基本情報

写真a

宮崎 秀夫

MIYAZAKI Hideo


学系

医歯学系

系列

口腔生命科学系列

職名

教授

ホームページ

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/prevent/prevent.html

プロフィール

講座のホームページhttp://www.dent.niigata-u.ac.jp/prevent/prevent.htmlの研究内容、研究業績を参照して下さい。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 九州歯科大学  歯学部  歯学科

    大学,1978年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州歯科大学  歯学研究科  口腔衛生学

    博士課程,1982年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士,社会系歯学,九州歯科大学,課程,1982年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,教授,1995年12月 ~ 2001年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学,教授,2001年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,教授,2001年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州歯科大学歯学部,助手,1982年04月 ~ 1984年11月

  • 世界保健機関,コンサルタント,1989年10月 ~ 1990年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔衛生学会 ,1978年04月 ~ 継続中,日本国

  • IADR,1988年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本老年歯科医学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • ISBOR,1993年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本歯周病学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会系歯学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 口腔と全身の健康状態の関係,1998年04月 ~ 継続中

    口腔健康,全身疾患(体力),栄養 ,社会系歯学,国際共同研究,厚生労働科学研究費補助金

    口腔の健康が全身に与える影響,栄養摂取や全身の健康状態が口腔疾患に与える影響,あるいは共通するリスクファクターによる口腔と全身の健康状態の変化などを疫学的に追求する。

  • 口臭の診断・治療に関する臨床研究,1993年04月 ~ 継続中

    口臭,揮発性硫黄化合物,口腔嫌気性菌,歯周治療系歯学,国内共同研究,科学研究費補助金

    口臭の診断・治療に関する臨床研究

  • 口腔健康状態に関する国際疫学研究,1978年04月 ~ 継続中

    歯蝕,歯周疾患,口腔粘膜疾患,社会系歯学,国際共同研究,科学研究費補助金

    口腔健康状態に関する国際疫学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Serum antibody to Porphyromonas gingivalis in metabolic syndrome among an older Japanese population,M. Iwasaki, A. Yoshihara, N. Kaneko, M. Sato, K. Sakairi and H. Miyazaki,Grodontology,2014年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • Comparison of periodontal conditions between three elderly populations in Japan and Germany,T. Hirotomi, T. Kocher, A. Yoshihara, R. Biffar, W. Micheelis, H. Miyazaki and B. Holtfreter,J. Clin. Periodontol.,Vol.41, pp.633-642,2014年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • GER-12-OA-0930.R4 PPARγ gene polymorphism, C-reactive protein level, BMI and periodontitis in postmenopausal Japanese women,Y. Wang, N. Sugita, A. Yoshihara, M. Iwasaki, H. Miyazaki, K. Nakamura and H. Yoshie,Grodontology,2014年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • Oral health status: relationship to nutrient and food intake among 80-year-old Japanese adults,M. Iwasaki, G. W. Taylor, A. Yoshihara, K. Muramatsu, R. Watanabe and H. Miyazaki,Community Dent. Oral Epidemiol.,2014年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • Relationship between metabolic syndrome and periodontitis in 80-year-old Japanese subjects,K. Minagawa, M. Iwasaki, H. Ogawa, A. Yoshihara and H. Miyazaki,J. Periodont. Res.,2014年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,社会系歯学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • C. 6. 歯周病と腎機能,Annual review 腎臓2014,岩崎正則,葭原明弘,宮崎秀夫,中外医学社,2014年04月,日本語

    単行本(学術書),共著,社会系歯学

  • 歯周病予防のストラテジー,吉江弘正,葭原明弘,宮崎秀夫,医歯薬出版,2009年12月,日本語

    単行本(学術書),第III編歯周病予防のためのQ&A,共著,社会系歯学

  • 健康寿命を延ばす歯科保健医療,葭原明弘,宮崎秀夫,医歯薬出版,2009年11月,日本語

    単行本(学術書),歯の数・口腔機能と健康,共著,社会系歯学

  • 新口腔保健学,宮崎秀夫,医歯薬出版,2009年10月,日本語

    教科書,口臭,共著,社会系歯学

  • う蝕学 チェアサイドの予防と回復のプログラム,葭原明弘,宮崎秀夫,永末書店,2008年10月,日本語

    単行本(学術書),う蝕の疫学データ,共著,社会系歯学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Classification and examination of halitosis,T. Murata, T. Yamaga, T. Iida, H. Miyazaki and K. Yaegaki,FDI,Int. Dent. J.,Vol.52,No.3, pp.192-196,2002年06月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • Tongue brushing and mouth rinsing as basic treatment measures for halitosis,K. Yaegaki, J.M. Coil, T. Kamemizu and H. Miyazaki,FDI,Int. Dent. J.,Vol.52,No.3, pp.192-196,2002年06月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • Treatment needs (TN) and practical remedies for halitosis,J.M. Coil, K. Yaegaki, T. Matsuo and H. Miyazaki,FDI,Int. Dent. J.,Vol.52,No.3, pp.187-191,2002年06月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • Changes in caries prevalence in Japan,H. Miyazaki and M. Morimoto,FDI,Eur. J. Oral Sci.,Vol.104,No.4, pp.452-458,1996年04月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,社会系歯学

