2023/02/08 更新

写真a

シイノ ユウタ
椎野 勇太
SHIINO Yuta
所属
教育研究院 自然科学系 地球・生物科学系列 准教授
理学部 理学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 2009年3月   東京大学 )

  • 修士(理学) ( 2006年3月   静岡大学 )

  • 学士(理学) ( 2004年3月   静岡大学 )

研究キーワード

  • 化石

  • 機能形態学

  • 進化

  • 古生代

  • 無脊椎動物

  • 進化形態学

  • 古生物学

  • 放散虫

  • バイオメカニクス

  • 腕足動物

  • 三葉虫

  • 生物流体

研究分野

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学  / 進化形態学

  • ライフサイエンス / 進化生物学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

  • 自然科学一般 / 地球生命科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   理学部理学科地質科学プログラム   准教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育研究院自然科学系   助教

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   総合研究博物館   特任助教

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 国立科学博物館   日本学術振興会特別研究員

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   日本学術振興会特別研究員

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   理学部 理学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   地球物質科学   准教授

    2016年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻 地球科学   助教

    2014年4月 - 2016年3月

所属学協会

▶ 全件表示

取得資格

  • 学芸員

 

論文

  • Death or Living Assemblage? The Middle Permian Discinid Brachiopods in the Kamiyasse Area, Southern Kitakami Mountains, Northeastern Japan 査読

    増永正大, 椎野勇太

    Paleontological Research   25 ( 3 )   258 - 278   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/2020pr023

    researchmap

  • A morphological analysis of the flat-shaped spumellarian radiolarian Dictyocoryne: morpho-functional insights into planktonic mode of life 査読

    Yuta Shiino, Toshiyuki Kurihara, Ryo Ichinohe, Naoko Kishimoto, Takashi Yoshino, Atsushi Matsuoka

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH   24 ( 2 )   134 - 146   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    The three-dimensional morphology of the flat-shaped spumellarian radiolarian Dictyocoryne was analysed using a microfocus X-ray CT with a special focus on whether it was capable of a planktonic lifestyle. Two types of 3D models, the shell model, which represents a realistic 3D shell, and the wrapped model, which mimics the whole body outline without pseudopodia, were reconstructed in order to estimate volume, surface area, and centres of gravity for the shell model and buoyancy for the wrapped model. The calculated values showed that the volume of shell with respect to the total volume was negatively allometric, regardless of the differences between threshold settings. Stepwise secretions of the patagium layer may result in a comparatively lightweight shell, thereby decreasing the total density during growth but not below the density of seawater. Estimated positions for the centres of gravity and buoyancy were too close to maintain an autonomous posture while floating. Instead, the ratio between surface area and volume was greater than that in an ideal sphere. Such a broad surface area could obtain the viscous resistance necessary for sinking retardation. Spumellarian radiolarians, including Dictyocoryne, have photosynthetic symbionts located primarily in the ectoplasmic layer, which is a habitable space that can be maximised within the larger surface area. Given that radiolarians float when extending their pseudopodia, it can be hypothesised that pseudopodia may play a role in the adjustment of life posture in a hydraulically unstable shell, which can be integrated into sinking retardation, enhancement of photosynthetic activity and manoeuvrability of life posture within a unique flat-shaped morphogenesis.

    DOI: 10.2517/2019PR020

    Web of Science

    researchmap

  • Active floating with buoyancy of pseudopodia versus passive floating by hydrodynamic drag force: A case study of the flat-shaped spumellarian radiolarian Dictyocoryne 査読

    Ryo Ichinohe, Yuta Shiino, Toshiyuki Kurihara, Naoko Kishimoto

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH   23 ( 4 )   236 - 244   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    It has been suggested that the pseudopodia of radiolarians play a role in controlling buoyancy for floating behaviour. To understand the function of pseudopodia in terms of planktonic capability, we performed culture experiments on the flat-shaped radiolarian Dictyocoryne. A glass cell, a stereomicroscope and an X-Y-Z stage were used to observe the behaviour of Dictyocoryne from a lateral view. Under static conditions, Dictyocoryne grounded on the bottom of the glass cell extended pseudopodia from both sides of the flat disc surface. Subsequently, these individuals rose slightly by a length equal to that of the extended pseudopodia but remained attached to the bottom. These results suggest that Dictyocoryne lacks the ability to surface by obtaining buoyancy through the emergence of pseudopodia. Under conditions of convection flow, Dictyocoryne moved in the downstream direction only when pseudopodia were completely extended. When the convection flow moved upward, the individuals moved with the flow to just under the surface. In addition, convection flow changed the direction of a long, thick pseudopodium, called the axoflagellum, to be parallel with the flow. Consequently, the axoflagellum was always oriented towards the downstream side, being the disc face in the axollagellum side on the upturn. Given that the flat-shaped spumellarians has c symbiotic algae inside their cells, their unique planktonic capability leads to the stable efficiency of the algal photosynthesis.

    DOI: 10.2517/2018PR023

    Web of Science

    researchmap

  • The passive spatial behaviour and feeding model of living nassellarian radiolarians: Morpho-functional insights into radiolarian adaptation 査読

    Ryo Ichinohe, Yuta Shiino, Toshiyuki Kurihara

    MARINE MICROPALEONTOLOGY   140   95 - 103   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Sinking experiments using living nassellarian radiolarians with a conical shell form were performed to examine the spatial behaviour of nassellarians and a related feeding model. A small water tank and surface-reflecting mirror were used to observe the vertical movement of each specimen, and the sinking posture and speed were analysed. The experimental results showed that the sinking posture of nassellarians was stable with a cephalis-down orientation, and the sinking speed was considerably slower than that of Dictyocoryne spp. as a control experiment. The stable posture was maintained by a streamlining shell form and the relationship between the centres of gravity and buoyancy. Moreover, a lift force in moving fluids would likely change the posture of the organism to the cephalis facing upstream, as in a weathercock effect. As a result, nassellarians were able to capture organic matter around the rear side of the aperture where prey-capturing pseudopodia are extended. Because the pseudopodia may be attributed to the lifelong performance of the surface of cell membranes, the drastic change in flow intensity around the pseudopodia leads to an easier collapse of the prey-capturing apparatus. A slower sinking speed as the size increases is a beneficial feature for avoiding the feeding risk, resulting in effective predation as a form of homeostatic spatial behaviour.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2018.02.002

