基本情報

写真a

河島 克久

KAWASHIMA Katsuhisa


職名

教授

生年

1962年

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

融雪災害の予測や雪崩危険度の評価に関して企業や他研究機関との共同研究を行っています。また、本学や学会が主催する災害教育講座・研修会の講師や、雪国へ延伸される新幹線の雪害対策委員会等の委員を務めることによって、雪氷災害関係の産学連携や社会連携に努めています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学部  地球物理学科

    大学,1985年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学研究科  地球物理学専攻

    修士課程,1987年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),気象・海洋物理・陸水学,新潟大学,論文,1998年03月

  • 理学修士,気象・海洋物理・陸水学,北海道大学,課程,1987年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 積雪地域災害研究センター,助教授,2004年01月 ~ 2006年03月

  • 新潟大学 災害復興科学センター,准教授,2006年04月 ~ 2011年03月

  • 新潟大学 災害・復興科学研究所 環境変動科学部門 気水圏環境分野,准教授,2011年04月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻 災害環境科学,准教授,2011年04月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻 災害環境科学,准教授,2011年04月 ~ 2016年03月

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 財団法人鉄道総合技術研究所 防災技術研究部,主任研究員,1989年04月 ~ 2003年12月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人日本雪氷学会,1985年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際雪氷学会(International Society of Glaciology),1989年04月 ~ 継続中,グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 日本雪工学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水文科学会,2004年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本雪氷学会・日本雪工学会 中越地震雪氷災害調査検討委員会,2004年10月 ~ 2006年03月,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 気象・海洋物理・陸水学

  • 自然災害科学・防災学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 気象予報士

  • 測量士補

  • 普通自動車免許(一種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 全層雪崩の発生予測にブレークスルーをもたらす大型斜面ライシメータ観測,2014年04月 ~ 継続中

    自然災害科学・防災学,国内共同研究,科学研究費補助金

  • 関東甲信地方大雪災害調査,2014年02月 ~ 継続中

    自然災害科学・防災学,国内共同研究,科学研究費補助金

  • 積雪期地域防災情報プラットフォームの構築,2012年04月 ~ 継続中

    自然災害科学・防災学,国内共同研究,その他の研究制度

  • 地球温暖化による積雪地域の環境・災害変容,2011年04月 ~ 継続中

    自然災害科学・防災学,環境動態解析,機関内共同研究,その他の研究制度

  • 気温・日射量を指標とした融雪強度モデルの開発,2011年04月 ~ 継続中

    自然災害科学・防災学,国際共同研究,科学研究費補助金

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of regional difference in altitude dependence of snow depth using high resolve numerical experiments,Fumichika Uno, Hiroaki Kawase, Noriko N. Ishizaki, Takao Yoshikane, Masayuki Hara, Fujio Kimura, Tsutomu Iyobe, Katsuhisa Kawashima,SOLA,Vol.10, pp.19-22,2014年02月,英語

    DOI:doi:10.2151/sola.2014-005,研究論文(学術雑誌),共著,気象・海洋物理・陸水学

  • 季節積雪におけるプッシュゲージによる硬度と微細構造との関係について,荒川逸人,和泉薫,河島克久,石井吉之,雪氷,Vol.75,No.6, pp.449-460,2013年11月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,自然災害科学・防災学

  • Web上で公開される積雪深情報の実態と一元的集約による積雪深分布図の作成,伊豫部勉,河島克久,和泉薫,日本雪工学会誌,Vol.28,No.3, pp.211-220,2012年07月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,自然災害科学・防災学

  • 湿潤高密度積雪の引張破壊強度の密度・含水率依存性,栗原靖,河島克久,和泉薫,雪氷,Vol.74,No.1, pp.23-31,2012年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,自然災害科学・防災学

  • A snow-melting system using water sprinkling on the extended section of the Tohoku Shinkansen line and its performance confirmation tests,Noguchi, M., Kobayashi, H., Kikuchi, T., Kawashima, K., Iikura, S., Fujii, T. and Iyobe, T.,Journal of Snow Engineering of Japan,Vol.27, pp.204-213,2011年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,土木計画学・交通工学,自然災害科学・防災学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新版雪氷辞典,青木輝夫,秋田谷英次,秋山一弥,上田豊,河島克久,古今書院,2014年03月,日本語

    事典・辞書,共著,気象・海洋物理・陸水学,自然災害科学・防災学

  • 日本歴史災害事典,荒牧重雄,池谷浩,石川正純,石橋克彦,河島克久,吉川弘文館,2012年06月,日本語

    事典・辞書,593~597頁「三八豪雪」,646~650頁「五六豪雪」,736~737頁「平成18年豪雪」,分担執筆,自然災害科学・防災学

  • 地震災害への備えを考える-中越地震・中越沖地震で学んだこと-,伊藤忠雄,宮下純夫,五十嵐由利子,河島克久,新潟日報事業社,2009年10月,日本語

    単行本(学術書),共著,自然災害科学・防災学

  • 雪崩対策の基礎技術2007,遠藤八十一,和泉薫,山口悟,河島克久,町田誠,上石勲,中山建生,日本雪氷学会,2007年12月,日本語

    単行本(学術書),編著,自然災害科学・防災学

  • 山岳雪渓の崩壊現象の解明と雪渓崩落事故防止対策の提言,河島克久,財団法人日本積雪連合,2007年08月,日本語

    調査報告書,単著,自然災害科学・防災学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 平成18年豪雪,河島克久,減災,Vol.2, p.168,2007年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 雪泥流の発生メカニズムの解明に向けて,河島克久,横河電子機器株式会社,WEATHAC,Vol.10, pp.3-6,2006年12月,日本語

