基本情報

写真a

河内 裕

KAWACHI Hiroshi


学系

医歯学系

系列

基礎医学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/nim/welcomej.html

プロフィール

蛋白尿発症機序に関する研究において多くの成果を挙げてきた。また、私達が開発した腎炎やネフローゼ症候群の実験モデルは、国内外の多くの施設で利用され、病気の発症・進行機序の解明、新規薬剤の開発に用いられている。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,新潟大学,課程,1991年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部,助手,1995年09月 ~ 1996年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,准教授,2004年04月 ~ 2008年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究施設,教授,2008年04月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医学部 医学科,教授,2008年04月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究センター,教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓学会,1987年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓病学

  • 実験病理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 蛋白尿発症機序に関する研究,1087年04月 ~ 継続中

    糸球体腎炎の発症・進行機序に関する研究,腎臓内科学,実験病理学,個人研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • SV2B is essential for the integrity of the glomerular filtration barrier.,Fukusumi Yoshiyasu, Wakamatsu Ayako, Takashima Natsumi, Hasegawa Eriko, Miyauchi Naoko, Tomita Masayuki, Kawachi Hiroshi,Lab Invest,2015年03月,英語

    DOI:10.1038/labinvest.2015.39,研究論文(学術雑誌),共著

  • Angiotensin II type 1 receptor blockade ameliorates proteinuria in puromycin aminonucleoside nephropathy by inhibiting the reduction of NEPH1 and nephrin.,Takahashi Aya, Fukusumi Yoshiyasu, Yamazaki Mihoko, Kayaba Mutsumi, Kitazawa Yukina, Tomita Masayuki, Kawachi Hiroshi,J Nephrol,2014年10月,英語

    DOI:10.1007/s40620-014-0147-z,研究論文(学術雑誌),共著

  • Therapeutic target for nephrotic syndrome: Identification of novel slit diaphragm associated molecules.,Fukusumi Yoshiyasu, Miyauchi Naoko, Hashimoto Taeko, Saito Akira, Kawachi Hiroshi,World J Nephrol,Vol.3,No.3, pp.77-84,2014年08月,英語

    DOI:10.5527/wjn.v3.i3.77,研究論文(学術雑誌),共著

  • Twisted gastrulation, a BMP antagonist, exacerbates podocyte injury.,Yamada Sachiko, Nakamura Jin, Asada Misako, Takase Masayuki, Matsusaka Taiji, Iguchi Taku, Yamada Ryo, Tanaka Mari, Higashi Atsuko Y, Okuda Tomohiko, Asada Nariaki, Fukatsu Atsushi, Kawachi Hiroshi, Graf Daniel, Muso Eri, Kita Toru, Kimura Takeshi, Pastan Ira, Economides Aris N, Yanagita Motoko,PLoS One,Vol.9,No.2, p.e89135,2014年,英語

    DOI:10.1371/journal.pone.0089135, ,研究論文(学術雑誌),共著

  • Curcumin alleviates oxidative stress, inflammation, and renal fibrosis in remnant kidney through the Nrf2-keap1 pathway.,Soetikno Vivian, Sari Flori R, Lakshmanan Arun P, Arumugam Somasundaram, Harima Meilei, Suzuki Kenji, Kawachi Hiroshi, Watanabe Kenichi,Mol Nutr Food Res,Vol.57,No.9, pp.1649-1659,2013年09月,英語

    DOI:10.1002/mnfr.201200540,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 分子腎臓病学,河内 裕,宮内 直子,韓 基東,日本臨床社,2006年12月,日本語

    その他,1 ,共著

  • ネフローゼ症候群のすべて,河内 裕,鈴木浩一,東京医学社,2005年12月,日本語

    その他,1 ,共著

  • 先端医療シリーズ34「小児科の新しい流れ」,河内 裕,先端医療技術研究所,2005年12月,日本語

    その他,1 ,共著

  • Cutting-edge Researches on the Prevention of Progressive Glomerular Sclerosis,Kawachi H, Han GD,Koko-Do Co. Ltd,2004年12月,英語

    その他,1 ,共著

  • 腎臓ナビゲーター,河内 裕,メディカルレビュー社,2004年12月,日本語

    その他,1 ,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2008年03月,蛋白尿発症の分子機構の解析ー蛋白尿抑制治療法の開発ー

  • 基盤研究(B),2002年04月 ~ 2005年03月,腎糸球体上皮細胞障害によりもたらされる蛋白尿発症機序の解明

  • 基盤研究(B),2001年04月 ~ 2004年03月,蛋白尿発症原因分子ネフリンを指標とした診断法の確立

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • リポソームの腎炎治療効果に関する研究,2001年07月 ~ 2002年03月,テルモ株式会社研究開発センター,その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 蛋白尿治療法確立、薬剤開発のための研究,未設定,未設定

  • 腎炎発症機序の解析、薬剤開発、診断法確立,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,ネフロサイエンス,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2015年度,ネフロサイエンス,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2014年度,医科学研究特論,2014年04月 ~ 2015年02月,専任

  • 2007年度,生体防御と感染(免疫学),2004年04月 ~ 継続中,兼任