    Web of Science

    researchmap

  • How does flow recruit epibionts onto brachiopod shells? Insights intoreciprocal interactions within the symbiotic framework 査読

    Yuta Shiino, Yuki Tokuda

    25 ( 4 )   675 - 683   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.palwor.2016.04.001

    Web of Science

    researchmap

  • Late Ordovician Holorhynchus succession in the Siljan district, Sweden: facies, faunas and a latest Katian event 査読

    Yuta Shiino, Yutaro Suzuki, David A. T. Harper, Hideki Mori, Jan Bergstrom

    137 ( 1 )   25 - 35   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/11035897.2014.945619

    Web of Science

    researchmap

  • Hydrodynamic advantages in the free- living spiriferinide brachiopod Pachycyrtella omanensis: functional insight into adaptation to high- energy flow environments 査読

    Yuta Shiino, Lucia Angiolini

    47 ( 2 )   216 - 228   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/let.12052

    Web of Science

    researchmap

  • Pelagic or benthic? mode of life of the remopleuridid trilobite hypodicranotus striatulus 査読

    Yuta Shiino, Osamu Kuwazuru, Yutaro Suzuki, Satoshi Ono, Chihiro Masuda

    89 ( 2 )   207 - 218   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3140/bull.qeosci.1409

    Scopus

    researchmap

  • Swimming capability of the remopleuridid trilobite Hypodicranotus striatus: Hydrodynamic functions of the exoskeleton and the long, forked hypostome 査読

    Yuta Shiino, Osamu Kuwazuru, Yutaro Suzuki, Satoshi Ono

    300   29 - 38   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtbi.2012.01.012

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ptycholophous lophophore in a productidine brachiopod 査読

    Yuta Shiino, Shokei Yamada, Yutaro Suzuki, Chisato Suzuki

    15 ( 4 )   233 - 239   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/1342-8144-15.4.233

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • The ideal hydrodynamic form of the concavo-convex productide brachiopod shell 査読

    Yuta Shiino, Yutaro Suzuki

    44 ( 3 )   329 - 343   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1502-3931.2010.00243.x

    Web of Science

    researchmap

  • Sedimentary history with biotic reaction in the Middle Permian shelly sequence of the Southern Kitakami Massif, Japan 査読

    Yuta Shiino, Yutaro Suzuki, Fumio Kobayashi

    20 ( 2 )   203 - 220   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1738.2011.00760.x

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • Theoretical approach to the functional optimisation of spiriferide brachiopod shell: Optimum morphology of sulcus 査読

    Yuta Shiino, Osamu Kuwazuru

    276 ( 1 )   192 - 198   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtbi.2011.02.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • ホウズキチョウチンの行動 : 微小砕屑物に着底した固着生物の生存戦略 査読

    椎野 勇太, 北沢 公太

    日本ベントス学会誌 = Japanese journal of benthology   65 ( 1 )   18 - 26   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ベントス学会誌編集委員会  

    It has been widely accepted that articulate brachiopod adaptation to and radiation within various benthic environments is reflected in the variability of their attachment organ, the so-called "pedicle". To evaluate how the pedicle functions, the behavior of the terebratulide brachiopod <i>Laqueus rubellus</i>, harvested from Osezaki, Suruga Bay, Japan, was observed for one month in an aquarium. The behavior analysis focused particularly on pedicle movement and its associated muscular system. Anatomical observations of the muscular system demonstrated that the paired dorsal and ventral adjustor muscles are connected to the root of the pedicle via the mantle membrane, and the two muscles of each side cross in an x-shaped configuration. As a result, the pedicle should rotate when either set of adjustor muscles contracts. A succession of such movements would allow the animal to shift its position on the sea bottom while remaining attached to small pieces of debris, such as pebbles or bioclasts. In addition, the twisting and shaking of this brachiopod as a result of multiple successive pedicle rotations has a lifting effect due to the low density of its body compared to the surrounding sediment. Thus, this movement provides a means of avoiding burial. Previous studies of the relationships between benthic fauna and marine environments have indicated that articulate brachiopods can disperse into any benthic environment and attach to whatever debris exists. These studies have also shown that the abundance of articulate brachiopods depends on competition, nutrient supply, and predation pressure. Given the stable nutrient conditions on the sea bottom off Osezaki, competition and/or predation pressure appear to determine whether or not <i>Laqueus rubellus</i> can flourish in this benthic community.

    DOI: 10.5179/benthos.65.18

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Functional adaptation of spiriferide brachiopod morphology 査読

    Y. Shiino, O. Kuwazuru

    23 ( 7 )   1547 - 1557   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1420-9101.2010.02024.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Computational fluid dynamics simulations on a Devonian spiriferid Paraspirifer bownockeri (Brachiopoda): Generating mechanism of passive feeding flows 査読

    Yuta Shiino, Osamu Kuwazuru, Nobuhiro Yoshikawa

    259 ( 1 )   132 - 141   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtbi.2009.02.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Stratigraphy, carbonate facies and trilobite associations in the Hirnantian part of the Boda Limestone, Sweden 査読

    Yutaro Suzuki, Yuta Shiino, Jan Bergstrom

    131 ( 4 )   299 - 310   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/11035890903452670

    Web of Science

    researchmap

  • Articulatory and musculatory systems in a Permian concavo-convex brachiopod Waagenoconcha imperfecta Prendergast, 1935 (Productida, Brachiopoda) 査読

    Yuta Shiino, Yutaro Suzuki

    11 ( 3 )   265 - 275   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/1342-8144(2007)11[265:AAMSIA]2.0.CO;2

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • A new trilobite fauna from the Middle Permian of the Kitakami Mountains/Northeast Japan 査読

    フリック ウルリッヒ, 椎野勇太

    Palaeontographica Abteilung A   320 ( 4–6 )   87 - 135   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1127/pala/2021/0115

    researchmap

  • Systematic paleontology of two brachiopod specimens (Karavankina sp. and Choristites sp.) from the Arakigawa Formation in the Hida Gaien belt, central Japan 査読

    Keisuke Suzuki, Yuta Shiino

    ( 35 )   1 - 11   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 古生物の化石に数値流体解析を応用してみた 招待

    椎野勇太

    建築雑誌   133 ( 1717 )   19 - 19   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Crininicaminus giberti isp. nov.: Tubular trace fossil armored with crinoid stem plates from the Upper Permian Kamiyasse Formation, Northeastern Japan | Crininicaminus giberti isp. nov.: Un ichnofósil tubular de pared compuesta por placas pedunculares de 査読