    総説・解説(その他),単著,自然災害科学・防災学

  • 鉄道における車両着雪現象およびバラスト飛散現象に関する研究開発,河島克久,着氷雪研究会講演録, pp.53-66,2006年11月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 荘田幹夫博士が塩沢に残した足跡,河島克久,日本雪工学会誌,Vol.22, pp.381-385,2006年10月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 雪形ウォッチングを楽しむための基礎知識(下),河島克久,新ハイキング,Vol.607, pp.106-109,2006年05月,日本語

    総説・解説(その他),単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,斜面給水量モニタリング装置,河島克久,伊豫部勉,太田麻子,島村誠,森島啓行,浅井隣一,佐藤幸男

    出願番号( 2013-59225,2013年03月22日 ) ,日本国,自然災害科学・防災学

  • 特許,移動体の着氷雪量の測定方法及びシステム,飯倉茂弘,河島克久,遠藤徹,藤井俊茂

    登録番号( 4393804,2009年10月23日 ) ,日本国,自然災害科学・防災学,計測工学

  • 特許,自然災害発生検出装置及び自然災害発生検出方法,河島克久,遠藤徹,飯倉茂弘,藤井俊茂

    登録番号( 3715493,2005年09月02日 ) ,日本国,自然災害科学・防災学

  • 特許,自然災害発生検知装置及び自然災害発生検知方法,河島克久,遠藤徹,飯倉茂弘,藤井俊茂

    登録番号( 3455430,2003年07月25日 ) ,日本国,自然災害科学・防災学

  • 特許,融雪強度推定用温度センサとこれを用いた融雪強度推定方法,河島克久,松元高峰,太田麻子,島村誠,廣瀬茂樹

    公開番号( 2012-7957,2012年01月12日 ) ,日本国,あり,自然災害科学・防災学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 電子解説書「霧の森 大佐渡山地のスギ原生林」,2010年04月 ~ 2011年03月

    その他

  • 雪渓崩落災害データベース(CD-R),2009年04月 ~ 2011年03月

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 寒地技術賞(産業部門),2011年11月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,(社)北海道開発技術センター,野口守,小林等,飯倉茂弘,河島克久,伊豫部勉,藤井俊茂,自然災害科学・防災学,土木計画学・交通工学

  • (社)日本雪氷学会論文賞,2009年10月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,(社)日本雪氷学会,荒川逸人,和泉薫,河島克久,河村俊行,自然災害科学・防災学

  • 寒地技術賞(計画部門),2001年11月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,(社)北海道開発技術センター,藤井俊茂,河島克久,遠藤徹,自然災害科学・防災学

  • 平田賞,1999年10月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,(社)日本雪氷学会,河島克久,気象・海洋物理・陸水学

  • (社)日本雪氷学会技術賞,1998年10月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,(社)日本雪氷学,財団法人鉄道総合技術研究所雪氷研究グループ,自然災害科学・防災学

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 継続中,山岳地における気温・日射量を指標とした融雪強度モデルの汎用化と雪崩防災への適用

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2008年03月,雪泥流の発生過程と始動メカニズムの解明

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 継続中,全層雪崩の発生予測にブレークスルーもたらす大型斜面ライシメータ観測

  • 特別研究促進費,2014年03月 ~ 継続中,2014年2月14-16日の関東甲信地方を中心とした広域雪氷災害に関する調査研究

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 継続中,近年頻発する局地的豪雪の実態解明と準リアルタイム解析システムの構築

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新潟県中越大震災復興基金 地域復興支援事業(地域貢献型中越復興研究支援),2012年04月 ~ 2014年03月,積雪期地域防災情報プラットフォームの構築-小千谷市における社会実装試験-

    地方自治体

  • 財団法人佐々木環境技術振興財団 試験研究費助成,2011年04月 ~ 2012年03月,大佐渡山地スギ原生林の熱収支特性に及ぼす霧の影響の解明

    民間財団等

  • 第15回北陸地域の活性化に関する研究助成事業,2010年04月 ~ 2011年03月,佐渡山地の霧の実態に迫る-金山・朱鷺に続く佐渡第3の観光資源を育む霧-

    民間財団等

  • 富山県元気な雪国づくり事業 調査研究・技術開発事業,2009年04月 ~ 2011年03月,雪渓崩落災害のデータベース化と雪渓崩壊の危険度評価に関する研究

    地方自治体

  • 財団法人佐々木環境技術振興財団 試験研究費助成,2009年04月 ~ 2010年03月,大佐渡山地の標高別気象特性と雲霧帯の実態解明

    民間財団等

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 寒冷地における散水消雪方式の適用性に関する評価(2),2010年04月 ~ 2011年03月,(財)鉄道総合技術研究所,一般受託研究

