基本情報

写真a

岩崎 俊介

IWASAKI Toshisuke


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-7533

研究室FAX

025-262-7533

ホームページ

http://researchmap.jp/toshisuke

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,植物分子・生理科学,大阪大学,課程,1991年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部,助手,1996年06月 ~ 1997年12月

  • 新潟大学,助教授,1998年01月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 理学部 生物学科,准教授,2004年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2004年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物学会,1985年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物生理学会,1990年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,1992年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本光合成学会,1996年06月 ~ 継続中,日本国

  • 米国植物生物学会(American Society of Plant Biologists),1998年01月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物分子・生理科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物細胞におけるタンパク質の核−細胞質間輸送,1994年10月 ~ 継続中

    インポーティンα、インポーティンβ、エキスポーティン、核局在化シグナル、核外輸送シグナル,植物分子・生理科学,細胞生物学,国内共同研究,その他の研究制度

  • RNAポリメラーゼⅡ付随複合体(Paf1C)の植物における機能,1997年04月 ~ 継続中

    Paf1複合体、CTR9,植物分子・生理科学,個人研究,科学研究費補助金

  • 重力および光によるイネ葉身傾斜誘導機構,1997年04月 ~ 継続中

    イネラミナジョイント、重力傾性、光傾性、青色光、クリプトクロム,植物分子・生理科学,個人研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • Arabidopsis VIP6/ELF8, the homolog of CTR9 component of the transcriptional complex PAF1, is essential for plant development(共著),Takeshi Shiraya, Shusei Sato, Tomohiko Kato, Satoshi Tabata, Toshisuke Iwasaki,Plant Biotechnology,Vol.25,No.5, pp.447-455,2008年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),研究計画と論文執筆,共著,植物分子・生理科学

  • Functional analysis and intracellular localization of rice cryptochromes.,Matsumoto, N., Hirano, T., Iwasaki, T., Yamamoto, N.,Plant Physiology,Vol.133,No.4, pp.1494-1503,2003年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Molecular cloning of a novel importin alpha homologue from rice, by which Constitutive Photomorphogenic 1 (COP1) nuclear localization signal (NLS)-protein is preferentially nuclear imported,Jiang, C.J., Shoji, K., Mastuki, R., Baba, A., Inagaki, N., Ban, H., Iwasaki, T., Imamoto, N., Yoneda, Y., Deng, X.W. and Yamamoto, N.,J. Biol. Chem.,Vol.276,No.12, pp.9322-9329,2001年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Purification, characterization and cDNA cloning of soluble carbonic anhydrase from Chlorella sorokiniana grown under ordinary air.,A. Satoh, T. Iwasaki, S. Odani, Y. Shiraiwa,Planta,Vol.206,No.4, pp.657-665,1998年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Evolutionary origin of two genes for chloroplast small heat shock protein of tobacco.,B.-H. Lee, Y. Tanaka, T. Iwasaki, N. Yamamoto, T. Kayano, M. Miyao,Plant Mol. Biol.,Vol.37,No.6, pp.1035-1043,1998年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 理系のための基礎生物学,菊山宗弘,酒泉満,化学同人,2010年04月,日本語

    教科書,第4章 代謝、および第5章5.1 細胞間相互作用,編著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2001年04月 ~ 2004年03月,イネインポティンα結合タンパク質の機能解析

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 5th International Symposium of Rice Functional Genomics,Takeshi Shiraya, Aya Kitajima, Maho Tozawa, Changhong Guo, Hiroshi Ban, Naoki Yamamoto, Toshiaki Mitsui, Toshisuke Iwasaki,国際会議,2007年10月,Tsukuba, Japan,Light-responsive changes in intracellular localization of rice homolog of CTR9, a component of yeast PAF1 complex,ポスター(一般),植物分子・生理科学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,専門力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,科学・技術と社会,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,生物学基礎A,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,細胞・遺伝学実習,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,植物生理学演習,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>