    Seike K, Shiino Y, Suzuki Y

    Spanish Journal of Paleontology   29 ( 1 )   45 - 50   2016年

  • Construction of recirculating flow tank with water pumps: insight into experimental palaeontology 査読

    Tsuchida, T, Shiino, Y

    Science Reports of Niigata University. Series E, (Geology)   31   83 - 90   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学理学部  

    A flow tank with a circulatory pump system was constructed using water pumps connected with polyvinyl chloride pipes and suction hoses. The flow tank was 180 cm in length, 20 cm in width and 20 cm in height. The flow rate in the water tank was monitored by a clump-on flowmeter, and its relevant velocity was calculated by using simple particletracing velocimetry. For the visualisation of the stream, a sheet laser light and small ionexchange particle resins were used. The present recirculating experimental system realised a steady flow condition at a velocity of 7.8 cm/s or 13.0 cm/s at 5 cm from the bottom. Using the spiriferide brachiopod Paraspirifer bownockeri model, the present experiments reproduced the hydrodynamic properties for generating gyrating flows as observed inprevious studies and found a velocity gradient and a gyrating axis position for gyrating.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A rectifying effect by internal structures for passive feeding flows in a concavo-convex productide brachiopod 査読

    Yuta Shiino, Yutaro Suzuki

    19 ( 4 )   283 - 287   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/2015PR011

    Web of Science

    researchmap

  • 三葉虫ハイポディクラノタスの遊泳性能と古生態

    椎野勇太, 桑水流理, 鈴木雄太郎, 増田智洋

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集   27th ( 27 )   365 - 366   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Stealth Effect of Red Shell in Laqueus rubellus (Brachiopoda, Terebratulida) on the Sea Bottom: An Evolutionary Insight into the Prey-Predator Interaction 査読

    Yuta Shiino, Kota Kitazawa

    2012   1 - 7   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5402/2012/692517

    researchmap

    その他リンク: http://downloads.hindawi.com/archive/2012/692517.xml

  • Comparative experimental and simulation study on passive feeding flow generation in <I>Cyrtospirifer</I> 査読

    Yuta Shiino, Osamu Kuwazuru

    41   1 - 8   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • CT画像を用いた化石の内部構造の復元:スピリファー類の腕骨形態の例 査読

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    化石   87 ( 87 )   1-2 - 2   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本古生物学会  

    DOI: 10.14825/kaseki.87.0_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Middle Permian echinoconchoide brachiopod Vediproductus in the Kamiyasse area, Southern Kitakami Mountains, northeast Japan 査読

    Yuta Shiino

    13 ( 3 )   251 - 258   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/1342-8144-13.3.251

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • Passive feeding in spiriferide brachiopods: an experimental approach using models of Devonian Paraspirifer and Cyrtospirifer 査読

    YUTA SHIINO

    Lethaia   43 ( 2 )   223 - 231   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1502-3931.2009.00185.x

    CiNii Article

    researchmap

  • Middle Permian (Midian) foraminifers of the Kamiyasse Formation in the Southern Kitakami Terrane, NE Japan 査読

    Fumio Kobayashi, Yuta Shiino, Yutaro Suzuki

    13 ( 1 )   79 - 99   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/1342-8144-13.1.079

    Web of Science

    researchmap

  • 絶滅生物スピリファーの受動的採餌流形成メカニズムに関する数値流体力学的検討

    椎野 勇太, 桑水流 理, 吉川 暢宏

    計算工学講演会論文集   13 ( 2 )   531 - 532   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 南部北上山地上八瀬地域の中部ペルム系細尾層から産出したフズリナ化石とその意義 査読

    椎野勇太, 鈴木雄太郎, 小林文夫

    地質学雑誌   114 ( 4 )   200 - 205   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    南部北上山地宮城県気仙沼市上八瀬地域の中部ペルム系細尾層中の石灰質基質支持礫岩から,新たにSumatrina cf. annae, Pseudodoliolina pseudolepida, Chusenella sinensisおよびその他の有孔虫類を含むフズリナ化石群を発見した.この群集には,テチス域標準年代区分の後期MurgabianからMidianを示すS. cf. annaeが含まれる一方で,前・中期Murgabianの指標となる原始的なNeoschwagerinaやAfqhanella,および中・後期Midianを指示する進化型のLepidolinaやYabeinaが共産しない.このことは,この石灰質礫岩層が前期Midian(ペルム系標準年代層序区分の上部Wordian階)に対比されることを示唆する.この解釈は先行研究によるアンモノイド化石を用いた細尾層の年代論とも整合的である.

    DOI: 10.5575/geosoc.114.200

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 絶滅腕足類の化石を用いた殻まわりのイメージベース流体解析

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集   20th   61-62   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 見る目が変わる博物館の楽しみ方: 生物・鉱物・考古学を学ぶ (BERET SCIENCE)

    矢野興一, 三河内彰子, 三河内岳, 椎野勇太, 實吉玄貴, 藤原慎一, 折原貴道, 鵜沢美穂子, 皆木宏明, 黒木真理, 松本涼子, 相川稔, 松原始, 佐野勝宏, 鶴見英成, 石井龍太( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章―恐竜・古生物:無脊椎動物)

    ベレ出版  2016年10月  ( ISBN:9784860644901

     詳細を見る

    総ページ数:435  

    ASIN

    researchmap

  • 凹凸形の殻に隠された謎: 腕足動物の化石探訪 (フィールドの生物学)

    椎野 勇太( 担当: 単著)

    東海大学出版会  2013年7月  ( ISBN:4486018494

     詳細を見る

    総ページ数:268  

    ASIN

    researchmap

  • 東大古生物学―化石からみる生命史

    佐々木猛智, 伊藤泰弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第3章:古生物年表.第4章:機能形態学からバイオメカニクス,進化古生物学へ.第11章:水中へ進出した三葉虫のバイオメカニクス.第12章:腕足動物の摂食戦略に基づく進化形態学.)

