2022/09/25 更新

写真a

イシヅカ チカコ
石塚 千賀子
ISHIZUKA Chikako
所属
教育研究院 人文社会科学系 准教授
経済科学部 総合経済学科 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(学術) ( 2018年3月   新潟大学 )

  • 修士(技術経営) ( 2010年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • サービス

  • 消費者行動

  • ブランド

研究分野

  • 人文・社会 / 商学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   経済学部   准教授

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   経済学部   特任助教

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育・学生支援機構   特任助教

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • クリスチャンディオール株式会社   リテール・マネージャー

    2011年5月 - 2015年5月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   経済学部   准教授

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   経済科学部   准教授

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 経済学系列   准教授

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   経済学部   特任助教

    2019年4月 - 2022年3月

  • 新潟大学   教育・学生支援機構   特任助教

    2017年8月 - 2019年3月

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 連携教育支援センター   特任助教

    2017年4月 - 2017年7月

▶ 全件表示

学歴

  • 新潟大学   現代社会文化研究科

    2013年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   技術経営研究科

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • アメリカマーケティング協会(American Marketing Association)

      詳細を見る

  • サービス学会

      詳細を見る

  • 日本消費者行動研究学会

      詳細を見る

  • 日本マーケティング学会

      詳細を見る

取得資格

  • 生涯学習開発財団認定コーチ

 

論文

  • Reviving tradition-bound products: a case of value co-creation using rhetorical history 査読

    Chikako Ishizuka, Tseng Kuo-Che, Yasuyuki Kishi

    Service Business   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    This study explores the value co-creation framework to revive tradition-bound products using rhetorical history and service-dominant logic. This framework shows the effects of using historical significance to enable value co-creation in a new ecosystem by engaging consumers and local communities without eliminating their traditions. Existing studies merely discuss the methodology of a rhetorical emphasis on the authenticity of traditional industrial firms’ history to attract customers. This study explains the motivation to engage in value co-creation to transform tradition-bound businesses. Through these processes, businesses’ boundaries are thawed, and the customer becomes the advocate and thus, the driver of reviving tradition-bound products.

    DOI: 10.1007/s11628-022-00504-w

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s11628-022-00504-w/fulltext.html

  • How to Build Sustainable Customer Engagement that Impacts Customers' Well-being? 査読

    Kei Aoki, Chikako Ishizuka

    International Journal of Psychology & Behavior Analysis   8 ( 186 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 産業集積地域の取引ネットワークの構造把握-ブローカー企業の役割に着目して-

    有元知史, 石塚千賀子, 曾 國哲

    新潟大学経済学会 『新潟大学経済論集』   ( 112 )   57 - 69   2022年3月

     詳細を見る

  • 業界のDXをリードする小柳建設株式会社のデジタル・サービス化 ‐実走およびパラドクスの乗り越えを可能にした組織変革のプロセス‐ 招待

    石塚千賀子

    日本マーケティング学会 『マーケティングジャーナル』   41 ( 3 )   95 - 104   2022年1月

     詳細を見る

  • 日本酒の経験価値マーケティング -「吉乃川カヨイ」の伝統的慣習の再興をケースとして-

    石塚千賀子, 岸保行, 曽國哲

    新潟大学経済学会 『新潟大学経済論集』   ( 111 )   39 - 51   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 消費者態度と情報探索動機からみる 日本酒のマーケティング・コミュニケーション課題について

    石塚千賀子

    新潟大学経済論集   2020-1 ( 109 )   105 - 116   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学経済学会  

    researchmap

  • 地域に対する深い理解と内省を促すプログラムの設計と評価 査読

    石塚千賀子, 木村裕斗, 松井克浩

    新潟大学高等教育研究   第6   13 - 21   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学教育・学生支援機構  

    本論は, NIIGATACOC+事業の教育プログラム開発の一環で開講した「地域志向科目」の科目設計と評価について論じたものである .地域志向科目は,新潟県が抱える若年層の就労人
    口の減少の問題解決を探る第一歩として,「新潟創生人材」の育成を目指し,新潟県及び県内市町村の魅力を伝える科目である .科目の実施にあたり,地域の特色を知ることのみに主眼を置いた設計では不十分であり,目標とする人材像の育成に向けて,地域に対する深い理解と内省を促すための科目の設計が求められる .科目は事前調査,講義,グループ ・ワークに加え,パフォーマンス課題として自 治体に向けた グループ ・プレゼンテーションで構成された .本論では,ルーブリックに基づく学生の自己評価を中心に科目の効果を検証した.学生の学修成果の検証からは,知識の習得に留ま らず,深い内省と理解へつながっていたことが明示され,科
    目設計の効果を確認することができた.

