基本情報

写真a

半藤 逸樹

HANDOH Itsuki C.


職名

准教授

生年

1974年

研究分野・キーワード

地球規模環境リスク、 数理統計モデリング、化学汚染と環境訴訟、アプリ「環境観でつながる世界」、人類会議

プロフィール

1974年生まれ。1996年東京水産大学水産学部卒、2000年に連合王国イースト・アングリア大学大学院環境科学研究科博士課程修了(2002年Ph.D.取得)。2001年イースト・アングリア大学大学院環境科学研究科研究員、2004年連合王国シェフィールド大学応用数学科研究員、2007年愛媛大学沿岸環境科学研究センター助教、2011年総合地球環境学研究所特任准教授を経て、2016年から現職。数理モデリング手法を駆使して異分野の研究者と学際研究に取り組み、さまざまな地球環境問題のステークホルダーと協働して超学際研究と「人間文化としての地球環境研究」を実践している。化学汚染の全球シミュレーションとリスク評価・不確実性解析を行なうかたわら、アプリ「環境観でつながる世界( Value-Action Net for Futurability)」を共同開発する。2013年に人間文化研究奨励賞を受賞。2014年9月からリバースプロジェクトの龜石太夏匡氏とともに「人類会議」を主催している。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京水産大学  水産学部  海洋生産学科

    大学,1996年03月,卒業,その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • イースト・アングリア大学(University of East Anglia)  大学院環境科学研究科(School of Environmental Sciences)  古海洋学(Palaeoceanography)

    博士課程,2000年09月,修了,その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士(Ph.D.),古海洋学,イースト・アングリア大学(連合王国),課程,2012年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 経営戦略本部 教育戦略統括室,特任准教授,2016年11月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 教育研究院 自然科学系 環境科学系列,准教授,2017年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 創生学部 創生学修課程,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • イースト・アングリア大学 大学院環境科学研究科,研究員,2001年01月 ~ 2003年12月

  • シェフィールド大学 数学部応用数学科,研究員/個別指導教員,2004年01月 ~ 2005年08月

  • シェフィールド大学 数学部応用数学科,コンサルタント,2005年09月 ~ 2006年06月

  • 総合地球環境学研究所 研究部,上級研究員,2006年07月 ~ 2007年09月

  • 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター,助教,2007年10月 ~ 2010年12月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • リスク解析学会(Society for Risk Analysis),,アメリカ合衆国

  • 日本環境毒性学会,,日本国

  • 日本環境化学会,,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線・化学物質影響科学

  • 環境政策・環境社会システム

  • ウェブ情報学・サービス情報学

  • 気象・海洋物理・陸水学

  • 環境リスク制御・評価

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Designing backcasting scenarios for resilient energy futures,Yusuke Kishita, Benjamin C. McLellan, Damien Giurco, Kazumasu Aoki, Go Yoshizawa, Itsuki C. Handoh,Technological Forecasting and Social Change,2017年02月,英語

    DOI:10.1016/j.techfore.2017.02.001,研究論文(学術雑誌),共著

  • Integrating the planetary boundaries and global catastrophic risk paradigms,Seth D. Baum and Itsuki C. Handoh,Ecological Economics,Vol.107, pp.13-21,2014年11月,英語

    DOI:10.1016/j.ecolecon.2014.07.024,研究論文(学術雑誌),単著

  • Modelling exposure of oceanic higher trophic-level consumers to polychlorinated biphenyls: pollution 'hotspots' in relation to mass mortality events of marine mammals.,Handoh IC, Kawai T,Marine pollution bulletin,Vol.85,No.2, pp.824-830,2014年08月,その他外国語

    DOI:10.1016/j.marpolbul.2014.06.031,研究論文(学術雑誌),共著

  • Pyrene induces a reduction in midbrain size and abnormal swimming behavior in early-hatched pufferfish larvae.,Sugahara Y, Kawaguchi M, Itoyama T, Kurokawa D, Tosa Y, Kitamura S, Handoh IC, Nakayama K, Murakami Y,Marine pollution bulletin,Vol.85,No.2, pp.479-486,2014年08月,その他外国語

