基本情報

写真a

渡邊 裕美

WATANABE Yumi


学系

医歯学系

系列

基礎医学系列

職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),分子医学,九州大学,課程,2000年01月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,日本学術振興会特別研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 地域予防医学,助教,2014年04月 ~ 2017年04月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 地域予防医学,講師,2017年05月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 神経化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between dialysis treatment and cognitive decline: A study from the Project in Sado for Total Health (PROST), Japan.,Watanabe Y, Kitamura K, Nakamura K, Sanpei K, Wakasugi M, Yokoseki A, Kabasawa K, Onodera O, Ikeuchi T, Kuwano R, Momotsu T, Narita I, Endo N,Geriatrics & gerontology international,2016年11月,英語

    DOI:10.1111/ggi.12937,研究論文(学術雑誌),共著

  • Rural-urban differences in the prevalence of cognitive impairment in independent community-dwelling elderly residents of Ojiya city, Niigata Prefecture, Japan.,Nakamura K, Kitamura K, Watanabe Y, Shinoda H, Sato H, Someya T,Environmental Health and Preventive Medicine,2016年06月,英語

    DOI:10.1007/s12199-016-0542-2,研究論文(学術雑誌),共著

  • Modifiable Factors Associated with Cognitive Impairment in 1,143 Japanese Outpatients: The Project in Sado for Total Health (PROST).,Kitamura K, Watanabe Y, Nakamura K, Sanpei K, Wakasugi M, Yokoseki A, Onodera O, Ikeuchi T, Kuwano R, Momotsu T, Narita I, Endo N,Dementia and geriatric cognitive disorders extra,Vol.6,No.2, pp.341-349,2016年05月,英語

    DOI:10.1159/000447963,研究論文(学術雑誌),共著

  • Elevated C-reactive protein is associated with cognitive decline in outpatients of a general hospital: The Project in Sado for Total Health (PROST),Watanabe Y. · Kitamura K, · Nakamura K, · Sanpei K. · Wakasugi M. · Yokoseki A. · Onodera O. · Ikeuchi T. Kuwano R. · Momotsu T,· Narita I. · Endo N.,Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra,Vol.6, pp.10-19,2016年01月,英語

    DOI:10.1159/000442585,研究論文(学術雑誌),共著

  • Association between Dietary Intake and Bone Mineral Density in Japanese Postmenopausal Women: The Yokogoshi Cohort Study.,Hirata H, Kitamura K, Saito T, Kobayashi R, Iwasaki M, Yoshihara A, Watanabe Y, Oshiki R, Nishiwaki T, Nakamura K,The Tohoku journal of experimental medicine,Vol.239,No.2, pp.95-101,2016年,英語

    DOI:10.1620/tjem.239.95,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 免疫細胞活性化に関与するアダプター分子,渡邊 裕美、渡邊 武,臨床免疫,Vol.34, pp.617-626,2000年,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,Nakamura K, Kitamura K, Watanabe Y, Shinoda H, Sato H, Someya T

  • 特別研究員奨励費,2011年04月 ~ 2014年03月,シナプス開口放出を担うシンタキシン1A、1B分子の機能の違いとその原因の探索

  • 特別研究員奨励費,1996年04月 ~ 1999年03月,脳脈絡叢が分泌する新たな神経栄養因子・サイトカインの同定と遺伝子の単離