基本情報

写真a

竹内 新

TAKEUCHI Arata


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),免疫学,千葉大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学,助教,2015年04月 ~ 2018年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学,准教授,2019年01月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人理化学研究所 免疫アレルギー科学総合研究センター,研究員,2002年04月 ~ 2013年03月

  • 独立行政法人理化学研究所 統合生命医科学研究センター,研究員,2013年04月 ~ 2015年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会,1997年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本免疫学会,1999年07月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Essential Role of Canonical NF-κB Activity in the Development of Stromal Cell Subsets in Secondary Lymphoid Organs.,Bogdanova D, Takeuchi A, Ozawa M, Kanda Y, Rahman MA, Ludewig B, Kinashi T, Katakai T,Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950),2018年11月,英語

    DOI:10.4049/jimmunol.1800539,研究論文(学術雑誌),共著

  • Visualizing the Rapid and Dynamic Elimination of Allogeneic T Cells in Secondary Lymphoid Organs.,Kanda Y, Takeuchi A, Ozawa M, Kurosawa Y, Kawamura T, Bogdanova D, Iioka H, Kondo E, Kitazawa Y, Ueta H, Matsuno K, Kinashi T, Katakai T,Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950),2018年06月,英語

    DOI:10.4049/jimmunol.1700219,研究論文(学術雑誌),共著

  • A Distinct Subset of Fibroblastic Stromal Cells Constitutes the Cortex-Medulla Boundary Subcompartment of the Lymph Node.,Takeuchi A, Ozawa M, Kanda Y, Kozai M, Ohigashi I, Kurosawa Y, Rahman MA, Kawamura T, Shichida Y, Umemoto E, Miyasaka M, Ludewig B, Takahama Y, Nagasawa T, Katakai T,Frontiers in immunology,Vol.9, p.2196,2018年,英語

    DOI:10.3389/fimmu.2018.02196,研究論文(学術雑誌),共著

  • Extensively re-organized systemic lymph nodes provide a feasible environment for self-reactivity in lupus-prone NZB × NZW F1 mice.,Kurosawa Y, Ozawa M, Kanda Y, Takeuchi A, Kawamura T, Narita I, Katakai T,International immunology,Vol.29,No.12, pp.567-579,2017年12月,英語

    DOI:10.1093/intimm/dxx066,研究論文(学術雑誌),共著

  • CD4 CTL, a Cytotoxic Subset of CD4<sup>+</sup> T Cells, Their Differentiation and Function.,Takeuchi A, Saito T,Frontiers in immunology,Vol.8, p.194,2017年02月,英語

    DOI:10.3389/fimmu.2017.00194,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>