    DOI:10.1016/j.marpolbul.2014.04.022,研究論文(学術雑誌),共著

  • Assessing Sustainable Regional Energy Systems: A Case Study of Kansai, Japan,McLellan, B.C., Kishita, Y., Yoshizawa, G., Yamaguchi, Y., Aoki, K., Handoh, I.C.,Procedia Environmental Sciences,Vol.20, pp.12-19,2014年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 人間科学としての地球環境学──人とつながる自然・自然とつながる人,立本 成文, 鞍田 崇, 阿部 健一, オギュスタン・ベルク, 半藤 逸樹, 大西 健夫,京都通信社,2013年05月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 地域のレジリアンス―大災害の記憶に学ぶ,香坂 玲, 松田 曜子, 半藤 逸樹, 窪田 順平, 関谷 直也, 竹中 雅治, 山田 薫夫, 古田 裕行, 太田 真立, 小林 勝則, 山田 厚志,清水弘文堂書房,2012年05月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 総合地球環境学序論,半藤 逸樹,総合地球環境学研究所,2012年,日本語

    その他,編著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • レジリエンス論と地球規模巨大災害リスク,半藤逸樹,一般社団法人 環境科学情報センター,環境情報科学,Vol.46,No.1, pp.1-5,2017年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 海洋を含む化学物質の全球動態モデルの構築,河合 徹・鈴木 規之・半藤 逸樹,地球環境,Vol.19,No.2, pp.147-154,2015年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 専門家不在の「地球環境問題」を誰が解決するのか?,半藤逸樹,産業教育振興中央会,産業と教育,Vol.H26,No.9月, pp.40-43,2014年09月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

作品 【 表示 / 非表示

  • iOS/Android対応アプリ「環境観でつながる世界」,2014年04月 ~ 継続中

    コンピュータソフト

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究奨励賞,2013年12月,その他,その他の賞,人間文化研究機構,半藤 逸樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2015年 ~ 2017年,地球環境問題解決に向けた「善意のシステム化」の考究

  • 若手研究(B),2012年 ~ 2014年,”地球の限界(化学汚染)”定量化に向けた統合的環境リスク評価手法のデザイン

    化学汚染のPlanetary Boundary (“地球の限界(化学汚染)”; 以下,化学汚染PB)に向けた統合的環境リスク評価手法のデザインを行うため,毒性等価係数が既知であるポリ塩化ビフェニル(PCBs)2種について,全球多媒体モデルFATE (Finely-Advanced Transboundary Environmental model)による暴露量予測を行い,それに生物濃縮モデルを結合させて得た曝露量に毒性等量を掛けることで,各PCB同族体 についての環境リスクとして評価した.FATEを統計学的に模倣してPCBs暴露量(全球陸域・海域負荷量)を予測するベイジアン・エミュレーターの改良を行い, FATE と生物濃縮モデルのパラメーター群の不確実性が環境リスクの不確実性に伝播する規模を定量化した.また,毒性等価係数が未知であるPCBs同族体9種についても,FATE による暴露量予測(1931-2010年)を行った.モデルによる環境リスク評価とは別に,クジラ類・アザラシ類の大量へい死イベントを過去の査読付き論文から収集し,イベントの時空間情報・解剖個体の病原体・PCBsや他の残留性有機汚染物質(POPs)の濃度のデータベースを作成した.現在,このデータベースには,35種以上の海棲哺乳類の大量へい死イベント(1972~2007年)が網羅されている.以上により,PCBs暴露量・環境リスクと大量へい死の因果関係を検証し,化学汚染PBの評価項目設定のための基盤を確立した.

  • 若手研究(B),2010年 ~ 2011年,国際条約と気候変動に伴う農薬貿易の変遷と農薬起源POPs排出量の分野横断的研究

    気候モード(エルニーニョ・南方振動と北極振動など)に応答する気候条件や農薬(殺虫剤・殺菌剤)貿易統計について合成図解析を行い,気候変動が国際貿易に与える影響を評価する方法論を確立した.殺虫剤においては,エル・ニーニョ期翌年のオーストラリアの輸入額の減少傾向は800万米ドルを超え,エル・ニーニョ/南方振動に応答して殺虫剤の需要が大きく変化するメカニズムを解明した.農薬起源POPs排出量・貿易に係る国際条約の効果の検証については,本研究の成果とPOPs動態・生物濃縮予測モデルを融合する統合的環境リスク評価方法の構築が急務である.

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,地球環境化学・数理解析手法の統合による残留性有害物質の濃縮挙動解明とリスク評価

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,フィールドスタディーズ(学外学修),2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎ゼミI,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 人類会議,2014年09月 ~ 継続中