基本情報

写真a

大竹 雄

OTAKE Yu


学系

自然科学系

系列

生産デザイン工学系列

職名

准教授

生年

1978年

ホームページ

https://yu-otake.net/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  総合理工学研究科  人間環境システム専攻

    修士課程,1991年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),地盤工学,岐阜大学,論文,2007年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 建設学科 土木工学,准教授,2014年08月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 工学部 工学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Procedure to Determine Resistance Factors for a Newly Developed Rotation Steel Pile,Yu Otake, Y. Honjo and T. Kusano,Proc. of Geotechnical Safety and Risk V, T., Schweckendiek, A.F., van Tol, D. Pereboom, M.Th. van Staveren and P.M.C.B.M., Cools eds, pp.338-343,2015年,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Continuous River Levee Safety Assessment Based on a Reliability Analysis,Yu Otake, Y. Honjo, Y. Hiramatsu, K. Lee and T. Kodaka,Proc. of Geotechnical Safety and Risk V, T., Schweckendiek, A.F., van Tol, D. Pereboom, M.Th. van Staveren and P.M.C.B.M., Cools eds, pp.563-568,2015年,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • On the Inspection of River Levee Safety in Japan by MLIT,Y. Honjo, H. Mori, M. Ishihara and Y. Otake,Proc. of Geotechnical Safety and Risk V, T., Schweckendiek, A.F., van Tol, D. Pereboom, M.Th. van Staveren and P.M.C.B.M., Cools eds, pp.855-860,2015年,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Seismic Risk Management of a Canal System Model,T. Hara, T. Kato, M. Nonoyama, Y. Otake and Y. Honjo,Proc. of Geotechnical Safety and Risk V, T., Schweckendiek, A.F., van Tol, D. Pereboom, M.Th. van Staveren and P.M.C.B.M., Cools eds, pp.115-120,2015年,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 基礎構造物の性能設計,第19回地盤パラメータのモデル化,大竹雄,基礎工,2015年,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,総合技術科学演習,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,地盤工学III,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,測量学実習(工),2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,卒業研修,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,卒業研修又は基礎設計,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

全件表示 >>