基本情報

写真a

奥田 明子

OKUDA Akiko


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学,分子生物学,東邦大学,課程,2004年01月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部 保健学科 検査技術科学専攻,助教,2014年11月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業さきがけ,研究員,2003年11月 ~ 2006年03月

  • 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業SORST,研究員,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 大坂大谷大学 薬学部,助教,2007年04月 ~ 2014年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会,1997年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ペプチド学会,2006年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 生物試料分析科学会,2015年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床化学会,2016年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用薬理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査技師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • サイトゾル移行型ドラッグデリバリーを用いた生体治療(心筋梗塞モデルでの検証),2017年04月 ~ 2019年03月

    ドラッグデリバリーシステム,応用薬理学,国内共同研究,科学研究費補助金

  • サイトゾルにおける膜透過性ペプチド(CPP)のリアルタイムイメージング,2013年04月 ~ 2017年03月

    ドラッグデリバリー,応用薬理学,個人研究,科学研究費補助金

  • 効果的な薬物送達を目指した塩基性ペプチドによる細胞質内移行メカニズムの解明,2008年04月 ~ 2009年03月

    ドラッグデリバリー,応用薬理学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Poly(ADP-ribose) polymerase inhibitors activate the p53 signaling pathway in neural stem/progenitor cells,Akiko Okuda, Suguru Kurokawa, Masanori Takehashi, Aika Maeda, Katsuya Fukuda, Yukari Kubo, Hyuma Nogusa, Tomoka Takatani-Nakase, Shujiro Okuda, Kunihiro Ueda, Seigo Tanaka,BMC Neuroscience,Vol.18,No.1,2017年01月,英語

    DOI:10.1186/s12868-016-0333-0,研究論文(学術雑誌),共著

  • Cell-surface accumulation of flock house virus-derived peptide leads to efficient internalization via micropinocytosis,Ikuhiko Nakase, Hisaaki Hirose, Gen Tanaka, Akiko_Tadokoro, Sachiko Kobayashi, Toshihide Takeuchi and Shiroh Futaki,Molecular Therapy,Vol.17,No.11, pp.1868-1876,2009年11月,英語

    DOI:10.1038/mt.2009.192,研究論文(学術雑誌),共著

  • Novel system to achieve one-pot modification of cargo molecules with oligoarginine vectors for intracellular delivery,Kentaro Takayama, Akiko Tadokoro, Sílvia Pujals, Ikuhiko Nakase, Ernest Giralt and Shiroh Futaki,Bioconjugate Chemistry ,Vol.20,No.2, pp.249-257,2009年02月,英語

    DOI:10.1021/bc800327f,研究論文(学術雑誌),共著

  • Arginine-rich peptides and their internalization mechanisms,Shiroh Futaki, Ikuhiko Nakase, Akiko Tadokoro, Toshihide Takeuchi, and Arwyn T. Jones,Biochemical Society Transactions ,Vol.35,No.4,2007年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Acid wash in determining cellular uptake of Fab/cell-permeating peptide conjugates,Shouju Kameyama, Mayo Horie, Takeo Kikuchi, Takao Omura, Akiko Tadokoro, Toshihide Takeuchi, Ikuhiko Nakase, Yukio Sugiura, and Shiroh Futaki,Biopolymers ,Vol.88,No.2, pp.98-107,2007年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会JB論文賞受賞,2005年06月,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,日本生化学会,Akiko Tadokoro, Hidemi Hayashi, Toshihiko Kishimoto, Yasutaka Makino, Shingo Fujisaki, and Yukinobu Nishimura

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2019年03月,サイトゾル移行型ドラッグデリバリーを用いた生体治療(心筋梗塞モデルでの検証)

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2017年03月,サイトゾルにおける膜透過性ペプチド(CPP)のリアルタイムイメージング

    膜透過性ペプチド(CPP)を用い、細胞への効果的な化合物導入法の開発を目指す。細胞種、ペプチド配列の組み合わせによる導入効率の比較検討を行い、共焦点レーザー顕微鏡によるリアルタイムイメージング法を開発する。

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2009年03月,効果的な薬物送達を目指した塩基性ペプチドによる細胞質内移行メカニズムの解明

    基性ペプチドは、主に通常の物質取り込み経路であるエンドサイトーシスにより細胞内へと導入される。しかし細胞内への移行をリアルタイムで示した例はない。本課題では、蛍光タンパク質の再構成系を応用し、共焦点レーザー顕微鏡により細胞質内への移行を捉えることに成功した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第27回 生物試料分析科学会年次学術集会,齊藤里佳、奥田明子、内山美枝子,国内会議,2017年02月,妊娠女性が行うマタニティ・ヨーガが唾液コルチゾールと唾液クロモグラニンAに与える影響,口頭(一般)

  • Institute for chemical research international symposium 2016,Akiko Okuda, Hisaaki Hirose, Shiroh Futaki,国際会議,2016年03月,A new method to detect interactions between CPP-delivered protein and intracellulare target protein,ポスター(一般)

  • 日本薬学会 第135年会,奥田明子、角北美幸、足立壮、延安英子、廣瀬久昭、二木史朗、竹橋正則、田中静吾,国内会議,2015年03月,膜透過ペプチドを用いた導入タンパク質の相互作用検出方法,ポスター(一般)

  • 日本薬学会 第134年会 (熊本),奥田明子、竹橋正則、田中静吾,国内会議,2014年03月,PARP-1による神経幹細胞の増殖制御,ポスター(一般)

  • 日本薬学会 第134年会 (熊本),小野友久、中嶋瀬里奈、片山健太郎、奥田明子、田中静吾、竹橋正則,国内会議,2014年03月,ポリ(ADP-リボシル)化の抑制が精子幹細胞に与える影響,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,病態化学分析学実習Ⅱ,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,病態化学分析学実習Ⅱ,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,人体の構造と機能Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,卒業研究,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,スタディスキルズ (検査),2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>