基本情報

写真a

張 瑩

ZHANG YING


学系

医歯学系

系列

基礎医学系列

職名

助教

研究室住所

新潟市中央区旭町通1-757

研究分野・キーワード

腎臓病学、実験病理学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2160

研究室FAX

025-227-0770

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/nim/welcomej.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • ハルビン医科大学  医学部

    大学,2002年08月,卒業,中華人民共和国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学系研究科

    博士課程,2007年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,腎臓内科学,新潟大学,課程,2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究施設,助教,2015年09月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究センター,助教,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓学会,2016年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • アイエルツ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 次世代シーケンサー解析による新規ネフリン関連分子、スリット膜機能分子の同定,2015年09月 ~ 継続中

    糸球体スリット膜機能分子、次世代シーケンサー解析,機関内共同研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • A proteomic glimpse into human ureter proteome,1. Magdeldin S, Hirao Y, Elguoshy A, Xu1 B, Zhang Y, Fujinaka H, Yamamoto K, Yates JR 3rd, Yamamoto T, Proteomics,2016年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Avian Podocytes, Which Lack Nephrin, Use Adherens Junction Proteins at Intercellular Junctions,Yaoita E, Nishimura H, Nameta M, Yoshida Y, Takimoto H, Fujinaka H, Kawachi H, Magdeldin S, Zhang Y, Xu B, Oyama T, Nakamura F, Yamamoto T, J Histochem Cytochem,2016年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Unrestricted modification search reveals lysine methylation as major modification induced by tissue formalin fixation and paraffin embedding.,Zhang Y, Muller M, Xu B, Yoshida Y, Horlacher O, Nikitin F, Garessus S, Magdeldin S, Kinoshita N, Fujinaka H, Yaoita E, Hasegawa M, Lisacek F, Yamamoto T. ,Proteomics.,2015年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Complementary Protein and Peptide OFFGEL Fractionation for High-Throughput Proteomic Analysis. ,4. Magdeldin S, Elguoshy A, Yoshida Y, Hirao Y, Xu B, Zhang Y, Yamamoto K, Takimoto H, Fujinaka H, Kinoshita N, Yamamoto T,Anal Chem,2015年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Datasets from label-free quantitative proteomic analysis of human glomeruli with sclerotic lesions.,Zhang Y, Xu B, Kinoshita N, Yoshida Y, Tasaki M, Fujinaka H, Magdeldin S, Yaoita E, Yamamoto T.,Data Brief.,2015年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,次世代シーケンサー解析によるネフローゼ症候群の新規治療標的分子の探索

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 2015年08月,糸球体と尿のプロテオーム解析による糖尿病性腎症のバイオマーカーの探索

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第59回日本腎臓学会学術総会,張 瑩、福住 好恭、河内 裕,国内会議,2016年06月,次世代シーケンサー解析による新規ネフリン 関連分子、スリット膜機能分子の同定,ポスター(一般)