基本情報

写真a

岡本 圭一郎

OKAMOTO Keiichiro


学系

医歯学系

系列

歯学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

痛み 三叉神経脊髄路核尾側亜核 三叉神経 ラット 電気生理 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),機能系基礎歯科学,和歌山県立医科大学,論文,2006年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学,准教授,2015年07月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 和歌山県立医科大学歯科口腔外科,特任助教,1993年04月 ~ 1999年03月

  • 橋本市民病院歯科口腔外科,医員,1996年10月 ~ 1998年03月

  • Brown University Medical School,Research associate,2001年01月 ~ 2003年12月

  • 和歌山県立医科大学生理学第1講座,助手,2004年04月 ~ 2006年07月

  • University of Minnesota School of Dentistry,Research Associate,2006年08月 ~ 2015年05月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 北米神経科学会(SFN),2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際疼痛学会(IASP),2004年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔外科学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 基礎歯科医学会,2015年07月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

  • 機能系基礎歯科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 三叉神経領域の疼痛機構とストレスとの関連性,2006年 ~ 2017年

    三叉神経脊髄路核尾側亜核 痛み ストレス 顎関節,個人研究,その他の研究制度

  • 顎関節炎モデルを用いた疼痛機構,2004年 ~ 2006年

    ,個人研究,その他の研究制度

  • 5HT2A受容体を発現する一次知覚ニューロンの疼痛機構での役割,1999年 ~ 2000年

    ,個人研究,その他の研究制度

  • 口腔外科的疾患の臨床的研究,1993年 ~ 1999年

    ,個人研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • Trigeminal brainstem modulation of persistent orbicularis oculi muscle activity in a rat model of dry eye,Rahman M, Shiozaki K, Okamoto K, Thompson R, Bereiter DA,Neuroscience,Vol.349, pp.208-219,2017年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Bilateral increases in ERK activation at the spinomedullary junction region by acute masseter muscle injury during temporomandibular joint inflammation in the rats.,Kurose M, Imbe H, Nakatani Y, Hasegawa M, Fujii N, Takagi R, Yamamura K, Senba E, Okamoto K.,Exp Brain Res,Vol.235,No.3, pp.913-921,2017年05月,英語

    DOI:doi: 10.1007/s00221-016-4852-9.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Chemical Sensing Regulates Mastication/Swallowing.,Yamamura K, Kurose M, Okamoto K.,Curr Pharm Des,Vol.22,No.15, pp.2279-2284,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Inhibition of temporomandibular joint input to medullary dorsal horn neurons by 5HT3 receptor antagonist in female rats.,Okamoto K, Katagiri A, Rahman M, Thompson R, Bereiter DA.,Neuroscience,Vol.299, pp.35-44,2015年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Sensitization of trigeminal brainstem pathways in a model for tear deficient dry eye.,Rahman M, Okamoto K, Thompson R, Katagiri A, Bereiter DA.,Pain,2015年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 口腔顔面痛の診断と治療,岡本圭一郎, 岩田幸一, 北村知昭,医歯薬出版,2016年09月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • New Insights into Fibromyalgia. Central Sensitization and Descending Facilitation in Chronic Pain State,Emiko Senba, Keiichiro Okamoto, Hiroki Imbe ,InTech,2012年,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Neurobiology of estrogen status in deep craniofacial pain.,Bereiter DA, Okamoto K.,International Review of Neurobiology,Vol.97, pp.251-284,2011年,英語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • A comment on experimental occlusal interference induces long-term masticatory muscle hyperalgesia in rats by Cao et al.,Bereiter DA, Okamoto K, Tashiro A, Nixdorf DR,Pain,Vol.148,No.3, p.519,2010年05月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Descending facilitation in chronic stress and chronic pain state,Senba E, Imbe H, Okamoto K,Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi,Vol.28,No.1, pp.29-35,2008年02月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • セロトニンサブタイプと慢性痛,岡本圭一郎 仙波恵美子,医学のあゆみ,Vol.211,No.5, pp.370-374,2004年,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Paper of the year 2012 University of Minnesota School Of Dentistry,2012年,アメリカ合衆国,その他の賞,University of Minnesota School of Dentistry,Okamoto K, David A Bereiter

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年03月 ~ 2019年03月,ストレスが顎関節痛を増強させる脳神経メカニズム 研究課題

  • 若手研究(B),2005年 ~ 2006年,ラットの三叉神経脊髄路核尾側亜核の5HT2A受容体が顎顔面痛におよぼす影響と性差

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究助成,2018年04月 ~ 2019年03月,米発酵由来機能性ペプチドによるストレス誘発性のウツ、痛みの軽減機構の解明

    藤島藤十郎記念食品科学振興財団

  • 研究助成,2018年01月 ~ 2018年12月,孤束核の塩味応答性神経細胞の興奮性が、うまみ刺激によって増大するメカニズムの解明

    うまみ研究会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Society for Neuroscience,K. SHIOZAKI, M. RAHMAN, K. OKAMOTO, R. THOMPSON, D. A. BEREITER,国際会議,2015年10月,Chicago, IL, USA.,Corneal reflexes in dry eye: Evidence for altered amino acid transmission in trigeminal brainstem,ポスター(一般)

  • Society for Neuroscience,A. KATAGIRI, R. THOMPSON, K. OKAMOTO, M. M. RAHMAN, D. A. BEREITER,国際会議,2013年11月,San Diego, CA, USA.,Evidence for central sensitization in a rat model of Dry Eye,ポスター(一般)

  • Society for Neuroscience,M. M. RAHMAN, K. OKAMOTO, A. KATAGIRI, R. THOMPSON, D. A. BEREITER,国際会議,2013年11月,San Diego, CA, USA.,Physiological stimulation of eye blink electromyographic activity in a rat model for dry eye,ポスター(一般)

  • Society for Neuroscience,A. KATAGIRI, K. OKAMOTO, R. THOMPSON, D. A. BEREITER,国際会議,2012年10月,Orexin A inhibits ocular-evoked neural activity at trigeminal subnucleus caudalis in rats,ポスター(一般)

  • Society for Neuroscience,K. OKAMOTO, R. THOMPSON, A. KATAGIRI, D. A. BEREITER,国際会議,2012年10月,Serotonergic subtype 3 receptor (5HT3R) blockade inhibits temporomandibular joint input to trigeminal caudalis neurons and jaw muscle activity under naïve and stress conditions in female rats,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 疼痛のメカニズム,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,機能生理学,2020年12月 ~ 2021年02月,専任

  • 2020年度,機能生理学,2020年12月 ~ 2021年02月,専任

  • 2020年度,生理学Ⅱ,2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,人体のしくみ,2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,口腔生理学,2020年04月 ~ 2020年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会,教育委員会委員,2016年04月 ~ 継続中

  • 口腔顔面痛学会,雑誌査読委員,2007年08月 ~ 2008年07月