基本情報

写真a

外山 聡

TOYAMA Akira


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学),東北大学,課程,1999年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,准教授,2005年06月 ~ 2015年06月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,准教授,2005年06月 ~ 2015年06月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,准教授,2005年06月 ~ 2015年06月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 薬剤部,教授,2015年07月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,教授,2015年07月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 妊娠時の服薬カウンセリングに関するデータベースの構築がもたらす効果,増田寛樹, 丸山精一, 小林義和, 笹原一久, 外山 聡, 佐藤 博, 菊池 朗, 高桑好一, 田中憲一,医療薬学,Vol.33,No.1, pp.70-77,2007年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Raman studies of copper binding to the prion protein: physiological and pathological relevance,Takashi Miura, Satoshi Sasaki, Akira Toyama, Yasufumi Yamaguchi, Hideo Takeuchi,Proceedings of the 20th International Conference on Raman Spectroscopy, p.117,2006年08月,英語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Copper reduction by prion protein and its implication in cellular copper uptake,Takashi Miura, Satoshi Sasaki, Akira Toyama, Hideo Takeuchi,Proceedings of the 8th International Conference on Membrane Redox Systems, pp.50-51,2006年04月,英語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Bead-like passage of chloride ions through ClC chloride channels,Atsushi Suenaga, Jay Z. Yeh, Makoto Taiji, Akira Toyama, Hideo Takeuchi, Mingyu Son, Kazuyoshi Takayama, Masatoshi Iwamoto, Ikuro Sato, Toshio Narahashi, Akihiko Konagaya, Kunihiko Goto,Biophys. Chem.,Vol.120,No.1, pp.36-43,2006年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • ミコフェノール酸併用時におけるカルシニューリンインヒビター免疫抑制効果の評価方法開発の試み,杉山健太郎, 堀かほり, 荒川圭子, 外山 聡, 佐藤 博, 齋藤和英, 中川由紀, 熊谷直樹, 高橋公太, 齋藤徳子, 平野俊彦,移植,Vol.40,No.6, pp.533-538,2005年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 標準薬剤学(改訂第2版),佐藤 博,小野田学時,塚口真穂登,外山 聡,南江堂,2007年05月,日本語

    その他,「医薬品情報」, pp 547-554,共著

  • 標準薬剤学(改訂第2版),佐藤 博,小野田学時,荒川圭子,外山 聡,南江堂,2007年05月,日本語

    その他,共著

  • 標準薬剤学(改訂第2版),佐藤 博,小野田学時,荒川圭子,外山 聡,南江堂,2007年05月,日本語

    その他,「高次医療および在宅医療と薬剤学・薬剤師」, pp 586-591,共著

  • 標準薬剤学(改訂第2版),佐藤 博,萩原美枝子,伊藤晶子,山下恒弘,外山 聡,南江堂,2007年05月,日本語

    その他,「服薬指導と患者情報」, pp 555-562,共著

  • 薬剤師の臨床業務に役立つ情報活用法[改訂版],小野田学時,外山 聡,佐藤 博,エルセビア・ジャパン,2006年01月,日本語

    その他,「他職種との連携クリニカルパスの作成・評価・改訂」,pp 152-158,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 経口血糖降下薬の使用により導入が遅れた患者へのインスリン療法導入,朝倉俊成,清野弘明,外山 聡,佐藤 博,じほう,月刊薬事,Vol.49,No.5, pp.733-739,2007年05月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 薬物療法とその有害事象に関する最近の話題(2),杉山健太郎,伊藤晶子,坂井由紀,広田裕子,江田岳誉,中澤香子,外山 聡,佐藤 博,日本病院薬剤師会,日本病院薬剤師会雑誌,Vol.43,No.4, pp.561-563,2007年04月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • ジェネリック医薬品と大学病院の立場,外山 聡, 佐藤 博,南山堂,治療,Vol.89,No.3, pp.557-560,2007年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 血液疾患治療薬,相場成花,坂爪重明,塚口真穂登,外山 聡,佐藤 博,南山堂,薬局,Vol.58,No.3, pp.1687-1713,2007年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 抗A型インフルエンザ薬としてのアマンタジン塩酸塩,外山 聡,佐藤 博,竹内英夫,医薬ジャーナル社,医薬ジャーナル,Vol.43,No.2, pp.589-594,2007年02月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>