基本情報

写真a

三上 剛和

MIKAMI Yoshikazu


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 高知大学  理学部

    大学,1998年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),遺伝・染色体動態,総合研究大学院大学,論文,2005年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 細胞機能,准教授,2016年05月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本大学,助教,2007年10月 ~ 2016年04月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本骨免疫学会,,日本国

  • 日本骨代謝学会,,日本国

  • 日本解剖学会,,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of gene expression profiles of gingival carcinoma Ca9-22 cells and colorectal adenocarcinoma HT-29 cells to identify potentially important mediators of SLPI-induced cell migration,Takamura T, Suguro H, Mikami Y, Iwase T, Komiyama Y, Kuyama K, Komiyama K, Oki H,Journal of Oral Science,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Alkaline phosphatase determines polyphosphate-induced mineralization in a cell-type independent manner,Mikami Y, Tsuda H, Akiyama Y, Honda M, Shimizu N, Suzuki N, Komiyama K,Journal of Bone and Mineral Metabolism,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Human uterus myoma and gene expression profiling: A novel in vitro model for studying secretory leukocyte protease inhibitor-mediated tumor invasion,Mikami Y, Fukushima A, Komiyama Y, Iwase T, Tsuda H, Higuchi Y, Hayakawa S, Kuyama K, Komiyama K,Cancer Letters,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Loop-mediated isothermal amplification combined with PCR and immunohistochemistry for detecting Porphyromonas gingivalis in periapical periodontitis,Kitano T, Mikami Y, Iwase T, Asano M, Komiyama K,Journal of Oral Science,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Osteogenic gene transcription is regulated via gap junction-mediated cell-cell communication,Mikami Y, Yamamoto K, Akiyama Y, Kobayashi M, Watanabe E, Watanabe N, Asano M, Shimizu N, Komiyama K,Stem Cells and Development,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Autophagy in periodontal disease. In: Gorbunov NV, editor. Autophagy: Principles, Regulation and Roles in Disease,Tsuda H, Mikami Y,Nova Science Publishers, Inc.,2011年,英語

    単行本(学術書),共著

  • Synergistic effects of BMP-2 and other osteogenic inducers. In: Nohe A, editor. Bone Morphogenetic Proteins: New Research.,Mikami Y,Nova Science Publishers, Inc.,2011年,英語

    単行本(学術書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Current status of drug therapies for osteoporosis and the search for stem cells adapted for bone regenerative medicine,Mikami Y, Matsumoto T, Kano K, Toriumi T, Somei M, Honda MJ, Komiyama K,Anatomical Science International,2014年,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Mesenchymal dental stem cells for tissue regeneration,Honda MJ, Watanabe E, Mikami Y, Saito Y, Toriumi T, Shirakawa T, Shimizu N, Watanabe N, Isokawa K,The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants,2013年,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,人体の構造と機能Ⅱ(組織学各論),2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,人体の構造と機能Ⅰ(組織学総論),2020年04月 ~ 2020年09月,専任