    東海大学出版会  2012年10月  ( ISBN:4486019652

     詳細を見る

    総ページ数:390  

    ASIN

    researchmap

  • 〔新版〕岩石・鉱物・化石 DVDつき (小学館の図鑑NEO 18)

    小学館( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 監修執筆:原生生物,海綿動物,刺胞動物,外肛動物,腕足動物)

    小学館  2022年6月  ( ISBN:4092173180

     詳細を見る

    総ページ数:216  

    ASIN

    researchmap

  • ‟もしも″絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史 (Graphic voyage)

    土屋 健, 服部, 雅人( 担当: 監修 ,  範囲: 無脊椎動物パート)

    技術評論社  2021年2月  ( ISBN:429711920X

     詳細を見る

    総ページ数:200   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 広辞苑を3倍楽しむ その2 (岩波科学ライブラリー)

    岩波書店編集部( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「燕石」)

    岩波書店  2018年2月  ( ISBN:4000296701

     詳細を見る

    総ページ数:128   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • しんかのお話365日 (理系に育てる基礎のキソ)

    土屋健( 担当: 監修)

    技術評論社  2017年7月  ( ISBN:477419073X

     詳細を見る

    総ページ数:400   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • UMUTオープンラボ 太陽系から人類へ: 東京大学総合研究博物館常設展示図録

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 腕足動物スピリファー類と三葉虫―化石から機能を探る)

    東京大学出版会  2016年11月  ( ISBN:4130202650

     詳細を見る

    総ページ数:312  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 化石コレクション10 (朝日ビジュアルシリーズ)

    朝日新聞出版( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 腕足動物)

    朝日新聞出版  2010年5月  ( ISBN:4023111309

     詳細を見る

    総ページ数:14  

    ASIN

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 212 絶滅腕足類の化石を用いた殻まわりのイメージベース流体解析(OS3-1:生物遊泳・飛翔とバイオミメティクス(1),OS3:生物遊泳・飛翔とバイオミメティクス)

    椎野 勇太, 桑水流 理, 吉川 暢宏

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2007 ( 20 )   61 - 62   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 腕足動物ディスキナ類に付着する表在生物から探るホストの生息姿勢復元と生物間相互作用

    椎野勇太, 高階観乃, 石㟢美乃

    日本古生物学会2022年例会(金沢大学,オンライン)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Hydrodynamics of fossil invertebrate skeletons 招待

    Shiino, Y

    RIMS Workshop “Toward an integration of fluids, ecology, and evolution” in Biofluids 2021 (Zoom) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • なぜスナガニはY字形の巣穴をつくるのか?

    石㟢美乃, 小倉誠也, 高橋千絢, 金子真弥, 井村朱里, 椎野勇太

    日本古生物学会2021年年会(岡山理科大学,オンライン) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腕足動物Eoplectodontaのアロメトリー

    佐藤洸太, 福田倫太郎, 椎野勇太

    日本古生物学会2021年例会(横浜国立大学,オンライン) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 太古のバイオメカニクス:化石生物の形態から大進化を探る 招待

    椎野勇太

    日本進化学会第22回オンライン大会シンポジウム「進化の流体力学的側面:バクテリアから恐竜まで」(Zoom) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 東海沖から採集された遺骸群集中の腕足動物Terebratulina

    佐々木千夏, 椎野勇太, 延原尊美, 伊東祐二, 加藤了也, 池原研

    日本古生物学会2020年例会(東京大学駒場キャンパス,東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スナガニの巣穴から読み解く行動生態と海浜動態への応答様式

    石㟢美乃, 小倉誠也, 高橋千絢, 金子真弥, 井村朱里, 椎野勇太

    日本古生物学会2020年例会(東京大学駒場キャンパス,東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節構造のない腕足動物ディスキナ類の形態と埋没過程

    増永正大, 椎野勇太

    日本古生物学会2020年例会(東京大学駒場キャンパス,東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 栄えると滅ぶ腕足動物のジレンマ 招待

    椎野勇太

    日本分類学会連合シンポジウム(国立科学博物館) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 円錐形ナセラリア類放散虫の仮足による姿勢制御と生態

    一戸凌, 椎野勇太, 栗原敏之, 津田敦

    2019年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会(B-nest 静岡市産学交流センター,静岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 泥の中の化石:活動的堆積盆地に特有の埋没過程を探る

    増永正大, 椎野勇太

    日本古生物学会2019年年会(静岡大学,静岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isotelus 属三葉虫のマウスガード様骨格パーツの知覚系の分布様式とその機能形態学的検討

    平野広大, 鈴木雄太郎, 椎野勇太

    日本古生物学会2019年年会(静岡大学,静岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 大型三葉虫Isotelusに想定された捕食者仮説の実現不可能性

    椎野勇太, 小西雄二, 鈴木雄太郎

    日本古生物学会2019年年会(静岡大学,静岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 津川地域・下部寺泊階野村層のイクノファブリック解析と炭素循環パス・石油根源岩形成

    金子真弥, 栗田裕司, 椎野勇太, 黒川将貴, 横井悟

    令和元年度(2019 年度)石油技術協会春季講演会(国立オリンピック記念青少年総合センター,東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腕足動物Eoplectodontaの3次元形態解析から読み解く成長戦略

    赤坂実優, 椎野勇太

    日本古生物学会2019年例会(神奈川県立生命の星・地球博物館,神奈川) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腕足動物ディスキナ類のもつ環境適応特性

    増永正大, 椎野勇太

    日本古生物学会2019年例会(神奈川県立生命の星・地球博物館,神奈川) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Form and function of fossil brachiopods: Insights into evolutionary morphology 招待

    Shiino, Y

    8th International Brachiopod Congress (The University of Milan, Italy) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • A hydrodynamic approach to orthid brachiopod Vinlandostrophia ponderosa: Reevaluation of zig-zag function

    Shiino, Y, Tsuchida, T

    8th International Brachiopod Congress (The University of Milan, Italy) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ジグザグを持つ腕足動物Vinlandostrophia ponderosaの適応戦略

    椎野勇太, 土田貴史

    日本古生物学会2018年年会(東北大学,仙台) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スナガニの行動生態と海浜動態への応答様式

    小倉誠也, 石㟢美乃, 高橋千絢, 金子真弥, 井村朱里, 椎野勇太

    平成30年度(2018年)石油技術協会春季講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 表か裏か? CT画像からみた平板形放散虫の形態解析

    椎野勇太, 栗原敏之, 一戸凌, 岸本直子, 吉野隆, 松岡篤

    日本古生物学会2018年例会(愛媛大学,松山) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パイゴープの穴:排泄物高速排泄システム

    池田裕香, 椎野勇太

    日本古生物学会2018年例会(愛媛大学,松山) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Homeostatic spatial behaviour of nassellarian radiolarians: a likely feeding strategy

