基本情報

写真a

植田 勇人

UEDA Hayato


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

地質学,テクトニクス

ホームページ

http://www5b.biglobe.ne.jp/~ueta/

プロフィール

陸上や海底に分布する地層や岩石を調査し,過去のプレート沈み込み帯でどのような地層が形成されたか,それらの岩石が地下でどのように移動し変動したかを研究しています.

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),地質学,北海道大学,課程,2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 地質科学科 地球進化学,准教授,2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学 教育学部,准教授,2006年04月 ~ 2014年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • American Geophysical Union,,日本国

  • 地球惑星科学連合,,日本国

  • 日本地質学会,,日本国

  • Geological Society of America,,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sea-floor in situ measurement of orientation of geological structures using a top clinometer. ,Hayato Ueda,JAMSTEC Rept. Res. Develop,Vol.14, pp.1-15,2012年,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Seafloor geology of the basement serpentinite body in the Ohmachi Seamount (Izu-Bonin arc) as exhumed parts of a subduction zone within the Philippine Sea,Ueda, H., Niida, K., Usuki, T., Hirauchi, K., Meschede, M., Miura, R., Ogawa, Y., Yuasa, M., Sakamoto, I., Chiba, T., Izumino, T., Kuramoto, Y., Azuma, T., Takeshita, T., Imayama, T., Miyajima, Y., and Saito, T.,In Ogawa, Y., Anma, R., and Dilek, Y. eds., Accretionary Prisms and Convergent Margin Tectonics in the Northwest Pacific Basin, pp.97-128,2011年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Spatial variations in antigorite fabric across a serpentinite subduction channel: insights from the Ohmachi Seamount, Izu-Bonin frontal arc.,Hirauchi, K., Michibayashi, K., Ueda, H., and Katayama, I.,Earth. Planet. Sci. Lett.,Vol.299, pp.196-206,2010年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,沈み込み帯のテクトニクス,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,セミナー,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,課題研究(地質科学科),2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,地球科学特定研究Ma,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,野外実習I,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

全件表示 >>