基本情報

写真a

藤原 和哉

FUJIHARA Kazuya


職名

特任准教授

生年

1980年

研究分野・キーワード

生活習慣病

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/emh/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  医学専門学群

    大学,2005年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  医学研究科

    博士課程,2014年11月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),内分泌代謝内科学,筑波大学,課程,2014年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,特任准教授,2015年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,2005年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本糖尿病学会,2008年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内分泌学会,2008年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動脈硬化学会,2012年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本疫学会,2010年09月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of baseline characteristics and clinical course in Japanese patients with type 2 diabetes among whom different types of oral hypoglycemic agents were chosen by diabetes specialists as initial monotherapy (JDDM 42).,Fujihara K, Igarashi R, Matsunaga S, Matsubayashi Y, Yamada T, Yokoyama H, Tanaka S, Shimano H, Maegawa H, Yamazaki K, Kawai K, Sone H,Medicine,Vol.96,No.7, p.e6122,2017年02月,英語

    DOI:10.1097/MD.0000000000006122,研究論文(学術雑誌),共著

  • Unstable body weight and incident type 2 diabetes mellitus - A meta-analysis.,Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, Ohara N, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H,Journal of diabetes investigation,2017年01月,英語

    DOI:10.1111/jdi.12623,研究論文(学術雑誌),共著

  • Reversible splenial lesion syndrome with a hyperosmolar hyperglycemic state and neuroleptic malignant syndrome caused by olanzapine.,Kaino K, Kumagai R, Furukawa S, Isono M, Muramatsu A, Fujii M, Muta Y, Asada T, Fujihara K, Yagyu H,Journal of diabetes investigation,2016年11月,英語

    DOI:10.1111/jdi.12597,研究論文(学術雑誌),共著

  • Utility of nonblood-based risk assessment for predicting type 2 diabetes mellitus: A meta-analysis.,Yoshizawa S, Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Ishizawa M, Matsubayashi Y, Matsunaga S, Yamada T, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H,Preventive medicine,Vol.91, pp.180-187,2016年10月,英語

    DOI:10.1016/j.ypmed.2016.07.026,研究論文(学術雑誌),共著

  • Quantitative assessment of genetic testing for type 2 diabetes mellitus based on findings of genome-wide association studies.,Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, Ohara N, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H,Annals of epidemiology,2016年09月,英語

    DOI:10.1016/j.annepidem.2016.09.004,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究活動スタート支援,2016年08月 ~ 2018年03月,巨大レセプトデータベースを使用した健康寿命延伸支援ツールの開発