基本情報

写真a

有森 直子

ARIMORI Naoko


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

教授

研究室住所

新潟市中央区旭町通2番町746

研究分野・キーワード

遺伝看護学、意思決定、母性看護学、助産学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-0948

ホームページ

https://www.clg.niigata-u.ac.jp/~arimori/

プロフィール

遺伝医療とリプロダクションに関するケアを中心に研究を行っています。特に、意思決定支援の教育プログラムに取り組んでいます。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 聖路加看護大学  看護学部

    大学,1984年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 聖路加看護大学  看護学研究科

    博士課程,2005年09月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • (看護学),生涯発達看護学,聖路加看護大学,論文,2005年09月

  • 修士(看護学),生涯発達看護学,聖路加看護大学,課程,1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部 保健学科 看護学専攻,教授,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 聖路加看護大学 母性看護学・助産学,助手,1996年04月 ~ 1997年03月

  • 聖路加看護大学 母性看護学・助産学,講師,1997年04月 ~ 2005年09月

  • 聖路加看護大学 母性看護・助産学,准教授,2005年10月 ~ 2007年03月

  • 聖路加看護大学  看護実践開発研究センター,教授,2012年04月 ~ 2014年03月

  • 聖路加国際大学 研究センター ,教授,2014年04月 ~ 2015年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本看護科学学会,,日本国

  • 聖路加看護学会,,日本国

  • 日本生命倫理学会,,日本国

  • 日本母性衛生学会,,日本国

  • 日本人類遺伝学会,,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生涯発達看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • 助産師

  • 看護師

  • 認定遺伝カウンセラー

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 学士課程助産学コース修了生の就業動向と助産学プログラムの成果と課題,関島 香代子, 西方 真弓, 石田 真由美, 佐藤 悦, 有森 直子, 定方 美恵子,新潟大学保健学雑誌,Vol.16,No.1, pp.33-43,2019年05月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 市民のヘルスリテラシー向上をめざしたeラーニング教材の評価 健康情報を入手する力に焦点を当てて,高橋 恵子, 佐藤 晋巨, 菱沼 典子, 松本 直子, 廣瀬 清人, 中山 和弘, 亀井 智子, 有森 直子, 藤田 寛之, 朝川 久美子,聖路加国際大学紀要,Vol.5, pp.29-36,2019年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • ダウン症候群児の家族、看護学生、専門職が協働した体験 ダウン症候群児の成育プログラムの実施を通して,有田 美和, 有森 直子,聖路加看護学会誌,Vol.22,No.1-2, pp.21-29,2019年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 遺伝/ゲノム医療に関わる看護職に期待されること,有森 直子, 青木 美紀子, 須坂 洋子, 武田 祐子, 溝口 満子, 森屋 宏美, 日本遺伝看護学会遺伝看護専門職検討委員会,日本遺伝看護学会誌,Vol.17,No.1, pp.63-78,2018年08月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 生殖看護と意思決定支援,有森 直子,日本生殖看護学会誌,Vol.15,No.1, pp.55-57,2018年06月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 遺伝/ゲノム看護,有森 直子, 溝口 満子, 井ノ上 逸朗,医歯薬出版,2018年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • アセスメントスキルを修得し質の高い周産期ケアを追求する,有森 直子,医歯薬出版,2015年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • プリンシプルを修得し女性・家族に寄り添い健康を支える,有森 直子,医歯薬出版,2015年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 助産診断・技術学,横尾 京子, 石井 邦子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 中林 正雄, 堀内 成子,医学書院,2013年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 遺伝カウンセラーのための倫理事例集,Julie A. Maley, 日本遺伝看護研究会, 松田 一郎, 長谷川 知子, 有森 直子,[日本遺伝看護研究会],2005年,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 患者会等支援事業における新たな研修会の報告 ホワイトボード・ミーティングの手法を用いて,中村 由唯, 横野 朋恵, 豊岡 寿美子, 渡部 葉子, 有森 直子,日本難病看護学会誌,Vol.24,No.1, p.56,2019年07月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 意思の伝達が困難になっていくALS患者への関わり 看護師は患者の訴えをどのように捉えていたか,古俣 亜沙子, 明田川 風花, 古川 あきは, 福田 千恵子, 有森 直子,日本難病看護学会誌,Vol.24,No.1, p.67,2019年07月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 市民と保健医療専門職におけるPeople-Centered Careパートナーシップの関連要因,高橋 恵子, 朝澤 恭子, 有森 直子, 亀井 智子, 麻原 きよみ, 菱沼 典子, 大森 純子, 新福 洋子,日本看護科学学会学術集会講演集38回,2018年12月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 意思決定の葛藤尺度短縮版(SURE test)の日本語版開発 言語的妥当性の検討,大坂 和可子, 江藤 亜矢子, 青木 頼子, 北 奈央子, 有森 直子, 中山 和弘,日本看護科学学会学術集会講演集38回,2018年12月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • A市における妊活応援セミナーの実践報告,長谷川 久美子, 有森 直子,母性衛生,Vol.59,No.3, p.292,2018年09月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2024年03月, 市民と保健医療者が共に考える「市民主導型ケア」教材のグローバルスタンダード開発

