基本情報

写真a

大谷 真広

OTANI Masahiro


学系

自然科学系

職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (農学),園芸科学,新潟大学,課程,2015年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科,特任助教,2015年07月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 農学部 農学科,助教,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物細胞分子生物学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

  • 園芸学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物学会,2015年07月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 園芸科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Isolation and characterization of rice cesium transporter genes from a rice-transporter-enriched yeast expression library.,Yamaki T., Otani M., Ono K., Mimura T., Oda K., Minamii T., Matsumoto S., Matsuo Y., Kawamukai M., Akihiro T.,Physiologia Plantarum,2017年05月,英語

    DOI:10.1111/ppl.12569.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Overexpression of the gibberellin 20-oxidase gene from Torenia fournieri resulted in modified trichome formation and terpenoid metabolities of Artemisia annua L.,Inthima P.,Nakano M., Otani M., Niki T., Nishijima T., Koshioka M., Supaibulwatana K.,Plant Cell, Tissue and Organ Culture,Vol.129,No.2, pp.223-236,2017年05月,英語

    DOI: 10.1007/s11240-017-1171-1,研究論文(学術雑誌),共著

  • Suppression of B function strongly supports the modified ABCE model in Tricyrtis sp. (Liliaceae).,Otani M., Sharifi A., Kubota S., Oizumi K., Uetake F., Hirai M., Hoshino Y., Kanno A. and Nakano M.,Scientific Reports,2016年04月,英語

    DOI:10.1038/srep24549,研究論文(学術雑誌),共著

  • Chromosome doubling of a colchicaceous interganeric hybrid by spindle toxin treatments.,Yamakawa M., Kishimoto T., Sato T., Saito T., Amano J., Otani M., Nakano M.,新潟大学農学部研究報告,Vol.68, pp.25-30,2016年02月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Horticultural characterization of a tetraploid transgenic plant of Tricyrtis sp. carrying the gibberellin 2-oxidase gene.,Otani M., Ishibe M., Inthima P., Supaibulwatana K.,Mori S., Niki T., Nishijima T., Koshioka T., Nakano M.,Plant Biotechnology,Vol.31, pp.335-340,2014年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 花育種への分子的なアプローチ,中野 優, 三位 正洋, 小林 仁, 大谷 真広, 八木 雅史,日本育種学会,育種学研究,Vol.18,No.1, pp.34-40,2016年03月,日本語

    DOI:10.1270/jsbbr.18.34,総説・解説(学術雑誌),共著