基本情報

写真a

田中 一裕

TANAKA Kazuhiro


学系

人文社会・教育科学系

系列

実践教育学系列

職名

准教授

研究室住所

人文社会科学系棟F288

研究分野・キーワード

教育学、中等教育、教科教育学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-233-6321

研究室FAX

025-233-6321

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  教育学研究科  現代社会文化研究科

    博士課程,2013年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学(博士),教科教育学,新潟大学,課程,2013年03月

  • 教育学(修士),教科教育学,新潟大学,課程,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 創生学部 創生学修課程,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会科教育学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本公民教育学会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭1種免許

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 寡占企業の暗黙の共謀を事例とする主体的意思決定力の変容をはかる公民か授業実践-パースの『アブダクション理論』を手がかりにして-,田中 一裕,社会系教科教育学研究,No.26, pp.51-60,2016年09月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,教科教育学

  • 高等学校公民科における『生徒が自ら構築する合理的意思決定学習の方法論的意義』-日本のTPP参加問題を事例として-,田中 一裕,社会系教科教育研究,No.24, pp.81-90,2013年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,教科教育学

  • 年金制度改革を事例として主体的意思決定力の変容をはかる公民科授業実践H.A.サイモンの『限定された合理性』概念を手がかりにして,田中 一裕,公民教育研究,No.18, pp.97-108,2011年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,教科教育学

  • 『主体的意思決定力の育成』を図る公民科授業実践-戦略的環境アセスメントを事例として-,田中 一裕,現代社会研究,No.51, pp.97-109,2011年07月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教科教育学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,フィールドスタディーズ(学外学修),2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎ゼミI,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,リフレクションデザイン I,2017年04月 ~ 2017年06月,専任