基本情報

写真a

丸山 智

MARUYAMA Satoshi


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士「歯学」,形態系基礎歯科学,新潟大学,課程,2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,研究員,2004年05月 ~ 2005年04月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻,助教,2005年05月 ~ 2009年01月

  • 新潟大学 ■廃止組織■ 口腔外科,講師,2009年02月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻,講師,2009年02月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High relative frequency of oral squamous cell carcinoma in Yemen: qat and tobacco chewing as its aetiological background,Sawair FA, Al-Mutwakel A, Al-Eryani K, Al-Surhy A, Maruyama S, cheng J, Al-Sharabi A, Saku T.,Int J Environ Health Res,Vol.17,No.3, pp.185-195,2007年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Lymphatic involvement in the histopathogenesis of mucous retention cyst.,Kundu S, Cheng J, Maruyama S, Suzuki M, Kawashima H, Saku T.,Pathol Res,Vol.203,No.2, pp.89-97,2007年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Extracellular matrix remodeling in oral submucous fibrosis: its stage-specific modes revealed by immunohistochemistry and in situ hybridization.,Utsunomiya H, Tilakaratne WM, Oshiro K, Maruyama S, Suzuki M, Ida-Yonemochi H, Cheng J, Saku T.,J Oral Pathol Med.,Vol.34,No.8, pp.498-507,2005年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Establishment and characterization of new cell lines derived from melanotic neuroectodermal tumor of infancy of the mandible.,Metwaly H, Cheng J, Maruyama S, Ohshiro H, Saku T,Pathology international,Vol.55,No.6, pp.331-342,2005年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Vascular endothelial growth factor in salivary pleomorphic adenomas: one of the reasons for their poorly vascularized stroma.,Swelam W, ida-Yonemochi H, Maruyama S, Ohshiro K, Cheng J, Saku T,Virchows Arch,Vol.446,No.6, pp.653-662,2005年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2006年04月 ~ 2008年03月,唾液腺多形性腺腫の乏血性環境における増殖機構

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,病理学総論,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,う蝕学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,臨床予備実習,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,口腔病理学,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2015年度,病理学総論,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

全件表示 >>