基本情報

写真a

木村 裕斗

KIMURA Yuto


職名

准教授

研究分野・キーワード

組織行動,チーム学習

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

組織行動領域に関心を置き,集団内の社会的な相互作用や創造的な成果を導出するためのチーム学習行動について研究しています。
特に,組織のメンバーにとって組織の風土やリーダーシップは所与の条件であり,容易に変更することができないため,それらの条件に適応的な行動レベルの振る舞いに焦点を当てています。
また,最近は「大学で学ぶ概念的な思考力こそが,今後の社会で真に求められる能力ではないか」という仮説のもと,職場と高等教育の両面からあるべき学習プロセスを模索することにも関心を持っています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  人間科学部  人間情報科学科

    大学,2007年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  ビジネス科学研究科  経営システム科学専攻

    修士課程,2014年03月,修了,日本国

  • 筑波大学  ビジネス科学研究科  企業科学専攻

    博士課程,2016年04月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経営学),経営学,筑波大学,課程,2016年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教育・学生支援機構 連携教育支援センター,准教授,2017年05月 ~ 継続中

  • 新潟大学 教育・学生支援機構 教育・学生支援企画室,准教授,2017年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 経営行動科学学会,2014年01月 ~ 継続中,日本国

  • 国際戦略経営研究学会,2013年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本マネジメント学会,2015年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 創造的な成果を導出するためのチーム学習行動のモデル化に関する研究,2012年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,経常研究

    組織内において創造的な成果を導出するためのチームレベルの相互作用に着目し,主として構造方程式モデリングや人工社会シミュレーションといったアプローチから,集団の特性に応じてどのようなタイプの学習行動が創造的な成果に結びつくのかを探求している。

  • 創造的パフォーマンス導出のための高次認知能力形成メカニズムに関する研究,2018年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,科学研究費補助金

    職場内の学習(知識相互作用)プロセスと高等教育における学習プロセスの両面に着目し,組織で必要とされる高次認知能力の形成にアプローチするとともに,それらがいかにして職場における創造的パフォーマンスの遂行につながるのかという統合的メカニズムを探求している。

論文 【 表示 / 非表示

  • 地域に対する深い理解と内省を促すプログラムの設計と評価,石塚 千賀子,木村 裕斗,松井 克浩,新潟大学高等教育研究,Vol.6,2018年,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 創造的チーム学習モデルの探索的検討 —多次元的チーム学習行動と集団特性および創造的成果の関係性—,木村 裕斗,経営行動科学,Vol.28,No.3, pp.197-212,2016年04月,日本語

    DOI:10.5651/jaas.28.197,研究論文(学術雑誌),単著

  • Simulation of knowledge interaction and knowledge convergence in groups,Yuto Kimura, Tomohiko Harada, Kazuhiko Tsuda,Business Science and Management,Vol.1,No.1, pp.20-27,2015年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effectiveness of creative team learning tailored to group characteristics: Examination by simultaneous multi-population analysis,Yuto Kimura,Journal of Strategic Management Studies,Vol.7,No.2, pp.49-64,2015年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2018年04月 ~ 2022年03月,組織内で創造的パフォーマンスを導出するための高次認知能力形成メカニズムの探求

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 経営行動科学学会 第17回年次大会,木村裕斗,国内会議,2014年11月,一橋大学,創造的チーム学習モデルの検討 —集団特性の影響に着目して—,口頭(一般)

  • 国際戦略経営研究学会 第7回年次大会,木村裕斗,国内会議,2014年09月,中央大学,集団特性に応じた創造的チーム学習の有効性: 多母集団同時分析による検討,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,地元学入門,2018年08月 ~ 2018年09月,専任

  • 2018年度,学生企画プロジェクト,2018年08月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,新潟の企業の魅力を探る,2017年12月 ~ 2018年02月,専任

  • 2017年度,人間関係論,2017年10月 ~ 2017年11月,専任

  • 2017年度,新潟地域の魅力を探る,2017年10月 ~ 2017年11月,専任

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際戦略経営研究学会,理事,2017年09月 ~ 継続中