基本情報

写真a

田中 慎吾

TANAKA Shingo


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  理学部  生物学科

    大学,2001年03月,卒業,その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院  理学研究科  生物科学専攻

    博士課程,2004年03月,修了,その他

  • 大阪大学大学院  生命機能研究科

    博士課程,2010年03月,修了,その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),神経生理学・神経科学一般,大阪大学,課程,2010年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 感覚統合医学,助教,2018年02月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 玉川大学 脳科学研所,博士研究員,2010年04月 ~ 2016年03月

  • 玉川大学 脳科学研究所,特任助教,2016年04月 ~ 2018年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会,,日本国

  • 日本神経科学学会,,日本国

  • Society for Neuroscience,,アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多点ECoG電極を用いた、前頭前野における価値情報生成メカニズムの解明,2016年 ~ 2017年

    ,未設定,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • Computation of Object Size in Visual Cortical Area V4 as a Neural Basis for Size Constancy.,Tanaka S, Fujita I,The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience,Vol.35,No.34, pp.12033-12046,2015年08月,その他外国語

    DOI:10.1523/JNEUROSCI.2665-14.2015,研究論文(学術雑誌),共著

  • Dissociable functions of reward inference in the lateral prefrontal cortex and the striatum,Shingo Tanaka, Xiaochuan Pan, Mineki Oguchi, Jessica E. Taylor, Masamichi Sakagami,Front. Psychol.,Vol.6,No.995,2015年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Double Virus Vector Infection to the Prefrontal Network of the Macaque Brain.,Oguchi M, Okajima M, Tanaka S, Koizumi M, Kikusui T, Ichihara N, Kato S, Kobayashi K, Sakagami M,PloS one,Vol.10,No.7,2015年,その他外国語

    DOI:10.1371/journal.pone.0132825,研究論文(学術雑誌),共著

  • Four Na+/H+ exchanger isoforms are distributed to Golgi and post-Golgi compartments and are involved in organelle pH regulation.,Nakamura N, Tanaka S, Teko Y, Mitsui K, Kanazawa H,The Journal of biological chemistry,Vol.280,No.2, pp.1561-1572,2005年01月,その他外国語

    DOI:10.1074/jbc.M410041200,研究論文(学術雑誌),共著

  • A novel kinesin-like protein, KIF1Bbeta3 is involved in the movement of lysosomes to the cell periphery in non-neuronal cells.,Matsushita M, Tanaka S, Nakamura N, Inoue H, Kanazawa H,Traffic (Copenhagen, Denmark),Vol.5,No.3, pp.140-151,2004年03月,その他外国語

    DOI:10.1111/j.1600-0854.2003.00165.x,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 推移的推論の脳メカニズム ─汎用人工知能の計算理論構築を目指して─,田中 慎吾, 坂上 雅道, 玉川大学脳科学研究所, 玉川大学脳科学研究所,人工知能,Vol.32,2017年11月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • サルV4野神経細胞における両眼視差選択性と大きさ選択性の相互関係,田中慎吾, 藤田一郎,社団法人電子情報通信学会,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,Vol.107,No.542, pp.79-84,2008年03月,その他外国語

    総説・解説(商業誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 31st International Congress of Psychology 2016,田中慎吾、川嵜圭祐、長谷川功、鈴木隆文、坂上雅道,国際会議,2016年07月,Decoding value related signals represented in multiple areas of the prefrontal cortex using ECoG electrodes,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第37回日本神経科学大会,田中慎吾、O’Doherty JP、坂上雅道,国際会議,2014年09月,The cost paid for the reward enhances the value of the reward,口頭(一般)

  • Symposium on Human Cognitive Neuroscience: Neural Dynamics of Internal Switching,田中慎吾、O’Doherty JP、坂上雅道,国内会議,2014年01月,The enhancement of the reward value by the cost paid for the reward,口頭(招待・特別)

  • 人間と動物の「意思決定・論理・認知」を探る --神経科学から哲学まで--,田中慎吾、O’Doherty JP、坂上雅道,国内会議,2013年02月,The effect of cost on the reward prediction error signal in midbrain dopamine neurons,口頭(招待・特別)

  • 第3回ブレイン・バイオコミュニケーション研究会,田中慎吾, 藤田一郎,国内会議,2009年11月,両眼視差に依存したサル視覚野神経細胞の大きさ選択性の変化と大きさ恒常性との関係,口頭(一般)

全件表示 >>