基本情報

写真a

齋藤 修

SAITOH Osamu


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

助教

研究室住所

新潟市中央区旭町通2番町746

メールアドレス

メールアドレス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  保健学研究科

    博士課程,2017年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学),生理機能検査学,新潟大学,課程,2017年03月

  • 修士(保健学),生理機能検査学,新潟大学,課程,2013年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部 保健学科 検査技術科学専攻,助教,2014年11月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 登録衛生検査所 日本外科病理研究所,職員(医療系),1998年04月 ~ 2000年09月

  • 医療法人博医会 新潟こばり病院,職員(医療系),2000年10月 ~ 2009年09月

  • 新潟県厚生農業協同組合連合会 新潟医療センター,職員(医療系),2009年10月 ~ 2014年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本不整脈心電学会,2015年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本循環器学会,2013年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心エコー図学会,2007年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心臓病学会,2012年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本超音波検査学会,2001年05月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Electrode contact force-controlled bipolar radiofrequency ablation: Different effects on lesion size between dual and single bath preparations,Chinushi M, Saitoh O, Watanabe J, Sugai A, Suzuki K, Hosaka Y, Furushima H,Pacing and Clinical Electrophysiology,Vol.40,No.3, pp.223-231,2017年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 血圧調整における左右腎交感神経興奮の役割 (実験モデルの神経電気刺激と高周波アブレーション),池主雅臣,鈴木克弥,齋藤修,大矢佳奈,飯嶋賢一,佐藤光希,和泉大輔,古嶋博司,心臓,Vol.48,No.6, pp.608-616,2016年06月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 器質的心疾患例の心室不整脈と自律神経興奮,池主雅臣,齋藤修,奥田明子,古嶋博司,心電図,Vol.36,No.1, pp.31-37,2016年02月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Electrical stimulation based evaluation for functional modification of renal autonomic nerve activities induced by catheter ablation,Chinushi M, Suzuki K, Saitoh O, Furushima F, Iijima K, Izumi D, Sato A, Sugai M, Iwafuchi M.,Heart Rhythm,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Frequency Characteristics and Associations with the Defibrillation Threshold of Ventricular Fibrillation in Patients with Implantable Cardioverter Defibrillators,Iijima K, Chinushi M, Saitoh O, Hasegawa K, Sonoda K, Yagihara N, Sato A, Izumi D, Watanabe H, Furushima H, Aizawa Y, Minamino ,Internal Medicine,Vol.54,No.10, pp.1175-1182,2015年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 鼓動のリズムバランスを感じ診る,池主雅臣,齋藤修,奥田明子,ライフサイエンス出版,Therapeutic Research,Vol.36,No.10, pp.863-867,2015年10月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 慢性腎臓病(CKD)合併心房細動例における坑凝固療法,池主雅臣、齋藤修、奥田明子,メディカルレビュー社,Cardio-Coagulation,Vol.1,No.4, pp.249-256,2014年12月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 高血圧に対する腎動脈交感神経アブレーション,齋藤修,池主雅臣,不整脈治療 update,Vol.1, pp.179-186,2014年07月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • QRS幅、波高を規定する要因と臨床的意義,池主雅臣、齋藤修,医学出版社,レジデント,Vol.7,No.3, pp.22-30,2014年03月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 症例問題で腕試し!心電図トレーニング,池主雅臣、齋藤修,羊土社,レジデントノート,Vol.15,No.1, pp.95-106,2013年04月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回日本循環器学会コメディカル最優秀賞,2016年03月19日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本循環器学会,齋藤修

  • 第34回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会 優秀演題賞,2014年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究,齋藤修

  • 第29回日本心電学会学術集会 コメディカルセッション優秀賞,2012年10月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本心電学会,齋藤修

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年 ~ 2018年,Bipolarアブレーション治療を安全・効果的に臨床導入するための通電指標構築

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 81st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society,Masaomi Chinushi, Osamu Saitoh, Junya Watanabe, Ayari Sugai, Mika Sugai, Mitsuya Iwafuchi, Katsuya Suzuki, Kenichi, Iijima, Akinori Sato, Daisuke Izumi, Hiorshi Furushima,国内会議,2017年03月,Arrhythmogenesis in enhanced renal autonomic nerve activity and therapeutic option of the proximal renal artery ablation for life-threatening ventricular arrhythmias,口頭(一般)

  • The 81st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society,Masaomi Chinushi, Osamu Saitoh, Junya Watanabe, Ayari Sugai, Katsuya Suzuki, Kenichi, Iijima, Akinori Sato, Daisuke Izumi, Hiorshi Furushima,国内会議,2017年03月,Bepridil has a therapeutic effect for cardio-sympathetic activity-induced ventricular arrhythmia without affecting the baseline autonomic balance while preserving the hemodynamic responses by sympathetic stimulation.,口頭(一般)

  • 第81回 日本循環器学会学術集会,Osamu Saitoh, Junya Watanabe, Ayari Sugai, Katsuya Suzuki, Yukio Hosaka, Hiroshi Furushima, Masaomi Chinushi,国内会議,2017年03月,Bipolar ablation using longer delivering time vs. higher energy: Gentle impedance decrement better for avoiding complications while obtaining similar lesion,ポスター(一般)

  • 第81回 日本循環器学会学術集会,渡辺順也、齋藤修、菅井綾里、鈴木克弥、藤原直士、古嶋博司、池主雅臣,国内会議,2017年03月,低温負荷による不整脈基盤の誘導(低体温療法模倣モデルを用いた検討),口頭(一般)

  • The 9th. Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session,Osamu Saitoh, Junya Watanabe, Ayari Sugai, Katsuya Suzuki, Minoru Tagawa, Hiroshi Furushima, Masaomi Chinushi,国際会議,2016年10月,Seoul, Korea,Establishment of additional electrical parameters for safely and effectively performing bipolar radiofrequency ablation. Observations from an experimental study.,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,人体機能構造学Ⅱ,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,循環器機能検査科学,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,情報科学概論演習,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,人体の構造と機能Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,卒業研究,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>