基本情報

写真a

大貫 尚志

OHNUKI Hisashi


職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学部

    大学,2007年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医歯学総合研究科  口腔生命科学専攻

    博士課程,2012年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),新潟大学,課程,2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 口腔外科系歯科 顎顔面口腔外科,助教,2015年06月 ~ 継続中

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cyclic mechanical pressure-loading alters epithelial homeostasis in a three-dimensional in vitro oral mucosa model: Clinical implications for denture-wearers.,Shiomi A, Izumi K, Uenoyama A, Saito T, Saito N, Ohnuki H, Kato H, Kanatani M, Nomura S, Egusa H, Maeda T, J Oral Rehabil,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Zoledronic acid impairs re-epithelialization through down-regulation of integrin αvβ6 and transforming growth factor beta signalling in a three-dimensional in vitro wound healing model.,Saito T, Izumi K, Shiomi A, Uenoyama A, Ohnuki H, Kato H, Terada M, Nozawa-Inoue K, Kawano Y, Takagi R, Maeda T,Int J Oral Maxillofac Surg,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠の関与が疑われたMallory-Weiss症候群の1例,黒川 亮,児玉泰光,嵐山貴徳,大貫尚志,高木律男,日本有病者歯科医療学会雑誌,2014年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 周術期にブルガダ症候群と診断された下顎骨骨折の1例,大貫尚志,児玉泰光,黒川亮,嵐山貴徳,永井孝宏,和泉大輔,髙木律男,日本口腔顎顔面外傷学会雑誌,2014年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 新潟中央病院歯科口腔外科における歯科インプラント治療についての臨床統計的検討,大貫尚志,鶴巻浩,黒川亮,勝見祐二,新潟歯学会雑誌,2014年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2014年03月,BRONJに伴う口腔粘膜創傷治癒不全に対するビタミンB3の治療効果の検討