    researchmap

  • 非生活必需品のリピート購買における販売員の役割と消費者態度の変化 査読

    石塚 千賀子

    2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • ラグジュアリー製品とは何か-その製品とブランドの識別に向けて-

    石塚 千賀子

    現代社会文化研究   ( 66 )   187 - 200   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科  

    researchmap

  • ラグジュアリー・ブランドにおける超高関与消費者層の意義と形成過程

    石塚千賀子

    現代社会文化研究   ( 62 )   321 - 338   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科  

    This research found that in terms of sales performance, "super-loyal customers" (those who have been making frequent purchases for a long time) are the best economic contributors to a brand, and this also elucidate the formation process through which these customers transform from ordinary customers into super-loyal ones. The status of this clientele could be described as "super-highly involved", due to the fact that their status is beyond even "highly involved". This study found some common transitions in the way customers became "super-highly involved." In general, they started at a level of mere product involvement, then developed brand interest, then acquired brand commitment after having pleasant experiences at the brand store. Finally, their motivation for purchasing merchandise developed into a desire for patronage of a particular salesperson. The present case-study research inductively elucidated the hypothetical elements of the formation process described above. In the current highly-competitive environment, face-to-face retail was found to be essential for increasing demand in the luxury brand industry, as we have entered an era in which "who sales" (focusing on the sales representative) have become more important than "what sales" (focusing on the product).

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/41804

  • ラグジュアリー・ブランドの機能:消費者の精神的価値ならびに市場動向の観点から

    石塚千賀子

    現代社会文化研究 第61号   ( 61 )   257 - 273   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科  

    What is the raison d'être of luxury brands, and how are they different from general product brands? In order to elucidate the essential elements involved in luxury branding, this paper tries to interpret their value and impact on consumers and the market trends. For over a century, luxury goods have been conspicuously consumed as symbols of self-actualization, and for their emotional value to consumers. The origin of the demand for luxury goods is in a different dimension from that for basic items used in daily life. While the Japanese economy stagnated for a decade after the burst of the economic bubble around 1991, the sales of luxury brands continued to do well. Currently, luxury brands have become synonymous with areas in Tokyo and Osaka such as Ginza, Omotesando and Shinsaibashi, and also with the highest-level department stores, which have been struggling to compete with e-commerce, "fast fashion" stores, and large shopping malls. The exclusiveness of luxury brands contributes to their sales, and acts as one of the factors differentiating them from shopping malls and so on. In Japan the luxury purchasers had greatly changed. Nowadays, the customers purchasing luxury brands principally come from the wealthier social strata, with some tourists (especially from China) are also purchasing them as well. Maximizing the consumption of luxury goods by the wealthy may help rectify the acceleration of income disparities in Japan.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/41777

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 究極のブランディング-美意識と経営を融合する (単行本)

    長沢 伸也, 得能 摩利子, 石塚 千賀子

    中央公論新社  2022年3月  ( ISBN:4120055191

     詳細を見る

    総ページ数:235   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

講演・口頭発表等

  • NOVEL PARTNERSHIP BETWEEN BRANDS AND “EXTREME” CUSTOMERS

    Kei Aoki, Chikako Ishizuka

    2021 AMA Winter Academic Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 修辞的歴史の利用と価値共創による日本酒の復興

    石塚千賀子

    令和3年度第5回日本酒学セミナー  2022年1月 

     詳細を見る

  • The Role of Sales Representatives and Changes in Consumer Attitudes Toward Repeat Patronage of Luxury Brand Products 招待 国際会議

    Chikako Ishizuka

    International Marketing Trend Conference  2020年2月  ESCP Europe – Marketing Department

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ESCP Europe, 79 avenue de la République, 75011 Paris, FRANCE  

    That presentation accepted for the finalists of Elyette Roux Luxury Award, which took place in Paris: The purpose of this study is to explore the mechanism whereby products in the Japanese Luxury Brands market that are non essential for daily life are repurchased on a frequent basis. To this end, we focus on the tripartite relationship between the luxury brand, the customer and the sales representative. We attempt to redefine the function of the sales representative from the perspective of changes in customer commitment. In this study, we integrate the viewpoints of Consumer Behavior, Service Marketing and Luxury Marketing, and try to derive a new concept based on qualitative research methods and a grou nded theory approach, based on the use of questionnaires, semi structured interviews and participant observation. In this way, we refine the notion of what constitutes a luxury product. It is thereby possible to infer constructive suggestions about custom er contact for the creation of luxury brands that are competitive in the digital age.

