基本情報

写真a

丸山 弘樹

MARUYAMA Hiroki


職名

特任教授

生年

1957年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2194

研究室FAX

025-227-0775

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,新潟大学,課程,1991年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,特任教授,2007年01月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 生体腎移植後に被嚢性腹膜硬化症(EPS)による腸閉塞を発症したが外科的治療で改善した1例,大森健太郎,小川 麻,近藤 大介,丸山 弘樹,西 慎一,成田 一衛,下条 文武,中川 由紀,斎藤 和英,高橋 公太,野村 達也,畠山 勝義,腎と透析 別冊, pp.75-79,2007年12月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Ab-2M-amyloidosis and related bone diseases.,Kazama JJ, Yamamoto S, Takahashi N, Ito Y, Maruyama H, Narita I, Gejyo F,Journal of bone and mineral metabolism,Vol.24, pp.182-184,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Aβ-2M-amyloidosis and related bone diseases.,Kazama JJ, Yamamoto S, Takahashi N, Ito Y, Maruyama H, Narita I, Gejyo F,Journal of Bone and Mineral Metabolism,Vol.24, p.182,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Circulating osteoprotegerin affects bone metabolism in dialysis patients with mild secondary hyperpparathyroidism.,Kazama JJ, Omori K, Yamamoto S, Ito Y, Maruyama H, Narita I, Gejyo F, Iwasaki Y, Fukagawa M,Therapeutic Apheresis and Dialysis,Vol.10, pp.262-266,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of viral interleukin 10 introduced by in vivo electroporation on arthrogen-induced arthritis in mice.,Kuroda T, Maruyama H, Shimotori M, Higuchi N, Kameda S, Tahara H, Miyazaki J, Gejyo F,The Journal of Rheumatology,Vol.33, p.455,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • らくらく入門ナースのための透析合併症50,安宅 謙,丸山 弘樹,メディカ出版・大阪,2007年12月,日本語

    その他,228-232,共著

  • らくらく入門ナースのための透析合併症50,山本 卓,丸山 弘樹,メディカ出版・大阪,2007年12月,日本語

    その他,224-227,共著

  • らくらく入門ナースのための透析合併症50,杉山 晴子,丸山 弘樹,メディカ出版・大阪,2007年12月,日本語

    その他,218-223,共著

  • エリスロポエチンのすべて,丸山 弘樹,下条 文武,メディカルレビュー,2005年12月,日本語

    その他,245-267,共著

  • EBM腎臓病の治療,高橋 直生,丸山 弘樹,下条 文武,中外医学社,2003年12月,日本語

    その他,435-442,共著

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • TGF-beta1誘導の腎線維化モデルの確立,2003年04月 ~ 2004年03月,大正製薬(株)医療研究所,その他

  • TGF-betal誘導の腎線維化モデルの確立,2002年04月 ~ 2003年03月,大正製薬(株)医薬研究所,その他

  • CHDF/PMX臨床研究,2001年04月 ~ 2002年03月,東レ・メディカル(株),その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 腎虚血再灌流モデルに対するエリスロポエチン遺伝子治療,2003年08月 ~ 2004年03月,中外製薬株式会社,その他

  • カテーテルを用いたイヌ腎臓への遺伝子導入研究,2002年10月 ~ 2007年03月,テルモ株式会社研究開発センター,その他

  • 経静脈的アプローチによる腎臓へのプラスミドDNAの導入,2002年04月 ~ 2003年03月,中外製薬株式会社,その他

  • EPO遺伝子治療に関する研究,2001年04月 ~ 2002年03月,中外製薬株式会社,その他

  • In vivo electroporetionによる皮膚及び腎臓への遺伝子導入,2001年04月 ~ 2002年02月,大正製薬株式会社,その他