基本情報

写真a

岸本 圭子

KISHIMOTO Keiko


職名

准教授

研究分野・キーワード

群集生態学 昆虫学 生物多様性

メールアドレス

メールアドレス

特記事項

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学  農学部

    大学,2001年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  農学系研究科  生物機構・機能科学

    修士課程,2003年03月,修了,日本国

  • 京都大学  人間・環境学研究科  相関環境学

    博士課程,2008年03月,単位取得満期退学,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学),生態・環境,京都大学,課程,2008年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 研究推進機構 朱鷺・自然再生学研究センター,准教授,2015年09月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 総合地球環境学研究所,研究員,2008年04月 ~ 2011年03月

  • 東京大学大学院総合文化研究科,日本学術振興会特別研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 東京大学大学院総合文化研究科,研究員,2014年04月 ~ 2015年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会,,日本国

  • Association for Tropical Biology and Conservation,,その他

  • 日本昆虫学会,,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Fauna of Cerambycidae (Insecta: Coleoptera) in Komaba Campus of the University of Tokyo, a highly urbanised area in Japan,Kishimoto-Yamada K, J. Yamasako, T. Kato, M. U. Saito, M. Ito,Biodiversity Data Journal,Vol.5, p.e22296,2017年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 国内外来種を含む訪花性ハナムグリ亜科5種の発生状況−東京港野鳥公園の事例−, 岸本 圭子, 岸本 年郎, 酒井 香, 寺山 守, 太田 祐司, 高桑 正敏,保全生態学研究,Vol.22,No.1, pp.159-170,2017年05月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Increased seed predation in the second fruiting event during an exceptionally long period of community-level masting in Borneo,Asano Iku, Takao Itioka, Keiko Kishimoto-Yamada, Usun Shimizu-kaya, Fatimah Bte Mohammad, Mohamad Yazid Hossman, Azimah Bunyok, Mohd Yusuf Abd Rahman,Shoko Sakai, Paulus Meleng,Ecological Research,Vol.32,No.4, pp.537-545,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Record of phototactic Tenebrionidae (Coleoptera) from Lambir Hills, Borneo, with description of a new genus and twelve new species,Ando K, Itioka T, Kishimoto-Yamada K,Contributions from the Biological Laboratory, Kyoto University,Vol.30,No.3, pp.127-171,2017年,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 焼畑農業と生物多様性:概説. 特集 熱帯の里山は生物多様性を守れるか. ボルネオ島マレーシア・サラワク州の焼畑景観の例,岸本圭子, 髙野(竹中)宏平,Wildlife Forum,Vol.2,No.21, pp.3-6,2017年,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Geographical variation in the lives of local people and socio-economic environments in Sarawak,S. Sakai, Y.K. Choy, M. Koizumi, K. Kishimoto-Yamada 他7名,Na,2014年12月,英語

    調査報告書,共著

  • Social-Ecological Systems in Transition,K. T. Takano, M. Nakagawa, T. Itioka, K. Kishimoto-Yamada, S. Yamashita, H. O. Tanaka, D. Fukuda, H. Nagamasu, M. Ichikawa, Y. Kato, K. Momose, T. Nakashizuka, S. Sakai,Springer,2014年08月,英語

    単行本(学術書),The extent of biodiversity recovery during reforestation after swidden cultivation and the impacts of land-use changes on the biodiversity of a tropical rainforest region in Borneo,共著

  • Collapse and Restoration of Ecosystem Networks with Human Activity,Kishimoto-Yamada K, Hyodo F, Hashimoto Y, Kon M, 他5名,Inter-University Research Institute Corporation, National Institutes for the Humanities Research Institute for Humanity and Nature,2013年,英語

    調査報告書,Relationship between insect species diversity and the proportion of primary forest at the landscape level in Sarawak, Malaysia,共著

  • フィールド生物学シリーズ4 虫をとおして森をみる-熱帯雨林の昆虫の多様性-,岸本圭子,東海大学出版会,2010年09月,日本語

    単行本(一般書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • リュウキュウツヤハナムグリの東京湾岸部への侵入,岸本 圭子, 酒井 香, 岸本 年郎,昆虫と自然,Vol.51,No.8, pp.12-16,2016年07月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • DNAバーコーディングを活用した昆虫の種間相互作用網の解明,岸本圭子, 伊藤元己,日本生態学会誌,Vol.65, pp.255-266,2015年11月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • How much have we learned about seasonality in tropical insect abundance since Wolda (1988)? ,K. Kishimoto-Yamada, T. Itioka,Entomological Science,Vol.18, pp.407-419,2015年10月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 季節性と超年次変動の多様性-植食性甲虫を通して見えたこと,岸本圭子,昆虫と自然,Vol.47,No.7, pp.15-18,2012年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 東南アジア熱帯林の林冠部における訪花性ハムシ類の餌資源利用様式,岸本圭子,昆虫と自然,Vol.43,No.1, pp.10-13,2008年01月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,雑食性外来生物アメリカザリガニが希少種に与える直接的影響の評価

  • 若手研究(B),2010年11月 ~ 2011年03月,DNAバーコードによる東南アジア非季節性熱帯林の植物-植食者群集の構造特性の解明

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,朱鷺・自然再生フィールドワーク,2018年08月 ~ 2018年09月,専任

  • 2015年度,トキをシンボルとした自然再生,2015年10月 ~ 2016年02月,専任