    Ichinohe, R, Shiino, Y, Kurihara, T

    InterRad XV (Niigata University, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Head or tail? Morphological analysis of the discoid spumellarian radiolarian Dictyocoryne

    Shiino, Y, Kurihara, T, Ichinohe, R, Kishimoto, N, Yoshino, T, Matsuoka, A

    InterRad XV (Niigata University, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hydrodynamic functionalisation of brachiopod shells: insights into evolutionary morphology

    Shiino, Y

    InterRad XV (Niigata University, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Planktonic capability of discoid spumellarian radiolarians

    Ichinohe, R, Shiino, Y, Kurihara, T, Kishimoto, N

    InterRad XV (Niigata University, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 平板形態型放散虫Dictyocoryneの浮遊性能

    一戸凌, 椎野勇太, 栗原敏之

    2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会(滋賀県立大学,滋賀) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A biomechanical approach to understanding the morphological adaptations of fossil spiriferide brachiopods 招待

    Shiino, Y

    The 22nd International Congress of Zoology (Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 受動的空間行動から読み解く放散虫ナセラリア類の採餌様式

    一戸凌, 椎野勇太, 栗原敏之

    2016年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会(熊本大学,熊本) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 静水環境下における現生放散虫の姿勢と受動的空間行動

    一戸凌, 椎野勇太, 栗原敏之

    日本古生物学会2016年年会(福井県立大学・福井県立恐竜博物館,福井) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高速遊泳性三葉虫Hypodicranotus striatulusのhypostome:なぜ進化的鍵革新形質になり損ねたのか

    大友翔平, 阿部貴洋, 大森康智, 鈴木雄太郎, 椎野勇太, 桑水流理

    日本古生物学会2016年例会(京都大学,京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機能解析が紐解く腕足動物の適応戦略と大進化メカニズム 招待

    椎野勇太

    日本古生物学会2016年例会シンポジウム「機能形態学から進化形態学へ」(京都大学,京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 化石に残された表在生物への理解に向けて

    椎野勇太, 徳田悠希

    日本古生物学会2015年年会(産業技術総合研究所,つくば) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Die hard under high energy flow conditions: a case of shell functionality in the spiriferinide brachiopod Pachycyrtella

    Shiino, Y, Angiolini, L

    The 7th International Brachiopod Congress (Nanjing Institute of Geology and Palaeontology, Nanjing, China) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • How does flow recruit epizoans onto brachiopod shells?

    Shiino, Y, Tokuda, Y

    The 7th International Brachiopod Congress (Nanjing Institute of Geology and Palaeontology, Nanjing, China) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 進化の袋小路:腕足動物シゾクラニアの体づくりと個生態

    椎野勇太, 鈴木雄太郎, デビッド ハーパー

    日本古生物学会2015年例会(豊橋市自然史博物館,豊橋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月 - 2015年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 三葉虫ハイポディクラノタスの遊泳性能と古生態

    椎野勇太, 桑水流理, 鈴木雄太郎, 増田智洋

    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会(朱鷺メッセ,新潟) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Middle Permian tectono-sedimentary history with biotic reaction of the Southern Kitakami Terrane, northeast Japan

    Shiino, Y

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia (Niigata University, Niigata, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月 - 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 統合的な生体生理システム解明への展望:翼形態型腕足動物を例に

    椎野勇太, ルキア アンジョリーニ

    日本古生物学会2014年年会(九州大学,博多) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 滑らかな殻を持つ大型腕足動物ホロリンカス―示準化石となることへの意義を探る

    椎野勇太, 鈴木雄太郎, 森英樹

    日本古生物学会2014年例会(兵庫県立人と自然の博物館,兵庫) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 南部北上山地中部ペルム系の地史:大規模造構運動がもたらした生命への飴と鞭

    椎野勇太, 鈴木雄太郎, 小林文夫

    日本地質学会第120年学術大会(東北大学,仙台) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 遊泳性三葉虫Remopleurides複眼:転輪羅針儀機能発現か?

    増田智洋, 鈴木雄太郎, 大野悟志, 椎野勇太

    日本古生物学会2013年年会(熊本大学,熊本) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 動かざるもののジレンマ―翼形態種パキシルテラの流体適応

    椎野勇太, ルキア アンジョリーニ

    日本古生物学会2013年年会(熊本大学,熊本) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Hydrodynamic advantages in the free-living spiriferinide brachiopod Pachycyrtella omanensis: Functional insight into adaptation to high energy flow environment

    Angiolini, L, Shiino, Y

    XIII Giornate Di Paleontologia (Università degli Studi di Perugia, Perugia, Italy) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 漂泳生か遊泳性底生か―ハイポディクラノタス問題.

    椎野勇太, 桑水流理, 鈴木雄太郎, 大野悟志, 増田智洋

    日本古生物学会2013年例会(横浜国立大学,神奈川) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Exquisite hydrodynamic morphology of the remopleuridid trilobite Hypodicranotus striatulus: Functional insights into the mode of life

    Shiino, Y, Kuwazuru, O, Suzuki, Y, Ono, S, Masuda, C

    The 5th Conference on Trilobites and their relatives (TRILO2012) (Charles University, Prague, Czech Republic) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 翼形態型腕足動物の採餌戦略と流水環境に対する殻形態の最適性 招待

    椎野勇太

    第5回evo-devo青年の会「原義の"epigenetics"から進化を理解する」(岡崎コンファレンスセンター,愛知) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • かたちの微小変化に伴う機能とその最適性

    椎野勇太, 桑水流理

    日本古生物学会2012年例会(群馬県立自然史博物館,群馬) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遊泳性三葉虫の骨格形態を用いた流体力学的研究

    椎野勇太, 桑水流理, 鈴木雄太郎, 大野悟志

    日本古生物学会2011年年会(金沢大学,金沢) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遊泳性三葉虫の骨格に秘められた流体力学的特性 招待

    椎野勇太, 桑水流理, 鈴木雄太郎, 大野悟志

    第7回NCPフォーラム(日本機械学会関西支部・機械の強度と形態研究懇話会)(まつや千千,福井) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 機能要求に相応した設計原理を示唆する形態進化仮説:凹凸形態型腕足類の例

    椎野勇太, 山田翔慧, 鈴木雄太郎, 鈴木千里

    日本古生物学会2011年例会(高知大学,高知) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スピリファー類の「翼」に隠された機能的革新

