基本情報

写真a

吉田 智佳子

YOSHIDA Chikako


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0250-58-5737

研究室FAX

0250-58-7046

プロフィール

民間の酪農家より乳汁サンプルを提供頂き、卵巣機能(発情周期)のモニタリング等を行ってきました。それにより効果的な繁殖管理が可能となります。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  国際協力研究科  開発科学

    博士課程,2006年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士「農学」,動物生産科学,広島大学,課程,2006年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 農学部 フィールド科学教育研究センター,助教,2006年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,助教,2006年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,助教,2006年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 北信越畜産学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生産科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 家畜人工授精師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Congenital absence of a teat in a Japanese Black heifer,M. E. Ghanem, T. Nakao, C. Yoshida,Case Reports in Veterinary Medicine,Vol.2011,No.897065, p.3,2011年12月,英語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Days in milk at first AI in dairy cows; its effect on subsequent reproductive performance and some factors influencing it,Yusuf, M., Nakao, T., Yoshida, C., Long, S.T., Gautam, G., Ranasinghe, R.M.S.B.K., Koike, K., Hayashi,,Journal of Reproduction and Development,Vol.57,No.5, pp.643-649,2011年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Adrenocortical Response in Cows after Intramuscular Injection of Long-Acting ,N.C. Thinh C. Yoshida, S.T. Long, M. Yusuf, T. Nakao,Reproduction in Domestic Animals,Vol.46,No.2, pp.296-300,2011年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Comparison in Effect of Heatsynch with Heat Detection Aids and CIDR-Heatsynch in Dairy Heifers,M. Yusuf, T. Nakao, C. Yoshida, S.T. Long, S. Fujita, Y. Inayoshi, T. Furuya,Reproduction in Domestic Animals,Vol.45,No.3, pp.500-504,2010年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Reproductive performance of repeat breeders in dairy herds,M. Yusuf, T. Nakao, R.M.S.B.K.Ranasinghe, G. Gautam, S.T. Long, C. Yoshida, K. Koike, A.Hayashi,Theriogenology,Vol.73,No.9, pp.1220-1229,2010年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 乳牛の繁殖管理プログラム繁殖成績向上の理論と実際,中尾敏彦,青柳敬人,安部明徳,安藤達哉,石井三都夫,吉田智佳子 他17名,デーリィマン社,2003年10月,日本語

    その他,III章 人工授精による繁殖成績低下の原因 1発情発見上の問題,3240 頁,IV章 人工授精による繁殖成績向上のための繁殖管理プログラム 2発情発見率を上げるための繁殖管理,正しい発情発見,発情発見補助器具の応用,6169頁,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 乳牛における発情徴候の短縮化と発情徴候を抑制しうる内分泌的機序,吉田智佳子,中尾敏彦,新潟大学農学部研究報告,第59巻,1号, pp.1-9,2006年08月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • フリーストール牛群における乳牛の発情徴候の特徴と発情発見のポイント,吉田智佳子,中尾敏彦,デーリィ・ジャパン,第48巻, 第19号, pp.22-26,2003年11月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),全て,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,乳牛の分娩後生殖機能回復モニタリングに基づく繁殖効率向上プログラムの開発

    乳牛の分娩後2~3か月以内の人工授精による受胎率の低下の主な原因は、卵胞内卵子の受精・発育能の低下にあると考えられる。したがって、このような場合は、人工授精ではなく、むしろ、正常な胚を子宮内に移植することによって、受胎率の低下を防ぐことができるものと考えられる。そこで、生殖機能回復のモニタリングを行い、生殖機能の回復状況に基づいて、和牛胚の移植を行うことが、乳牛の分娩後における受胎率向上に有効かどうかを明らかにするために試験を行った。さらに、分娩後生殖機能回復モニタリングと、特に乾乳期から分娩後泌乳最盛期にかけての栄養状態のモニタリングを組み合わせた繁殖成績向上プログラム開発のための検討も行った。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,基礎農林学実習B,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎農林学実習B,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,動物生産学演習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎農林学実習A,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,動物生産学実験実習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>