基本情報

写真a

内許 玉楓

UCHIMOTO KAEDE


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

助教

研究室住所

新潟市中央区旭町通1-757

研究分野・キーワード

腎臓病学、実験病理学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2160

研究室FAX

025-227-0770

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/nim/welcomej.html

特記事項

張 瑩 (旧姓)

出身大学 【 表示 / 非表示

  • ハルビン医科大学  医学部

    大学,2002年08月,卒業,中華人民共和国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学系研究科

    博士課程,2007年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,腎臓内科学,新潟大学,課程,2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究施設,助教,2015年09月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究センター,助教,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓学会,2016年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • アイエルツ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 次世代シーケンサー解析による新規ネフリン関連分子、スリット膜機能分子の同定,2015年09月 ~ 継続中

    糸球体スリット膜機能分子、次世代シーケンサー解析,機関内共同研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • Nephrin-Binding Ephrin-B1 at the Slit Diaphragm Controls Podocyte Function through the JNK Pathway.,Fukusumi Y, Zhang Y, Yamagishi R, Oda K, Watanabe T, Matsui K, Kawachi H. ,J Am Soc Nephrol.,Vol.29,No.5, pp.1462-1474,2018年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,腎臓内科学

  • Why are they missing? : Bioinformatics characterization of missing human proteins. J Proteomics. ,Elguoshy A, Magdeldin S, Xu B, Hirao Y, Zhang Y, Kinoshita N, Takisawa Y, Nameta M, Yamamoto K, El-Refy A, El-Fiky F, Yamamoto T. ,J Proteomics.,Vol.149, pp.7-14,2016年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)阻害薬.,河内裕、福住好恭、張瑩,腎と透析,2016年07月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Comprehensive data analysis of human ureter proteome. ,Magdeldin S, Hirao Y, El Guoshy A, Xu B, Zhang Y, Fujinaka H, Yamamoto K, Yates JR 3rd, Yamamoto T. ,Data Brief. ,Vol.6, pp.853-857,2016年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A proteomic glimpse into human ureter proteome.,Magdeldin S, Hirao Y, Elguoshy A, Xu1 B, Zhang Y, Fujinaka H, Yamamoto K, Yates JR 3rd, Yamamoto T. ,Proteomics. ,Vol.16,No.1, pp.80-84,2016年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,次世代シーケンサー解析によるネフローゼ症候群の新規治療標的分子の探索

    ネフローゼ症候群の蛋白尿発症に関わる分子機構の全体像は未解明で、現在まで蛋白尿に対する有効な治療法がない。本研究の目的は、ネフローゼ症候群の病態モデルを用い、次世代シーケンサー解析による腎臓糸球体のすべてのmRNA 配列の解読と発現量の測定を行った上で、ネフローゼ症候群の糸球体における発現変動遺伝子を同定し、ネフローゼ症候群に対する新規治療の標的候補分子を決定することである。

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 2015年08月,糸球体と尿のプロテオーム解析による糖尿病性腎症のバイオマーカーの探索

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第61回日本腎臓学会学術総会,張 瑩、福住 好恭、中村 敬志、芦澤 直樹、河内 裕,国内会議,2018年06月,キサンチ ン酸化還元酵素阻害薬トピロキソスタットのポドサイト保護作用,ポスター(一般)

  • 2017 ASN Kidney Week (アメリカ腎臓学会),Zhang Y, Fukusumi Y, Kawachi H,国際会議,2017年10月 ~ 2017年11月,TRPM4 is Expressed at the Apical Surface of Podocyte just above Slit Diaphragm, and Its Altered Expression is Involved in Podocyte Injury,ポスター(一般)

  • 第60回日本腎臓学会学術総会,張 瑩、福住 好恭、河内 裕,国内会議,2017年05月,スリット膜特異的障害モデルにおける発現上昇遺伝子の検討:次世代シーケンサを用 いたRNAseq 解析,ポスター(一般)

  • 2016 ASN Kidney Week (アメリカ腎臓学会),Zhang Y, Fukusumi Y, Kawachi H,国際会議,2016年11月,RNAseq Based Differential Expression Analysis in Rats with Slit Diaphragm Specific Dysfunction: The Glomerular Gene Expression Profiles of Nephropathy Induced by AntiNephrin Antibody,ポスター(一般)

  • 第59回日本腎臓学会学術総会,張 瑩、福住 好恭、河内 裕,国内会議,2016年06月,次世代シーケンサー解析による新規ネフリン 関連分子、スリット膜機能分子の同定,ポスター(一般)