    椎野勇太, 桑水流理

    日本古生物学会2010年年会(筑波大学,つくば) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Functional innovation of spiriferide wing form: Experimental and simulation approaches to generation of passive feeding flow

    Shiino, Y, Kuwazuru, O

    The 6th International Brachiopod Congress (Holmesglen Conference Centre, Melbourne, Australia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 海に霞むルビー:ホウズキチョウチンの殻に秘められた色彩特性

    椎野勇太, 北沢公太

    日本古生物学会2010年例会(滋賀県立琵琶湖博物館,滋賀) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Computational fluid dynamics simulation on spiriferide brachiopod Paraspirifer bownockeri

    Shiino, Y, Kuwazuru, O, Yoshikawa, N

    The 9th North American Paleontological Convention (University of Cincinnati, Ohio, USA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 殻形態の機能的最適性-翼形型腕足類スピリファーの受動的採餌水流-

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    地球惑星科学連合2009年大会(幕張メッセ,千葉) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Upper Ordovician lithosomes and faunas on top of the Boda mudmound cores, Dalarna

    Suzuki, Y, Shiino, Y, Bergström, J

    Lundadagarna i Historisk Geologi och paleontology XI (Lund University, Lund, Sweden) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スピリファー類の採餌戦略

    椎野勇太

    日本古生物学会2009年例会(琉球大学,沖縄)  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tubular trace fossil ornamented with bioclasts from the upper Middle Permian Kamiyase Formation

    Seike, K, Shiino, Y, Suzuki, Y

    Ichnia 2008: Second International Congress on Ichnology (Jagiellonian University, Cracow, Poland) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 腕足類の受動的採餌流を例にした流水実験と流体解析の比較研究

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    日本古生物学会2008年年会(東北大学,宮城)  2008年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スピリファー腕足類の形態を用いた数値流体解析

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    日本古生物学会2008年年会(東北大学,宮城)  2008年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スピリファー形態型腕足類の採餌流:数値流体解析を用いて

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    地球惑星科学連合2008年大会(幕張メッセ,千葉) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 絶滅生物スピリファーの受動的採餌流形成メカニズムに関する数値流体力学的検討

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    日本計算工学会第13回計算工学講演会(仙台市民会館,宮城) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 凹凸形態型腕足類の適応戦略

    椎野勇太

    日本古生物学会2008年例会(宇都宮大学,栃木) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 絶滅腕足類の化石を用いた殻まわりのイメージベース流体解析

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会(芝浦工業大学,東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 固着領域の安定性による有関節型腕足類の行動生態:肉茎による運動と機能

    椎野勇太

    2007年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有関節型腕足類の姿勢改変能力について~現生テレブラチュラ類を例に~

    椎野勇太, 棚部一成

    日本古生物学会2007年年会(大阪市立大学,大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月 - 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 無関節型腕足類Obolidaeの軟体部情報とその意義

    椎野勇太, 鈴木雄太郎

    日本古生物学会2007年例会(徳島県立博物館,徳島) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スピリファー類(腕足類)における受動的な採餌流の形成メカニズム

    椎野勇太, 桑水流理, 吉川暢宏

    日本古生物学会2007年例会(徳島県立博物館,徳島) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中上部ペルム系上八瀬層から産出するチューブ状生痕化石

    清家弘治, 椎野勇太, 鈴木雄太郎

    日本古生物学会2007年例会(徳島県立博物館,徳島) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Concavo-convex型腕足類Waagenoconcha imperfecta (Productida) の形態

    椎野勇太

    日本古生物学会2006年例会(京都大学総合博物館,京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腕足類Waagenoconcha imperfecta (Productida) の生息時に生じる流体力学的特性

    椎野勇太

    日本古生物学会2006年例会(京都大学総合博物館,京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 北上山地上八瀬地域 中部ペルム系の堆積環境の変遷

    椎野勇太, 鈴木雄太郎

    日本古生物学会2004年年会(北九州市立自然史・歴史博物館,福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 日本古生物学会論文賞

    2022年7月   日本古生物学会   Death or Living Assemblage? The Middle Permian Discinid Brachiopods in the Kamiyasse Area, Southern Kitakami Mountains, Northeastern Japan

    増永正大, 椎野勇太

     詳細を見る

  • 日本古生物学会論文賞

    2021年7月   日本古生物学会   A morphological analysis of the flat-shaped spumellarian radiolarian Dictyocoryne: morpho-functional insights into planktonic mode of life

    椎野勇太, 栗原敏之, 一戸凌, 岸本直子, 吉野隆, 松岡篤

     詳細を見る

  • 日本古生物学会第165回例会優秀ポスター賞

    2016年1月   日本古生物学会   高速遊泳性三葉虫Hypodicranotus striatulusのhypostome:なぜ進化的鍵革新形質になり損ねたのか

    大友翔平・阿部貴洋・大森康智・鈴木雄太郎・椎野勇太・桑水流理

     詳細を見る

  • 第2013年年会優秀ポスター賞

    2013年6月   日本古生物学会   遊泳性三葉虫Remopleurides複眼:転輪羅針儀機能発現か?

    増田智洋, 鈴木雄太郎, 大野悟志, 椎野勇太

     詳細を見る

  • 第160回例会優秀ポスター賞

    2011年1月   日本古生物学会   機能要求に相応した設計原理を示唆する形態進化仮説:凹凸形態型腕足類の例

    椎野勇太, 山田翔慧, 鈴木雄太郎, 鈴木千里

     詳細を見る

  • The Award of the Alwyn Williams

    2010年2月   The 6th International Brachiopod Congress  

    椎野勇太

     詳細を見る

  • 日本古生物学会論文賞

    2008年7月   日本古生物学会   Articulatory and musculatory systems in a Permian concavo-convex brachiopod Waagenoconcha imperfecta Prendergast, 1935 (Productida, Brachiopoda)

    椎野勇太, 鈴木雄太郎

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • パレオ・バイオメカニクスから読み解く腕足動物の形態進化と多様性

    研究課題/領域番号:22K03795  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    椎野 勇太

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 化石複眼の構造-視覚機能の成熟プロセスの解明:視覚特性の進化多様性

    研究課題/領域番号:21K03736  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    鈴木 雄太郎, 生田 領野, 椎野 勇太

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 氷期に暖流域深海底で何が起きていたか -底生動物群集の変化と環境動態の解明

    研究課題/領域番号:20K04147  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    延原 尊美, 徳田 悠希, 池原 研, 椎野 勇太, 石村 豊穂

