基本情報

写真a

松田 健

MATSUDA Ken


学系

医歯学系

系列

臨床医学系列

職名

教授

生年

1971年

研究室住所

新潟市中央区旭町通1-757

研究分野・キーワード

再建外科、マイクロサージャリー、顔面神経麻痺、末梢神経再生

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2592

研究室FAX

025-227-0795

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/prs/sitetheme/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  医学部

    大学,1996年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  医学系研究科

    博士課程,2006年04月,中退,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),形成外科学,大阪大学,論文,2006年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,准教授,2014年01月 ~ 2015年08月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 可塑性機能制御,教授,2015年08月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学医学部附属病院,職員(医療系),1996年06月 ~ 1997年05月

  • 大阪府立病院,職員(医療系),1997年06月 ~ 1998年05月

  • 住友病院,職員(医療系),1998年06月 ~ 1998年12月

  • 兵庫医科大学耳鼻咽喉科 形成外科診療班,教授,1999年01月 ~ 2000年06月

  • 飯田市立病院 外科,職員(医療系),2000年07月 ~ 2001年06月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本形成外科学会,1996年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本頭頸部癌学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本頭蓋顎顔面外科学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本マイクロサージャリー学会,2004年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本手外科学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形成外科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本形成外科学会専門医

  • 日本創傷外科学会専門医

  • 皮膚腫瘍外科指導専門医

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 端側神経縫合、末梢神経再生、顔面神経麻痺,2003年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • (+)-Catechin protects dermal fibroblasts against oxidative stress-induced apoptosis.,Tanigawa Tomoko, Kanazawa Shigeyuki, Ichibori Ryoko, Fujiwara Takashi, Magome Takuya, Shingaki Kenta, Miyata Shingo, Hata Yuki, Tomita Koichi, Matsuda Ken, Kubo Tateki, Tohyama Masaya, Yano Kenji, Hosokawa Ko,BMC Complement Altern Med,Vol.14,No.1, p.133,2014年,英語

    DOI:10.1186/1472-6882-14-133,研究論文(学術雑誌),共著

  • Anatomic Evaluation of the Internal Mammary Vessels Using Multidetector CT Angiography Images in 100 Asian Patients.,Tashima Hiroki, Fujikawa Masakazu, Izumi Ken, Matsuda Ken, Tomita Koichi, Hosokawa Ko,Eplasty,Vol.14, p.e9,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Adipose-derived stem cells promote angiogenesis and tissue formation for in vivo tissue engineering.,Matsuda Ken, Falkenberg Katrina J, Woods Alan A, Choi Yu Suk, Morrison Wayne A, Dilley Rodney J,Tissue Eng Part A,Vol.19,No.11-12, pp.1327-1335,2013年06月,英語

    DOI:10.1089/ten.TEA.2012.0391,研究論文(学術雑誌),共著

  • Clinicopathological assessment of locally recurrent rectal cancer and relation to local re-recurrence.,Uemura Mamoru, Ikeda Masataka, Yamamoto Hirofumi, Kitani Kotaro, Tokuoka Masayoshi, Matsuda Ken, Hata Yuki, Mizushima Tsunekazu, Takemasa Ichiro, Sekimoto Mitsugu, Hosokawa Ko, Matsuura Nariaki, Doki Yuichiro, Mori Masaki,Ann Surg Oncol,Vol.18,No.4, pp.1015-1022,2011年04月,英語

    DOI:10.1245/s10434-010-1435-z,研究論文(学術雑誌),共著

  • Vascularized tissue engineering mouse chamber model supports thymopoiesis of ectopic thymus tissue grafts.,Seach Natalie, Mattesich Monika, Abberton Keren, Matsuda Ken, Tilkorn Daniel J, Rophael John, Boyd Richard L, Morrison Wayne A,Tissue Eng Part C Methods,Vol.16,No.3, pp.543-551,2010年06月,英語

    DOI:10.1089/ten.TEC.2009.0135,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 眼手術学「眼瞼」,松田 健,文光堂,2013年01月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • Sciatic Nerve: Blocks, Injuries and Regeneration.,Matsuda K, Egan G,NOVA biomedical books,2011年01月,英語

    単行本(学術書),共著

  • 使える皮弁術―適応から挙上法まで― 上巻,松田 健、 細川 亙,全日本病院出版会,2010年01月,日本語

    教科書,単著

  • Progress in Oral Cancer Research,Yano K, Matsuda K,NOVA biomedical books,2008年01月,英語

    単行本(学術書),共著,形成外科学

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回 International Traveling Fellow,2011年03月,日本国,国内外の国際的学術賞,日本マイクロサージャリー学会,松田 健

  • 主題「私のこだわりの方法」 もみあげを採皮部とした全層植皮による眉毛・生え際の再建法,2010年02月06日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本形成外科手術手技学会,松田 健

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,島状側頭筋移行術を用いた顔面神経麻痺再建術における神経可塑性と神経再支配機序

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,頭蓋顎顔面骨形成におけるレチノイン酸の役割

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,陰圧吸引を用いた神経延長法並びに陰圧下の末梢神経再生に関する研究

  • 若手研究(B),2006年04月 ~ 2008年03月,端側神経縫合と神経移植を組み合わせた新しい末梢神経再建法に関する研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ANZ Trustees 2008-2009,2008年01月 ~ 2009年12月,MRI study of retrograde nerve tracing.

    ANZ trustees