  • 斜面積雪のグライド量推定方法に関する研究,2010年04月 ~ 2011年03月,(財)鉄道総合技術研究所,一般受託研究

  • 寒冷地における散水消雪方式の適用性に関する評価,2009年04月 ~ 2010年03月,(財)鉄道総合技術研究所,一般受託研究

  • 山岳雪渓の崩壊現象の解明と雪渓崩壊事故防止対策の提案,2005年10月 ~ 2007年03月,(財)日本積雪連合,その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 地上積雪観測データとSARデータを用いた積雪分布推定に関する研究,2014年06月 ~ 継続中,JR東日本,国内共同研究

  • 融雪量推定手法の高度化に関する検討(2),2014年04月 ~ 継続中,(公財)鉄道総合技術研究所,国内共同研究

  • 融雪災害の危険度評価に向けた実用的モデル開発と降積雪変動解析,2013年11月 ~ 継続中,JR東日本,国内共同研究

  • 融雪量推定手法の高度化に関する検討,2013年04月 ~ 2014年03月,(公財)鉄道総合技術研究所,国内共同研究

  • 斜面対応型積雪底面流出量推定モデルの開発と雪崩防災への適用,2012年11月 ~ 2013年03月,JR東日本,国内共同研究

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 雪崩危険斜面抽出方法に関する研究,(財)鉄道総合技術研究所,2007年07月

  • 雪崩危険斜面抽出方法に関する研究,(財)鉄道総合技術研究所,2006年06月

  • 積雪の物理的性状変化の推定方法の研究,(財)鉄道総合技術研究所,2005年12月

  • 積雪の物理的性状変化の推定方法の研究,(財)鉄道総合技術研究所,2004年07月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第4回積雪モデルに関するワークショップ,河島克久,伊豫部勉,外狩麻子,国内会議,2013年03月,長岡市,斜面における融雪と積雪底面流出量,口頭(一般),自然災害科学・防災学

  • 8th Alexander von Humboldt International Conference, Natural Disasters, Global Change, and the Preservation of World Heritage Sites,32) Takane Matsumoto, Tsutomu Iyobe, Katsuhisa Kawashima, Asako Togari, Makoto Shimamura,国際会議,2012年11月,Cusco, Peru,Estimation of outflow from the bottom of a snowpack with a simple combined snowmelt-percolation model for prevention of snowmelt-induced hazards,ポスター(一般),自然災害科学・防災学

  • 8th Alexander von Humboldt International Conference, Natural Disasters, Global Change, and the Preservation of World Heritage Sites,Tsutomu Iyobe, Katsuhisa Kawashima, Kaoru Izumi,国際会議,2012年11月,Cusco, Peru,Features of snow accretion damages caused by heavy snowfalls to Japanese cedar plantations in December 2009 and 2010 in the Niigata area, central Japan,ポスター(一般),自然災害科学・防災学

  • 8th Alexander von Humboldt International Conference, Natural Disasters, Global Change, and the Preservation of World Heritage Sites,33) Katsuhisa Kawashima, Takane Matsumoto, Kaoru Izumi, Yasushi Kurihara,国際会議,2012年11月,Cusco, Peru,Large-scale collapse events of perennial snow patches in Japan related to torrential rainfall,ポスター(一般),自然災害科学・防災学

  • 公開シンポジウム「日本の多年性雪渓と氷河-これまでの研究と今後の展望-」,河島克久,国内会議,2012年06月,富山市,日本の多年性雪渓における氷体形成機構-温暖氷河との共通点・相違点-,口頭(一般),気象・海洋物理・陸水学

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地球温暖化が雪氷環境や雪氷災害に及ぼす影響の評価,未設定,未設定

  • 中山間地防災への気象・積雪情報システムの積極的活用方法に関する研究,未設定,未設定

  • 融雪量の簡易推定方法の高度化とその実用化,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,基礎雪氷学,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,雪氷防災学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,気象災害特論,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,雪氷災害特論Ⅱ,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,基礎雪氷学,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 雪試験評価委員会,委員,2014年07月 ~ 継続中

  • 日本雪工学会,理事,2014年06月 ~ 継続中

  • 公益社団法人日本地球惑星科学連合,環境・災害対応委員会委員,2014年06月 ~ 継続中

  • 公益社団法人日本雪氷学会,2014年度雪氷研究大会(八戸)実行委員会 委員,2014年04月 ~ 継続中

  • 公益社団法人日本雪氷学会,理事・事業委員長,2013年05月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • なだれ斜面管理指針に関する技術検討会・技術交流会、東日本旅客鉄道株式会社,2013年02月

  • Reviewer of Internal Research Funding Competition 2013, University Austral of Chile,2012年12月 ~ 2013年01月

  • 平成24年度建設技術研修会,柏崎商工会議所,2012年12月

  • 高大連携授業(横手城南高等学校),2012年08月

  • 新潟大学公開講座 みんなで学ぶ「さいがい科学」教室,2012年05月

全件表示 >>