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • ジグザグ縫合面を持つオルティス類の形態機能と適応放散様式

    研究課題/領域番号:16K17827  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    椎野 勇太

      詳細を見る

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    腕足動物オルティス目は,約4.5億年前のオルドビス紀に劇的な多様化を遂げた代表的な海洋無脊椎動物である.本研究は,オルティス目に属するプラチストロフィア類の適応放散様式を理解するために,殻形態と濾過摂食水流との関係を流体力学的視点から検討することを目的とした.流水実験の結果,プラチストロフィア類が備えた殻形態は,螺旋状の渦流を受動的に形成する機能を備えていたことがわかった.また,プラチストロフィア類に特有のジグザグ縫合線は,殻内側で生じる流れを弱化させる機能を備えてることが判明した.このような形態機能によって,プラチストロフィア類に認められるロバストな適応戦略が実現されていたのかもしれない.

    researchmap

  • 変動帯における底生動物生態系の詳細マッピング -プレート運動がうみだす生物多様性

    研究課題/領域番号:26400503  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    延原 尊美, 椎野 勇太, 徳田 悠希, 池原 研

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    東海沖ではプレートの斜め沈み込みや火山弧の衝突により,様々な海底地形が発達する.東海沖全域462地点から地質調査所により採取された遺骸殻について,二枚貝類296種,腕足類33種,サンゴ類67種を同定し,海底地形に対応した群集変化や,近縁種棲み分けの事例を示した.火山島の島棚斜面や海底谷周辺の陸棚斜面では,冷水サンゴを多数伴う種多様性の高い深海生態系が認められたが,殻のAMS14C年代測定の結果,最終氷期の寒冷期に形成されたことが判明した.底生動物の種多様性は,底質や物理的撹乱の頻度, 懸濁態有機物の動態を左右する様々な地形セッティングに,海洋気候の変化が加わることを経て形成されたと思われる.

    researchmap

  • 絶滅生物のバイオメカニクス―未知なる形の機能性を探る

    研究課題/領域番号:25630047  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    椎野 勇太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    絶滅した生物には,特定の機能に特化して進化し,逆にそのせいで絶滅した「失われた機能デザイン」の例が多い.そこで本研究は,現代にはない新たな機能性の着想を目指して,すでに絶滅した翼形態型腕足動物の殻形態を用いて流体力学的研究を行った.流水実験および流体解析の結果,激動な浅海環境に適応を遂げた翼形態種パキシルテラは,流体力学的に不安定な姿勢を取りつつも,きわめて安定した渦様の濾過摂食水流を形成できることがわかった.このような“受動的渦流発生体”は,殻まわりの水流に応じて適切に殻を開閉し,ロバストな機能性を生み出していたことが明らかになった.

    researchmap

  • バイオメカニクスに基づく凹凸形態型腕足動物の初期進化

    研究課題/領域番号:24840018  2012年8月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    椎野 勇太

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    古生代の海洋底で大繁栄を遂げた無脊椎動物の腕足動物は,周辺に生じた水流に身を任せて受動的に殻の内側へ水を引き込み,採餌や呼吸を行っていた.中でも凹凸形態型腕足動物プロダクタス類は,凸状に膨らんだ腹殻を底面に向けて海底に寝そべり,あらゆる方向から水を循環させることができる適応形態であることがわかっている.受動的な水流形成のためには,堆積物上に反り立つ殻前縁部の開口部と,底面付近に位置する耳開口部の間に生じる圧力差に依存する.まるで煙突様の機能によって生み出されるこの圧力差は,海底に寝そべる姿勢によって大きく変化してしまう.したがって,前縁部と耳を形づくる殻の縁辺部は,個体まわりの微妙な環境に応じて機能不全を起こさないような流体力学的特性を維持させなくてはならない.どのような経緯でこの機能性が誕生したのかを明らかにするために,凹凸形態種の祖先にあたるストロフォメナ類レプターナの形と流れの関係を流体力学的に検討した.
    流水装置と中空殻模型を用いた流水実験の結果,レプターナの殻形態は,プロダクタス類で再現された受動的水流の形成機能と同様の役割を備えていたことがわかった.しかし流速が高くなると,堆積物上に反り立つような前縁部が大きな抵抗を生み,殻模型がひっくり返ってしまった.姿勢がひっくり返った凹凸形態種は,縁辺部が堆積物に突き刺さり,窒息して死亡するだろう.つまりレプターナの殻形態は,生息姿勢が不安定になってしまうジレンマを抱えながら,煙突様の水流形成機能を備えるように進化したと考えられる.
    本研究によって,絶滅生物の初期進化を「形の機能化」から説明する兆しが見えてきた.機能化と多様性の関係をより深く理解するためには,殻の形づくりに秘められた可塑性が鍵を握るかもしれない.さらなる標本調査や形態解析の進展が必要である.

    researchmap

  • 翼形態型腕足類の殻形態に見られる機能的最適性:受動的採餌流の形成能力とその進化

    研究課題/領域番号:10J07546  2010年 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    椎野 勇太

      詳細を見る

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    古生代中期に大繁栄した翼形態型腕足動物スピリファー類は,殻の形態機能によって自動的に殻内外の水を交換できる「ろ過機能体」であった.具体的には,翼形態種の殻正中線上に見られる湾曲部が,自動的な流入・流出を助ける圧力差を殻の開口部に生み出し,殻内側でらせん状渦流を発生させる形態機能を持つ.これによって,翼形態種が殻内側に持っている螺旋状の採餌器官を用いて効果的な採餌を行う適応形態であった.一方,「燕石」の所以でもある側方に伸びた翼様形態については,殻内側で生じる渦流に関与していることが予想されつつも,翼形態まわりに生じる乱流現象によって,具体的な機能や効果は不明であった.この問題を解決するために,翼の発達したCyrtospirifer cf. verneuiliを用いて流水実験および流体解析の比較研究を行い,その上で流体解析のデータを慎重に検討した.その結果,翼を持つスピリファーの受動的採餌水流は,翼形質の開口部付近で流れが剥離し,開口部と殻の下流側に生じる大きな剥離渦が強く影響していることがわかった.そしてこの剥離渦が開口部付近の流れを断続的に引きずるような挙動となり,殻の内側で渦が形成された.これら一連の研究結果を踏まえると,これまでに扱ってきた短翼形のスピリファー類は,水の流入と渦流の形成をサルカスだけで担う一方,長翼形のスピリファー類はサルカスの機能によって水を流入させ,翼様形質の効果によって渦流を形成していたと結論付けられる.つまり,前者は特定の安定した環境で効果を発揮し,後者は形質の持つ機能を役割分担(リスク軽減)をすることで幅広い環境へと適応することができたかもしれない.翼の未発達な種に比べ,様々な環境から長い翼を持つ種が産出することが知られており,形態機能の"ロバストさ"が幅広い適応環境を生み出していたことが強く示唆される.

