基本情報

写真a

髙橋 直也

TAKAHASHI Naoya


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学研究科  放射線医学

    博士課程,1995年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),放射線科学,新潟大学,課程,1995年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部 保健学科 放射線技術科学専攻,教授,2013年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会,1988年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本核医学会,1991年04月 ~ 継続中,日本国

  • 北米放射線学会(The Radiological Society of North America),2001年03月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本オートプシー・イメージング学会,2008年01月 ~ 継続中,日本国

  • 欧州放射線学会(European Society of Radiology),2008年10月 ~ 継続中,オーストリア共和国

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Quantifying regional cerebral blood flow with N-Isopropyl-p[123I] idoamphetamine by ring-type single-photon emission computed tomography: Validity of a method to estimate early reference value by means of regional brain time-activity curve.,TAKAHASHI N,Ann Nucl Med ,Vol.8,No.4, pp.253-258,1994年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Changes in aortic shape and diameters after death: Comparison of early postmortem computed tomography with antemortem computed tomography.,Takahashi N, Higuchi T, Hirose Y, Yamanouchi H, Takatsuka H, Funayama K. ,Forensic Sci Int,Vol.225,No.01, pp.27-31,2013年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The effectiveness of postmortem multidetector computed tomography in the detection of fatal findings related to cause of non-traumatic death in the emergency department. ,Takahashi N, Higuchi T, Shiotani M, Hirose Y, Shibuya H, Yamanouchi H, Hashidate H, Funayama K.,Eur Radiol,Vol.22,No.01, pp.152-160,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effectiveness of a worksheet for diagnosing postmortem computed tomography in emergency departments,Takahashi N, Higuchi T, Shiotani M, Satou S, Hirose Y.,Jpn J Radiol,Vol.29,No.10, pp.701-706,2011年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Quantitative analysis of the intracranial hypostasis on early postmortem CT: comparison with antemortem CT ,Takahashi N, Satou C, Higuchi T, Shiotani M, Maeda H, Hirose Y.,AJR Am J Roentgenol,Vol.195,No.6, pp.W388-W393,2010年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • オートプシー・イメージングガイドライン第3版,高橋 直也 他,ベクトル・コア,2015年07月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 死後画像読影ガイドライン2015年版,高橋 直也、小熊 栄二、他,金原出版,2015年01月,日本語

    単行本(学術書),監修書

  • オートプシー・イメージング(Ai)症例集,高橋直也、塩谷清司 (編集),ベクトル・コア,2012年,日本語

    単行本(学術書),編著

  • Autopsy imaging検査マニュアル第2版,阿部一之 他 編,ベクトル・コア,2015年01月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • オートプシー・イメージングガイドライン第2版,今井 裕、高野 英行、山本 正二 (編),ベクトル・コア,2012年,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 死亡時画像診断(Ai)技術の現状と課題,高橋直也、樋口健史,公衆衛生,2015年,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 臨床放射線科医にとっての死亡時画像診断のために.,高橋直也,映像情報メディカル,2014年01月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 今必要なAi(オートプシー・イメージングの知識)救急現場でのAiの活用,高橋直也,NLだより,2013年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 死亡時画像診断の現状と死因究明2法に対する期待.日本における死亡時画像診断の現況と放射線科医の今後の課題.,高橋直也,放射線科専門医会・医会ニュース,2013年06月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • Aiって何?-オートプシー・イメージング普及への一里塚.放射線科医にとってのメリット,高橋直也,映像情報メディカル,2013年04月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金,2013年04月 ~ 2015年03月,医療機関外死亡における死後画像診断の実施に関する研究

    厚生労働省

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Radiological Society of North America 94th Scientific assembly and annual meeting,Takahashi N, Higuchi T, Maeda H, Shiotani M, Hirose Y ,国際会議,2008年11月 ~ 2008年12月, Postmortem MDCT for detection of the cause of death and its characteristic findings. ,ポスター(一般)

  • European congress of radiology, ,Takahashi N, Higuchi T, Maeda H, Ohkubo M ,国際会議,2006年03月, Identification of the ethmoid arteries on thin-slice axial images and coronal reformatted images of orbits by means of multi-detector row CT. ,ポスター(一般)

  • The 88th Scientific Assembly and Annual Meeting of The Radiological Society of North America,Takahashi N, Okamoto K, Sakai K, Kawana M ,国際会議,2002年12月,The extracranial facial nerve and parotid duct: High resolution Three-Dimensional Fourier Transform MR Imaging. ,ポスター(一般)

  • XVI International congress of head and neck radiology,Takahashi N, Higuchi T, Yukawa T, Maeda H ,国際会議,2003年09月, Distribution of cervical lymphadenopathy evaluated using the CT-based nodal classification system. ,ポスター(一般)

  • The 4th Asian-Oceanian Congress of Neuroradiology and Head and Neck Radiology,,Takahashi N, Okamoto K, Sakai K ,国際会議,2001年09月, Three-dimensional volume rendering reconstructions of the arytenoid and cricoid cartilages by means of a multidetecter row CT. ,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,基礎放射線医学,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,放射線写真学,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,画像医学Ⅱ,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,画像解剖学実習,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,画像解剖学演習,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 医学部保健学科平成12年度入学生担任,2014年04月 ~ 継続中

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会,代議員,2014年04月 ~ 継続中

  • 国際法医画像研究会(International Society of Forensic Radiology and Imaging),学会誌編集委員,2012年01月 ~ 継続中

  • 日本オートプシー・イメージング学会,理事,2010年02月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 死亡時画像診断(Ai)研修会,2012年01月 ~ 継続中

  • 死亡時画像診断(Ai)認定講習会,2010年06月 ~ 継続中

  • 地域公開講座,2014年10月 ~ 2014年12月

  • 出前講義,2014年06月 ~ 継続中