  • 挑戦的萌芽研究,2019年04月 ~ 2021年03月,遺伝/ゲノム看護に関する遺伝性疾患別データベース構築にむけたコンテンツの開発

    遺伝性疾患は、ゲノム・遺伝子の変化が原因となる疾患の総称と定義されその数は数千に及ぶ。一方で多くが希少疾患のため、看護職が同じ疾患を持つ患者に出会うことも少なく、看護を共有する機会も少ない。遺伝性疾患の多くが完治の見込みは低いが、生活の質を向上する事は可能であり、看護の専門性が発揮される。「遺伝情報を家系内で共有する」という特殊性を考慮した質の高い看護の提供をめざし、生活全般に関する看護のデータベースを確立し、看護職がアクセスできるシステム構築が期待される。
     本研究の目的は、遺伝性疾患別の看護のデータベース構築の基礎となるコンテンツを明らかにし、モデルデータベースを開発し評価することである。

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2022年03月,当事者視点のQOL評価を導入したハイリスク妊婦の支援モデルの開発

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 2022年03月,産科医療施設における倫理的葛藤を低減する共有意思決定教育プログラムの介入研究

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2020年03月,看護と工学の協働による次世代型助産実践能力育成プログラムの開発

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学令和元年度 U-goグラント,2019年09月 ~ 2020年09月,ヒトゲノムの多様性を理解し自分らしく生きる力を醸成する生涯教育ー市民としての意思決定学習から医療におけるパートナーシップ形成学習までー

    新潟大学

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 認知症の人の意思決定支援のあり方に関する研究事業,2018年06月 ~ 2019年03月,一般受託研究

  • 当事者視点のQOL評価を導入したハイリスク妊婦の支援モデルの開発,2018年04月 ~ 2022年03月,日本学術振興会,一般受託研究

  • 産科医療施設における倫理的葛藤を低減する共有意思決定教育プログラムの介入研究,2017年04月 ~ 2022年03月,日本学術振興会,一般受託研究

  • 分かち合いから得られる出産の多様性と共通性,2016年11月 ~ 2018年12月,トヨタ財団,一般受託研究

  • 看護と工学の協働による次世代型助産実践能力育成プログラムの開発,2016年04月 ~ 2020年03月,日本学術振興会,一般受託研究

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,遺伝看護学演習Ⅱ,2020年12月 ~ 2021年02月,専任

  • 2020年度,助産学原論,2020年12月 ~ 2021年02月,専任

  • 2020年度,セクシュアリティ・スタディーズ,2020年10月 ~ 2021年02月,専任

  • 2020年度,人体発生学,2020年10月 ~ 2021年02月,専任

  • 2020年度,遺伝と分子生物学,2020年10月 ~ 2021年02月,専任

全件表示 >>