基本情報

写真a

吉澤 弘久

YOSHIZAWA Hirohisa


職名

特任教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2517

研究室FAX

025-227-2517

プロフィール

県内30の基幹病院と連携、新潟肺癌治療研究会を結成し、主催。参加病院では県内の肺癌患者をほぼ全域で網羅し年間500名以上の治療を実施、その内約100名が臨床試験に登録されている。新薬の開発治験においても連携を行い、H18年度は60名の患者様に参加して頂いている。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,免疫学,新潟大学,課程,1991年01月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,准教授,2005年04月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,准教授,2005年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,准教授,2005年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合病院 生命科学医療センター,特任教授,2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 米国ミシガン大学医学部 ,研究員,1988年10月 ~ 1991年05月

  • 新潟家庭裁判所,技官,1994年07月 ~ 1996年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ内科専門医会(American College of Physicians),2004年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • アメリカ臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology),2001年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • アメリカ癌学会(American Association for Cancer Research),1991年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • ヨーロッパ臨床腫瘍学会(European Society of Medical Oncology),2002年04月 ~ 継続中,スイス連邦

  • 世界肺癌学会(International Association for The Study of Lung Cancer),2003年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内科学会認定 内科認定医

  • 日本内科学会認定 内科専門医

  • 臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

  • 日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficacy and safety of single-dose fosaprepitant in the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving high-dose cisplatin:a multicentre,randomised,double-blind,placebo-controlled phase 3 trial,H.Saito,H.yoshizawa,K.Yoshimori,N.Katakami,N.Katsumata,M.Kawahara&K.Eguchi,Annals of Oncology,2012年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Depletion of radio-resistant regulatory T cells enhances antitumor immunity during recovery from lymphopenia,Baba J, Watanabe S, Saida Y, Tanaka T, Miyabayashi T, Koshio J, Ichikawa K, Nozaki K, Koya T, Deguchi K, Tan C, Miura S, Tanaka H, Tanaka J, Kagamu H, Yoshizawa H, Nakata K, Narita I.,BLOOD,Vol.120,No.12, pp.2417-2427,2012年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Updated overall survival results from a randomized phase 3 trial comparing gefitinib with carboplatin-paclitaxel for chemo-naive non-small cell lung cancer with sensitive EGFR gene mutations(NEJ002),A.Inoue,K.Kobayashi,M.Maemondo,S.Sugawara,S.Oizumi,H.Isobe,A.Gemma,M.Harada,H.Yoshizawa,I.Kinoshita,Y.Fujita,S.Okinaga,H.Hirano,K.Yoshimori,T.Harada,Y.Saijo,K.Hagiwara,S.Morita&T.nukiwa for the North-East Japan Study,Annals of Oncology,Vol.24, pp.54-59,2012年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Epitope diversification driven by non-tumor epitope-specific Th1 and Th17 mediates potent antitumor reactivity.,Ichikawa K, Kagamu H, Koyama K, Miyabayashi T, Koshio J, Miura S, Watanabe S, Yoshizawa H, Narita I.,Vaccine,Vol.30, pp.6190-6197,2012年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A phase III open-label study to assess safety and efficacy of palonosetron for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) in repeated cycles of emetogenic chemotherapy.,Aogi K, Sakai H, Yoshizawa H, Masuda N, Katakami N, Yanagita Y, Inoue K, Kuranami M, Mizutani M, Masuda N.,Support Care Cancer,Vol.20, pp.1507-1514,2012年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Generation of sensitized T lymphocytes for adoptive immunotherapy. ,Chang, AE, H. Yoshizawa, K. Sakai, and S Shu. ,Cellular Immunity and the Immunotherapy of Cancer. Wiley-Liss,1990年04月,英語

    単行本(学術書),共著

  • In vitro activation of T cells from tumor-draining lymph nodes for adoptive immunotherapy.,Shu, S., H. Yoshizawa, K. Sakai, and AE Chang. ,Cellular Immunity and the Immunotherapy of Cancer. Wiley-Liss,1990年04月,英語

    単行本(学術書),共著

  • 肺癌治療薬,吉澤弘久,医薬ジャーナル社,2011年12月,日本語

    その他,P180(382)~184(386),共著

  • 肺癌診療Q&A一つ上を行く診療の実践,吉澤弘久,中外医学社,2011年06月,日本語

    教科書,P.224~P.227、「5.高齢者小細胞肺癌の薬剤選択を教えてください」,共著

  • 呼吸器研修ノート,田中洋史,吉澤弘久,診断と治療社,2011年04月,日本語

    教科書,P.496~P.525,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 咳嗽が強い症例,藤森勝也、吉澤弘久他,喘息,メディカルレビュー社,Vol.18, pp.23-27,2005年04月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 咳と感染症,藤森勝也、吉澤弘久、鈴木栄一他,医薬ジャーナル社,アレルギー・免疫,Vol.11, pp.49-58,2004年04月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 咳喘息と典型的喘息における自覚症状としての咳嗽,藤森勝也、吉澤弘久、鈴木栄一他,社団法人日本アレルギー学会,アレルギー,Vol.53, p.986,2004年04月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 咳喘息の鑑別診断,藤森勝也、吉澤弘久他,北隆館,アレルギーの臨床,Vol.24, pp.31-36,2004年04月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 咳喘息(CVA)における自覚症状としての咳嗽とカプサイシン,藤森勝也、吉澤弘久、鈴木栄一他,社団法人日本アレルギー学会,アレルギー,Vol.52, p.364,2003年04月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 塚田医学賞,1995年06月,日本国,その他の賞,新潟大学,吉澤弘久

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2004年04月 ~ 2007年03月,肺癌の根絶可能な同種移植片拒絶反応を応用した新規治療法の開発

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 造血幹細胞移植による保存法に関する研究,2004年05月 ~ 2005年03月,中外製薬(株),その他

  • 造血幹細胞移植による骨髄再構築ネットワークに関する基礎研究,2002年04月 ~ 2004年03月,中外製薬(株),その他

  • 小細胞肺癌における腫瘍細胞・樹状細胞電気融合による免疫細胞療法に関する研究,2001年04月 ~ 2002年03月,中外製薬(株),その他

  • 末梢血管細胞の非凍結保存法に関する基礎研究,2001年04月 ~ 2002年03月,中外製薬(株),その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肺癌の診断・治療,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • 新潟肺癌治療研究会のネットワークを用いた開発治験,未設定,未設定

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,評議員,2004年04月 ~ 継続中

  • アメリカ内科専門医会(American College of Physicians),日本支部編集委員(Publication Committee, American College of Physicians Japan Chapter),2008年04月 ~ 継続中

  • 日本内科学会,認定専門医制度審議会専門委員,2004年04月 ~ 継続中

  • 日本内科学会,研修カリキュラム委員,2009年04月 ~ 継続中

  • 日本内科学会,生涯教育委員会委員 ,2007年04月 ~ 継続中

全件表示 >>