基本情報

写真a

尾関 百合子

OZEKI Yuriko


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

助教

研究分野・キーワード

細菌学 感染免疫

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  医学研究科

    博士課程,1997年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学,細菌学(含真菌学),大阪市立大学,課程,1997年03月

  • 生活科学,栄養学,大阪市立大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学,助教,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会,1995年04月 ~ 2015年04月,日本国

  • 日本結核病学会,2000年04月 ~ 2015年04月,日本国

  • 日本免疫学会,1995年04月 ~ 2015年04月,日本国

  • 日本栄養・食糧学会,1992年04月 ~ 2015年04月,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 結核

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Antigen 85A and mycobacterial DNA-binding protein 1 are targets of immunoglobulin G in individuals with past tuberculosis.,Osada-Oka M, Tateishi Y, Hirayama Y, Ozeki Y, Niki M, Kitada S, Maekura R, Tsujimura K, Koide Y, Ohara N, Yamamoto T, Kobayashi K, Matsumoto S.,Microbiol Immunol,Vol.57,No.1, pp.30-37,2013年,英語

    DOI:10.1111/j.1348-0421.2012.12005.x,研究論文(学術雑誌),共著

  • Antigen 85A and mycobacterial DNA-binding protein 1 are targets of immunoglobulin G in individuals with past tuberculosis.,Osada-Oka M, Tateishi Y, Hirayama Y, Ozeki Y, Niki M, Kitada S, Maekura R, Tsujimura K, Koide Y, Ohara N, Yamamoto T, Kobayashi K, Matsumoto S.,Microbiol Immunol.,Vol.57,No.1, pp.30-37,2013年,英語

    DOI:10.1111/j.1348-0421.2012.12005.x.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Reactivation of immune responses against Mycobacterium tuberculosis by boosting with the CpG oligomer in aged mice primarily vaccinated with Mycobacterium bovis BCG.,Taniguchi K, Takii T, Yamamoto S, Maeyama J, Iho S, Maruyama M, Iizuka N, Ozeki Y, Matsumoto S, Hasegawa T, Miyatake Y, Itoh S, Onozaki K.,Immunity & Ageing,Vol.10,No.25, pp.10-25,2013年,英語

    DOI:10.1186/1742-4933-10-25,研究論文(学術雑誌),共著

  • A novel mechanism of growth phase-dependent tolerance to isoniazid in mycobacteria.,Niki M, Niki M, Tateishi Y, Ozeki Y, Kirikae T, Lewin A, Inoue Y, Matsumoto M, Dahl JL, Ogura H, Kobayashi K, Matsumoto S.,J Biol Chem.,Vol.287,No.33, pp.27743-27752,2012年,英語

    DOI:10.1074/jbc.M111.333385. Epub 2012 May 30.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Dominant incidence of multidrug and extensively drug-resistant specific Mycobacterium tuberculosis clones in Osaka Prefecture, Japan.,Tamaru A, Nakajima C, Wada T, Wang Y, Inoue M, Kawahara R, Maekura R, Ozeki Y, Ogura H, Kobayashi K, Suzuki Y, Matsumoto S.,PLoS One. ,Vol.7,No.8, p.e42505,2012年,英語

    DOI:10.1371/journal.pone.0042505.,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,ポリフェノールの免疫活性化を介した抗結核作用の解析と予防・治療への有効 性の検討

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,抗結核作用を有するポリフェノールの探索と同定および作用機作の解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学熱帯医学研究拠点一般共同研究,2015年04月 ~ 2016年03月,ケニア共和国成人を対象としたBCGブースターワクチン候補抗原の適性検討

    長崎大学熱帯医学研究所

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 中部乳酸菌研究会,「尾関百合子,西山晃史,松本壮吉」,国内会議,2014年11月,長野市,成人の肺結核予防を目指した、新しい結核ワクチンの開発研究,口頭(一般)