基本情報

写真a

佐藤 弘恵

SATO Hiroe


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,膠原病・アレルギー内科学,新潟大学,課程,2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 保健管理・環境安全本部 保健管理センター,講師,2016年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of patients with systemic lupus erythematosus who meet the diagnostic criteria for TAFRO syndrome.,Hasegawa E1, Sato H1,2, Wada Y1, Takai K3, Wakamatsu A1, Nozawa Y1, Nakatsue T1, Kuroda T2, Suzuki Y2, Nakano M4, Narita I2.,Lupus,Vol.27,No.3, pp.417-427,2018年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Bone Formation Parameters of the Biopsied Ilium Differ between Subtrochanteric and Diaphyseal Atypical Femoral Fractures in Bisphosphonate-Treated Patients.,Kondo N1, Fukuhara T1, Watanabe Y1, Miyasaka D1, Yamamoto N2,3, Sato H4, Wada Y4, Nakatsue T4, Fujisawa J1, Sakuma M5, Imai N6, Yoda T7, Narita I4, Endo N1.,Tohoku J Exp Med. ,2017年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Adult-onset Chronic Recurrent Multifocal Osteomyelitis with High Intensity of Muscles Detected by Magnetic Resonance Imaging, Successfully Controlled with Tocilizumab.,Sato H1,2, Wada Y1, Hasegawa E1, Nozawa Y1, Nakatsue T1, Ito T3, Kuroda T1,2, Saeki T3, Umezu H4, Suzuki Y2, Nakano M5, Narita I1.,Internal Medicine,Vol.56,No.17, pp.2353-2360,2017年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • High and pointed type of femoral localized reaction frequently extends to complete and incomplete atypical femoral fracture in patients with autoimmune diseases on long-term glucocorticoids and bisphosphonates.,Sato H1,2, Kondo N3, Nakatsue T4, Wada Y4, Fujisawa J3, Kazama JJ5, Kuroda T6, Suzuki Y6, Nakano M7, Endo N3, Narita I4.,Osteoporosis International,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Significant association between renal function and area of amyloid deposition evident in kidney biopsy specimens in both AA and AL amyloidosis.,Kuroda T1, Ito Y1, Imai N1, Nozawa Y1, Sato H1, Nakatsue T1, Wada Y1, Ueno M2, Nakano M3, Narita I1.,Amyloid,Vol.24,No.2, pp.123-130,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 腎機能検査としてのクレアチニンクリアランスとCystatin C測定の特徴,佐藤弘恵、風間順一郎、下条文武,検査と技術,Vol.35, pp.394-397,2007年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • cystatin C 精密測定,佐藤弘恵、風間順一郎、下条文武,モダンメディア ,Vol.52, pp.109-114,2006年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • JCR 2017 International Workshop Award  ,2017年04月,日本国,国内外の国際的学術賞,日本骨粗鬆症学会,佐藤弘恵他

  • 第3回新潟大学学長賞,2016年11月,日本国,その他の賞,新潟大学,佐藤弘恵他

  • 第18回日本骨粗鬆症学会優秀演題賞,2016年10月08日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本骨粗鬆症学会,佐藤弘恵他

  • JCR 2016 International Workshop Award,2016年04月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本リウマチ学会,佐藤弘恵他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 継続中,ループス腎炎の発症病態における抗リボソームP抗体の関与

  • 若手研究(B),2015年 ~ 2017年,関節リウマチ患者におけるhepcidinの動態と骨粗鬆症に関する臨床的解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 第12回(2017年)内藤記念女性研究者研究助成金,2018年01月 ~ 継続中,抗リボソームPモノクローナル抗体を用いた全身性エリテマトーデス(SLE)の 病態形成メカニズムの解明

    民間財団等

  • 第14回(平成30年度)リリー研究助成プログラム(骨領域研究)研究助成,2018年01月 ~ 2018年12月,膠原病・関節リウマチ患者における大腿骨非定型骨折の前兆である外側骨皮質の限局性肥厚(beaking)についてのコホート研究—beakingのリスク因子解析とビスホスホネート製剤休薬症例の後ろ向き検討—

    民間財団等

  • 平成29年度新潟大学医歯学総合病院臨床研究サポート事業,2017年04月 ~ 継続中,長期ビスホスホネート製剤およびステロイド内服中の膠原病患者におけるビスホスホネート製剤休薬についての単アーム第Ⅱ相臨床試験

    新潟大学医歯学総合病院

  • 第12回(平成28年度)リリー研究助成プログラム,2015年 ~ 2016年,関節リウマチ患者における潜在的な大腿骨外側骨皮質肥厚(beaking)と大腿骨非定型骨折(AFF)に関する研究

    民間財団等

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓病学会,サルコペニア・フレイルを合併したCKDにおける食事療法検討ワーキンググループ協力委員,2017年 ~ 継続中