    researchmap

  • 現代の日本におけるラグジュアリー概念の既定-21世紀の「贅沢価値」の考察- 招待

    石塚千賀子

    平成29年度 公益財団法人たばこ総合研究センター助成研究報告会  2018年10月  公益財団法人たばこ総合研究センター

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東海大学校友会館  

    助成研究成果の報告を行った。本研究の結果からは、モノが豊かになった現代の日本において、贅沢感は、地位財の消費から得られるものではないことが示唆された。むしろ非地位財の重要性や相手の喜びが重要な決め手となることが示された。

    researchmap

  • ブランド・アンバサダーの介在によるカスタマー・コミットメントの変化から

    石塚千賀子

    日本消費者行動研究学会第52回研究大会  2016年11月  日本消費者行動研究学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:専修大学  

    先の発表の続編として、なぜ顧客が変容するのかのプロセスについてM-GTAを用いてコミットメント形成のプロセスの概念化を行ったものを発表した。

    researchmap

  • ブランド・アンバサダーの介在によるコミットメントの変容から

    石塚 千賀子

    日本消費者行動研究学会  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ブランド・アンバサダーの介在によるカスタマー・コミットメントの移転

    石塚千賀子

    日本消費者行動研究学会第52回研究大会  2016年6月  日本消費者行動研究学

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西学院大学  

    近年のブランド研究では、ブランドと顧客の関係性が着目されている。しかし、ロイヤルカスタマーは、販売員が介在することでブランドよりも販売員により高いコミットメントを示し、ブランドは二の次になるという逆転現象を示した。

    researchmap

  • ブランド・アンバサダーの介在によるコミットメントの移転

    石塚 千賀子

    2016年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 関川村上土沢集落におけるアクションリサーチ

    2019年7月 - 2020年3月

    地方自治体  新潟県 集落活性化調査研究業務 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    関川村上土沢集落における地域活性化の取り組みに関わり、その課題の明確化を図るとともに、発展に向けた施策を協創する。

    researchmap

  • 創造的な人的販売を促進および阻害する組織的要因について

    2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(S)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 消費者と市民の経済思想:戦後日本社会論の再構築

    2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    生垣琴絵

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 現代の日本におけるラグジュアリー概念の規定-21世紀の贅沢価値の考察-

    2017年4月 - 2018年3月

    民間財団等  公益財団法人たばこ総合研究センター研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 21世紀の贅沢とは何か

    2017年4月 - 2018年3月

    民間学術研究振興費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • マーケティング論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • マーケティング論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • マーケティング論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟地域の魅力を探る

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の企業の魅力を探る

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • マーケティング論 II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本酒とブランディング

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • マーケティング論特論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • マーケティング論演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズI

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズII

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • マーケティング論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • マーケティング論Ⅰ

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • マーケティング論Ⅱ

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • マーケティング論

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 新潟の企業の魅力を探る

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 新潟地域の魅力を探る

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 自宅待機社員に向けた自己効力感発見ウェブ・セミナー

    役割:出演, 講師

    株式会社 iDA  社内専用ウエブ  2020年5月 - 2020年9月

     詳細を見る

    対象: 企業

    researchmap

  • 出前授業「組織をマネジメントするとは」

    役割:講師

    五泉高校  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    researchmap

  • 経営者およびマネジメント向けのサービスに関する助言

    役割:助言・指導

    山重株式会社  2019年7月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 企業

    researchmap

  • 協創塾フォローアップ研修

    役割:講師

    JA新潟中央会  2019年1月

     詳細を見る

  • 新潟清酒産地呼称協会 推進審議委員(外部アドバイザー)

    役割:助言・指導

    2019年 - 現在

     詳細を見る

    対象: 企業

    researchmap

  • マネージャー数値管理研修

    役割:講師

    複数ブランドの集合研修  2018年8月 - 現在

     詳細を見る

  • 女性社員向けストレスマネジメントおよび自己効力感についての講座

    役割:講師

    2018年8月 - 2018年9月

     詳細を見る

    対象: 企業

    researchmap

  • 管理者研修「数値管理と人材育成」

    役割:出演, 講師, 助言・指導

    八木通商株式会社  2017年7月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 企業

    researchmap

  • 同友会大学

    役割:講師

    2016年11月

     詳細を見る

    対象: 企業

    researchmap

▶ 全件表示

学術貢献活動

  • 新潟志民委員会

    役割:企画立案・運営等

    2013年3月 - 現在

     詳細を見る