基本情報

写真a

野杁 由一郎

NOIRI Yuichiro


学系

医歯学系

系列

歯学系列

職名

教授

研究室住所

新潟市中央区学校町通り2-5274

研究分野・キーワード

歯科保存学 バイオフィルム

ホームページ

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/restend/restend.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),保存治療系歯学,大阪大学,論文,1998年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学,教授,2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学 歯学部,助手,1989年06月 ~ 1996年10月

  • 大阪大学 歯学部,助手,1996年10月 ~ 2000年03月

  • 大阪大学 大学院歯学研究科,助教,2000年04月 ~ 2008年05月

  • 大阪大学 歯学部,講師,2008年06月 ~ 2012年08月

  • 大阪大学 大学院歯学研究科,准教授,2012年08月 ~ 2016年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会,1989年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯内療法学会,2009年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯周病学会,1990年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本バイオフィルム学会,1990年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際歯科研究学会(International association for dental research),1997年08月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

  • 歯周治療系歯学

  • 細菌学(含真菌学)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本歯科保存学会保存治療専門医

  • 日本歯科保存学会指導医

  • 臨床修練歯科医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 根尖性歯周炎の難治化とバイオフィルムの研究,1996年10月 ~ 継続中

    根尖孔外バイオフィルム,保存治療系歯学,個人研究,科学研究費補助金

  • デンタルバイオフィルムの形成と制御に関する研究,2000年04月 ~ 継続中

    メタゲノム クオラムセンシング 抗バイオフィルム薬,保存治療系歯学,個人研究,科学研究費補助金

  • デンタルバイオフィルムが全身に及ぼす影響の検索,1996年10月 ~ 継続中

    菌血症,保存治療系歯学,個人研究,科学研究費補助金

  • ヒトの歯肉縁下バイオフィルムの研究,1989年04月 ~ 1996年10月

    バイオフィルム,歯周治療系歯学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a root canal treatment model in the rat., Yoneda N, Noiri Y, Matsui S, Kuremoto K, Maezono H, Ishimoto T, Nakano T, Ebisu S Hayashi , Scientific Reports ,2017年,英語

    DOI:10.1038/s41598 017-03628-6.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of pulpotomy using mineral trioxide aggregate on prostaglandin transporter and receptors in rat molars.,Ohkura N, Edanami N, Takeuchi R, Tohma A, Ohkura M, Yoshiba N, Yoshiba K, Ida-Yonemochi H, Ohshima H, Okiji T, Noiri Y,Scientific Reports,2017年,英語

    DOI:10.1038/s41598-017-07167-y.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Temporal dynamics of bacterial microbiota in the human oral cavity determined using an in situ model of dental biofilms.,Wake N, Asahi Y, Noiri Y, Hayashi M, Motooka D, Nakamura S, Gotoh K, Miura J, Machi H, Iida T, Ebisu S,npj Biofilms and Microbiomes ,2016年08月,英語

    DOI:10.1038/npjbiofilms.201618.,研究論文(学術雑誌),共著,保存治療系歯学,歯周治療系歯学,細菌学(含真菌学)

  • The effect of chlorhexidine on dental calculus formation,Sakaue Y, Takenaka S, Ohsumi T, Domon H, Terao Y, Noiri Y,BMC Oral Health,2018年,英語

    DOI:10.1186/s12903-018-0517-3.,研究論文(学術雑誌),単著

  • Factors that cause endodontic failures in general practices in Japan.,Yamaguchi M, Noiri Y, Itoh Y, Komichi S, Yagi K, Uemura R, Naruse H, Matsui S, Kuriki N, Hayashi M, Ebisu S,BMC Oral Health,2018年,英語

    DOI:10.1186/s12903-018-0530-6.,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 歯髄の創傷の治癒を促す新たなメカニズムの解明,大倉尚人、野杁由一郎,新潟日報,2017年09月,日本語

    その他記事,単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2018年03月,小動物のマイクロエンドモデルの確立と新規根管治療法や根管治療薬の開発に関する研究

  • 基盤研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,実験病理学的難治性根尖性歯周炎モデルの開発とその科学的抑制法の検討

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,デンタルバイオフィルムにおけるクオラムセンシング誘導物質のin situ 解析

  • 基盤研究(B),2006年04月 ~ 2009年03月,根尖性歯周炎を難治化・慢性化する根尖孔外バイオフィルムの抑制法の開発

  • 基盤研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,デンタルバイオフィルムの形成と制御に関する包括的in situ解析

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ACFF研究プロジェクト,2018年05月 ~ 継続中,根面う蝕の新規病因論の創出と新規病因論に基づくリスク診断法の開発

    ACFF日本支部

  • 大和証券ヘルス財団調査研究助成,2006年09月 ~ 2007年08月,クオラムセンシング関連物質による口腔バイオフィルムの抑制効果に関する研究

    民間財団等

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 自己由来フィブリンゲルを用いた歯根端切除,2017年09月 ~ 継続中,日本歯科医学会,一般受託研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 歯科保存学領域研究助成,株式会社モリタ製作所,2018年03月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 49th Sceintific meeting of Korean Academy of Endodontics & The 14th JEA-KAE Joint Sceintific Meeting,Yuichiro Noiri,国際会議,2016年11月,Nurridream Square (Soul, South Korea),Refractory Periapical Periodontitis and Biofilm: Novel strategy for treatment of refracotory endodontic pathogens ,口頭(招待・特別),保存治療系歯学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,統合科目Ⅰ,2018年04月 ~ 2018年09月,専任