市計画) ,口頭(一般)

  • 日本NPO学会平成21年度大会,山本啓,河井孝仁,澤村明,富野暉一郎,西出優子,国内会議,2010年03月,公共政策におけるNPOの役割:まちづくりにNPOはどのようにかかわるか,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本NPO学会平成20年度大会,田中敬文,澤村明,樽見弘紀,宮垣元,国内会議,2009年03月,シリーズNPOの理論(完):NPO理論の発展,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,新潟産業フィールドワーク,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,映画を通じた社会の諸相,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,演習ⅡA,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,卒業論文,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,NPO論特論,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本NPO学会,大会実行委員長,2005年04月 ~ 2006年06月

  • 文化経済学会〈日本〉,理事,2004年04月 ~ 2012年09月

  • 日本NPO学会,理事,2004年04月 ~ 2010年03月