  • 15 years of CPITN--a Japanese perspective,M. Morimoto and H. Miyazaki,FDI,Int. Dent. J.,Vol.44,No.5, pp.561-566,1994年05月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,社会系歯学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Unilever Award,1994年01月,アメリカ合衆国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Asian Pacific Dental Congress,H. Miyazaki,社会系歯学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,高齢者の口腔機能改善が及ぼす運動器機能訓練への増強効果の検証

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,高齢者の口腔と全身の健康に関するフォローアップ研究

    1998 年から2008 年にかけて実施した厚生労働科学研究「口腔と全身の健康」に関する10 年にわたるコホート研究終了後のフォローアップ研究であり,血清ミクロ栄養素と下顎皮質骨密度との関係を評価することに加え,1998 年ベースライン時の口腔健康状態が心疾患や生命予後に対する影響を評価する。

  • 基盤研究(B),2006年04月 ~ 2009年03月,植物由来プロテアーゼの舌苔除去および揮発性硫黄化合物発生抑制に関する介入研究

    植物由来プロテアーゼを用い,舌苔除去および揮発性硫黄化合物発生抑制について臨床研究を行い,口臭予防・治療に有効な製剤を開発する。あわせて,要介護高齢者の口腔ケア補助としての有用性を調べる。

  • 基盤研究(B),2003年04月 ~ 2006年03月,ミュータンスレンサ球菌の齲蝕原性に関わる遺伝子多型を利用した齲蝕リスク評価の構築

    齲蝕リスク評価を行うために齲蝕原性の強いミュータンスレンサ球菌の遺伝子多型を調べる。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金,2013年04月 ~ 2014年03月,歯科技工の技術革新に対応した管理体制と専門家養成に関する研究

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2012年04月 ~ 2013年03月,歯科補てつ物等の情報の追跡等の効果等に関する研究

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2011年04月 ~ 2012年03月,国内外の歯科補綴物の実態に関する研究

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2010年04月 ~ 2011年03月,国内外の歯科補綴物の実態に関する研究

    国内外の歯科補綴物の実態およびその安全性を究明する。

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2008年04月 ~ 2010年03月,歯科補綴物の多国間流通に関する調査研究

    歯科補綴物の多国間流通の様相を究明する。

    厚生労働省

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 地域保健における園児・小中学生の歯科疾患の予防,2004年12月 ~ 2007年03月,弥彦村,一般受託研究

  • フッ化物洗口法によるう蝕予防効果の追跡調査,2003年04月 ~ 2005年03月,新潟県,一般受託研究

  • 地球保健における園児・小中学生の歯科疾患の予防,2003年04月 ~ 2004年03月,弥彦村,一般受託研究

  • 地域保健における園児・小中学生の歯科疾患の予防,2001年04月 ~ 2003年03月,弥彦村,一般受託研究

  • 歯肉炎の保健指導に関する調査,2001年04月 ~ 2003年03月,新潟県,一般受託研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 7th Conference of International Society for Breath Odor Research,D. Yoshimatsu, T. Kometani, K. Nohno, T. Yamaga and H. Miyazaki,国際会議,2007年08月,Chicago, USA,Biochemical tongue cleaning for disabled elderly people, Effects of protease extracted from a plant on reduction of both tongue coating and VSCs,ポスター(一般),社会系歯学

  • The 7th Conference of International Society for Breath Odor Research,H. Miyazaki,国際会議,2007年08月,Chicago, USA,How to deal with halitophobic patients,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),社会系歯学

  • The 7th Conference of International Society for Breath Odor Research,T. Yamaga, H Ogawa, S Matsumoto and H. Miyazaki,国際会議,2007年08月,Chicago, USA,Pilot study on relationship between serum adipokines and acetone in breath air,ポスター(一般),社会系歯学

  • The 7th Conference of International Society for Breath Odor Research,H. Miyazaki, T. Yamaga and K. Nohno,国際会議,2007年08月,Chicago (USA,The outcome of diagnosis and treatments for oral malodor patients in Niigata University Hospital,ポスター(一般),社会系歯学

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 口臭予防・治療薬剤の臨床試験,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究

  • 口臭予防食品の臨床試験,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • 口気・呼気ガスの捕獲と硫黄化合物の回収方法の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,統合科目Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,衛生学・公衆衛生学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,う蝕学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,衛生学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,統合科目Ⅰ,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

全件表示 >>