基本情報

写真a

片貝 智哉

KATAKAI Tomoya


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

免疫学、リンパ節、ストローマ細胞

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/zoo/welcome.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  理学部  生物学科

    大学,1994年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  自然科学研究科  生命システム科学

    博士課程,1999年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),免疫学,新潟大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学,教授,2014年09月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 遺伝子実験施設,助手,2000年04月 ~ 2004年03月

  • 京都大学 大学院医学研究科附属ゲノム医学センター,助手,2004年04月 ~ 2007年02月

  • 京都大学 医学部附属病院探索医療センター,助教,2007年03月 ~ 2007年07月

  • 関西医科大学 附属生命医学研究所,講師,2007年07月 ~ 2014年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会,1994年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,1996年01月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Distinct Subset of Fibroblastic Stromal Cells Constitutes the Cortex-Medulla Boundary Subcompartment of the Lymph Node.,Takeuchi A, Ozawa M, Kanda Y, Kozai M, Ohigashi I, Kurosawa Y, Rahman MA, Kawamura T, Shichida Y, Umemoto E, Miyasaka M, Ludewig B, Takahama Y, Nagasawa T, Katakai T,Frontiers in immunology,Vol.9, p.2196,2018年09月,英語

    DOI:10.3389/fimmu.2018.02196,研究論文(学術雑誌),共著

  • Visualizing the Rapid and Dynamic Elimination of Allogeneic T Cells in Secondary Lymphoid Organs.,Kanda Y, Takeuchi A, Ozawa M, Kurosawa Y, Kawamura T, Bogdanova D, Iioka H, Kondo E, Kitazawa Y, Ueta H, Matsuno K, Kinashi T, Katakai T,Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950),Vol.201,No.3, pp.1062-1072,2018年08月,英語

    DOI:10.4049/jimmunol.1700219,研究論文(学術雑誌),共著

  • Live Imaging of Interstitial T Cell Migration Using Lymph Node Slices.,Katakai T,Methods Mol Biol,Vol.1763,2018年,英語

    DOI:10.1007/978-1-4939-7762-8_4,研究論文(学術雑誌),単著

  • Extensively reorganized systemic lymph nodes provide a feasible environment for self-reactivity in lupus-prone NZB/NZW F1 mice. ,Kurosawa Y, Ozawa M, Kanda Y, Takeuchi A, Kawamura T, Narita I, Katakai T,Int Immunol,Vol.29,2017年12月,英語

    DOI:10.1093/intimm/dxx066,研究論文(学術雑誌),共著

  • Essential role of CCL21 in establishment of central self-tolerance in T cells.,Kozai M, Kubo Y, Katakai T, Kondo H, Kiyonari H, Schaeuble K, Luther SA, Ishimaru N, Ohigashi I, Takahama Y,J Exp Med,Vol.214,2017年,英語

    DOI:10.1084/jem.20161864,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「蛍光イメージングで探るリンパ節の動的細密構造」,片貝智哉,臨床免疫・アレルギー科,Vol.69,No.4, pp.326-332,2018年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 「Q89 リンパ組織のストローマ細胞はどのように調製すればよいでしょうか?」,片貝智哉,羊土社,実験医学別冊「フローサイトメトリーQ&A」(戸村道夫編), pp.268-271,2017年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 「リンパ節の組織微小環境に制御されるT細胞の高速遊走」,片貝智哉,生化学,Vol.88,No.5, pp.615-620,2016年10月,日本語

    DOI:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880615,総説・解説(学術雑誌),単著

  • 「リンパ節におけるTリンパ球の動態制御機構」,片貝智哉,新潟医学会雑誌,Vol.130,No.5, pp.269-274,2016年05月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 「免疫細胞が活動する現場で何が起こっているのか 〜DynamicかつVividな組織微小環境のイメージを求めて」,片貝智哉,新潟県医師会報,Vol.778,No.1, pp.2-7,2015年01月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生体防御と感染(免疫学),2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2018年度,生体防御と感染(医動物学),2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,生体防御と感染(医動物学),2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2017年度,生体防御と感染(免疫学),2017年04月 ~ 2017年09月,専任