    researchmap

  • 絶滅腕足類の殻形態:その流体力学的効果による受動的採餌流の形成機構と採餌効率

    研究課題/領域番号:08J10796  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    椎野 勇太

      詳細を見る

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

    今年度の目標は,絶滅した二枚貝様の底生無脊椎動物腕足類スピリファー類における流体力学的特性を,受動的な採餌水流の形成メカニズムの点から明らかにし,鍵となる殻の形質の最適性を検討することであった.初年度の研究によって,スピリファー類が受動的採餌水流を効果的に発生させるには,殻の正中線上にある湾曲部サルカスが重要な役割を果たしていることがわかっている.したがって,このサルカスの発達具合が微妙に異なれば,流入の強さも異なる可能性が考えられる.そこで,サルカスがどのような制約条件のもと最適化されていたのか検討するために,サルカスの発達具合を変化させたモデルを用いて流体解析を行った.サルカスを完全に欠如させたモデルで解析を行った結果,流入流出関係が逆転するだけでなく,殻内側で生じるはずの渦流が効果的に形成されることはなかった.また.サルカスの深さを3段階に変化させたモデルを用いて解析を行った結果,開口部における圧力差は,サルカスが深いほど大きくなることが明らかとなった.一方,殻内側の理想的流体挙動である渦状旋回流は,3段階のサルカス全てのモデルで形成されることがわかった.しかしながら深いサルカスおよび浅いサルカスとしたモデルにおける渦状旋回流の流速は,周辺流速の違いに応じて不安定であった.これら一連の結果は,より深いサルカスであれば,高い圧力差を発生しやすい上,力強い流入を可能にすることを意味する.その一方で力強い流入は,殻内側で受動的な採餌を行う上で不都合であった可能性が高い.さらに深いサルカスは,自然環境下で見られるような周辺水流の速度変化に対して過敏に機能するため,受動的採餌を行う上では不利であったと考えられる.結果的に,スピリファー類のサルカス形態は,受動的採餌を行うために,流水環境に対する機能と軟体部の最適濾過条件の関係によって制約を受けている可能性が示唆される.

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 生物と環境

    機関名:埼玉東萌短期大学

     詳細を見る

  • 地学

    機関名:東京農工大学

     詳細を見る

  • 地史学特論

    機関名:早稲田大学

     詳細を見る

  • 古生物学特論

    機関名:早稲田大学

     詳細を見る

  • 地学概論

    機関名:東京学芸大学

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 理学基礎演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質フィールド実習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習B

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習I

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 論文講読演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅱ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義I

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅰ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • Earth Science todayⅡ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習III

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 古生物学B

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地層・古生物学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2018年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習a

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎B

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質学入門b

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 専門力アクティブ・ラーニング

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義II

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習b

    2017年
    機関名:新潟大学

  • フィールド体験実習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地史学原理

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地史学A

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 古生物学A

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • コミュニケーション実習

    2016年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習II

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • セミナー

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 古生物学実験

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学科)

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 海洋生物学実験

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 進化形態学

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習I

    2014年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習III

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 古無脊椎動物学実験

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習基礎

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 泳ぐ三葉虫―化石から生態を探る

    役割:講師

    朝日カルチャーセンター中之島教室  朝日カルチャーオンライン講座  2020年9月

     詳細を見る

  • 二枚貝じゃない?スローライフな腕足動物の謎.

    役割:講師

    葛西臨海水族園  高校生・大学生向け講座「海の学び舎や」「生き物は見た目じゃない-じゃない生物-」  2019年11月

     詳細を見る

  • やるきの無さが成功の秘訣!?腕足動物の無気力で巧みな機能戦略

    役割:講師

    いきもにあ2017  いきもにあ2017  2017年11月

     詳細を見る

  • 絶滅生物の“かたち”に隠された謎に迫る

    役割:講師

    地球惑星科学NYS  地球惑星科学NYS2015  2015年10月

     詳細を見る

  • 三葉虫の機能美―収集と研究の立場から

    役割:パネリスト, 講師

    岐阜県立博物館  三葉虫の機能美―収集と研究の立場から  2015年8月

     詳細を見る

  • 化石が紐解く地球生命史

    役割:講師

    新潟県立高田高校  SSHミラクルサイエンスI  2014年7月

     詳細を見る

  • 腕足動物のアーキテクチャ―消極的な生存戦略を実現した巧みな機能デザイン

    役割:講師

    東京大学総合研究博物館小石川分館  建築博物教室第1回公開ギャラリーセミナー  2014年3月

     詳細を見る

  • 古生物の教室―北上山地の生い立ちを探る

    役割:講師

    東京大学総合研究博物館  東大教室@大槌  2013年10月

     詳細を見る

  • 古生物の教室

    役割:講師

    インターメディアテク(IMT)  IMTカレッジ「東大教室2013夏」  2013年7月

     詳細を見る

  • 絶滅腕足動物―機能を追及した奇妙なデザイン

    役割:講師

    杉並区立科学館  杉並区立科学館自然科学ワークショップ「生物の形を読み解く」  2013年2月

     詳細を見る

  • 形態進化に魅入られて~"いち古生物研究者"への道のり~

    役割:講師

    静岡大学  未来の科学者養成講座・キャリアデザインワークショップ  2012年9月

     詳細を見る

  • 流体力学的アプローチから探る絶滅生物の形態進化

    役割:講師

    ソフトウェアクレイドル  ソフトウェアクレイドル・ユーザーカンファレンス2011(セルリアンタワー,東京)  2011年10月

     詳細を見る

  • 地質の日・記念イベント「化石からみる地球のなり立ちのお話しと化石採集」

    役割:講師

    石と賢治のミュージアム  地質の日・記念イベント  2011年5月

     詳細を見る

  • 地質の日・記念イベント「化石のお話と化石採り」

    役割:講師

    石と賢治のミュージアム  地質の日・記念イベント  2010年5月

     詳細を見る

▶ 全件表示