基本情報

写真a

照沼 美穂

TERUNUMA Miho


学系

医歯学系

系列

歯学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

神経化学、神経生物学、生化学、神経薬理学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  歯学研究院  口腔常態制御学

    博士課程,2004年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 高等教育学(Postgraduate Certificate in Academic Practice in Higher Education),教育学,英国 レスター大学,課程,2016年02月

  • 博士(歯学),機能系基礎歯科学,九州大学,課程,2004年03月

  • 歯学士,歯周治療系歯学,九州大学,課程,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 顎顔面再建学,教授,2016年08月 ~ 継続中

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • GABAB受容体のリン酸化と脳疾患の関連,2009年07月 ~ 継続中

    ,未設定,その他の研究制度

  • 脳虚血におけるGABAB受容体の機能変化,2007年01月 ~ 2009年06月

    ,未設定,その他の研究制度

  • てんかん重積のメカニズムの解明,2005年08月 ~ 2008年01月

    ,未設定,脳科学研究

  • GABAA受容体の活性におけるイノシトール三リン酸結合タンパク質の役割,2000年04月 ~ 2005年07月

    ,未設定,ライフサイエンス基礎科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • A Role for the GIRK3 Subunit in Methamphetamine-Induced Attenuation of GABAB Receptor-Activated GIRK Currents in VTA Dopamine Neurons.,Munoz MB, Padgett CL, Rifkin R, Terunuma M, Wickman K, Contet C, Moss SJ, Slesinger PA,Journal of Neuroscience,2016年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Compromising the phosphodependent regulation of the GABAAR β3 subunit reproduces the core phenotypes of autism spectrum disorders.,Vien TN, Modgil A, Abramian AM, Jurd R, Walker J, Brandon NJ, Terunuma M, Rudolph U, Maguire J, Davies PA, Moss SJ,Proceedings of the National Academy of Sciences,2015年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Purinergic receptor activation facilitates astrocytic GABAB receptor calcium signalling.,Terunuma M, Haydon PG, Pangalos MN, Moss SJ,Neuropharmacology,2015年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Glutamine synthetase stability and subcellular distribution in astrocytes are regulated by γ-aminobutyric type B receptors.,Huyghe D, Nakamura Y, Terunuma M, Faideau M, Haydon P, Pangalos MN, Moss SJ.,Journal of Biological Cehmistry,2014年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Neurosteroids promote phosphorylation and membrane insertion of extrasynaptic GABAA receptors.,Abramian AM, Comenencia-Ortiz E, Modgil A, Vien TN, Nakamura Y, Moore YE, Maguire JL, Terunuma M, Davies PA, Moss SJ,Proceedings of the National Academy of Sciences,2014年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ブレインサイ エンス・ レビュー 2004,平田雅人,兼松隆,照沼美穂,クバプロ,2004年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 脳機能の解明 -生命科学の主 潮流-,兼松隆,照沼美穂,平田雅人,ガイヤ出版会,2002年,日本語

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • The dynamic modulation of GABA(A) receptor trafficking and its role in regulating the plasticity of inhibitory synapses.,Vithlani M, Terunuma M, Moss SJ,Physiological Review,2011年07月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Functional modulation of GABAB receptors by protein kinases and receptor trafficking.,Terunuma M, Pangalos MN, Moss SJ,Advances in Pharmacology,2010年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • PRIP, a novel Ins(1,4,5)P3 binding protein, functional significance in Ca2+ signaling and extension to neuroscience and beyond.,Kanematsu T, Takeuchi H, Terunuma M, Hirata M,Molecules and Cells,2005年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • GABAA受容体の 一生とそれを調 節する分子達,兼松隆,照沼美穂,後藤英文,倉谷顕子, 平田雅人,日本薬理学会誌,2004年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,食欲中枢の制御機構と破綻の分子基盤の解明

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2019年03月,口腔粘膜上皮-小唾液腺ユニットを標的とした口腔乾燥治療の創薬応用

  • 特別研究員奨励費,2003年04月 ~ 2005年03月,GABA受容体の機能的構築に関わる新しい分子に関する研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人 東京生化学研究会 研究助成金,2017年02月 ~ 2018年01月,神経細胞保護作用のあるGABAB受容体の発現調節メカニズムの解明

    民間財団等

  • 公益財団法人アステラス病態代謝研究会 研究助成金,2016年12月 ~ 2017年11月,脳内アンモニア代謝に関わる新規分子の研究

    民間財団等

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,早期臨床実習Ⅱ,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2018年度,生化学実習,2017年04月 ~ 継続中,兼担

  • 2018年度,基礎生化学,2017年04月 ~ 継続中,兼担

  • 2015年度,口腔生化学,2016年11月 ~ 継続中,兼担