基本情報

写真a

片桐 昭彦

KATAGIRI Akihiko


学系

人文社会科学系

系列

人文科学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

日本中世史

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  人文学部  文化課程

    大学,1996年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  人文科学研究科  日本・東洋文化専攻

    修士課程,1998年03月,修了,日本国

  • 中央大学  文学研究科  日本史学専攻

    博士課程,2003年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(史学),日本史,中央大学,課程,2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 人文学部 人文学科,准教授,2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 中央大学 文学部,非常勤講師,2003年04月 ~ 2007年03月

  • 東京都練馬区,郷土資料調査員,2007年04月 ~ 2016年09月

  • 東京大学 地震研究所,特任研究員,2016年10月 ~ 2019年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 新潟史学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本史研究会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 戦国史研究会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 中央史学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 大阪歴史学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 明応関東地震と年代記―『鎌倉大日記』と『勝山記』―,片桐 昭彦,災害・復興と資料,No.10, pp.1-8,2018年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 村上(山浦)景国の家中・知行と海津城,片桐 昭彦,松代,No.31, pp.1-15,2018年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 春日社越後御師と上杉氏・直江氏―「大宮家文書」所収文書の紹介―,片桐 昭彦,新潟史学,No.75, pp.41-59,2017年11月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 謙信の家族・一族と養子たち,片桐 昭彦,福原圭一・前嶋敏編『上杉謙信』 高志書院, pp.29-58,2017年11月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 地震史料としての日記の性質―19世紀の武蔵国多摩地域の地震を事例に―,片桐 昭彦,災害・復興と資料,No.9, pp.14-23,2017年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 越後文書宝翰集 色部氏文書Ⅲ,片桐 昭彦,新潟大学・新潟県立歴史博物館,2019年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 越後文書宝翰集 三浦和田氏文書Ⅰ,片桐 昭彦,新潟大学・新潟県立歴史博物館,2018年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 越後文書宝翰集 色部氏文書Ⅱ,片桐 昭彦,新潟大学・新潟県立歴史博物館,2017年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 六日町史 資料編 第1巻 先史・古代・中世,片桐 昭彦,新潟県南魚沼市,2016年03月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 練馬区の文化財 指定文化財編,片桐 昭彦,東京都練馬区,2016年03月,日本語

    単行本(一般書),共編者

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 年代記にみる中世後期の地震―『常光寺王代記并年代記』と明応2年の地震―,片桐 昭彦,2018年前近代歴史地震史料研究会講演要旨集 新潟大学, pp.34-36,2018年11月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

  • 明応4(1495)年の関東地震と相模湾津波―文献史料の観点から―,片桐 昭彦,地震史料シンポジウム 地域史料から地震学へのアプローチ(要旨集) 東京大学地震火山史料連携研究機構,地震・火山噴火予知研究協議会史料・考古部会, pp.8-13,2018年11月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

  • 和漢年代記の改訂・増補と地震記事―『倭漢皇統編年合運図』を中心に―,片桐 昭彦,第35回歴史地震研究会(大分大会)講演要旨集, p.31,2018年09月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

  • 日記史料にみる時間表現の情報化,片桐 昭彦 ・ 西山 昭仁 ・ 水野 嶺,人間文化研究情報資源共有化研究会報告集,No.8, pp.33-44,2018年04月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

  • 年代記にみる明応の地震―『鎌倉大日記』と『勝山記』―,片桐 昭彦,2017年前近代歴史地震史料研究会講演要旨集 新潟大学, pp.34-36,2017年11月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 書評と紹介―黒田基樹著『戦国期山内上杉氏の研究』,『日本歴史』 792号,2014年05月

    書評

  • 書評―木村康裕著『戦国期越後上杉氏の研究』,『新潟史学』 68号,2012年10月

    書評

  • 書評―峰岸純夫著『中世の合戦と城郭』,『中央史学』 34号,2011年03月

    書評

  • 練馬区の庚申塔,『文化財の保護』 43号,東京都,2011年03月

    フィールドワーク

  • 書評―矢田俊文・工藤清泰編『日本海域歴史大系第三巻中世篇』,『新潟史学』 54号,2005年10月

    書評

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,災害記録としての活用に向けた年代記の研究

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2020年03月,中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究 (研究分担者)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 地震史料シンポジウム 地域史料から地震学へのアプローチ(於 東京大学 福武ラーニングシアター),片桐 昭彦,国内会議,2018年11月,明応4(1495)年の関東地震と相模湾津波―文献史料の観点から―,口頭(一般)

  • 第6回前近代歴史地震史料研究会(於 新潟大学),片桐 昭彦,国内会議,2018年11月,年代記にみる中世後期の地震―『常光寺王代記并年代記』と明応2年の地震―,口頭(一般)

  • 第35回歴史地震研究会(大分大会)(於 J:COM ホルトホール大分),片桐 昭彦,国内会議,2018年09月,和漢年代記の改訂・増補と地震記事―『倭漢皇統編年合運図』を中心に―,口頭(一般)

  • EGU General Assembly 2018, EG, Austria Center Vienna (ACV), Vienna, Austria,A. Nishiyama, M. Ebara, A. Katagiri, Y. Oishi and K. Satake,国際会議,2018年04月,Long-term seismic activity database based on historical diaries widely distributed in Japan,ポスター(一般)

  • 第13回人間文化研究情報資源共有化研究会「研究資源共有のための時間情報基盤の構築に向けて―過去の時間はどのように特定されるのか?―」(於 京都大学稲盛財団記念館),片桐 昭彦 ・ 西山 昭仁 ・ 水野 嶺,国内会議,2018年02月,日記史料にみる時間表現の情報化,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 中央史学会,評議員,2017年07月 ~ 継続中

  • 中央史学会,編集委員,2017年07月 ~ 2019年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 新潟県南魚沼市郷土史編集委員会 調査執筆委員,2010年04月 ~ 継続中

  • 茨城県民大学講座,2009年06月 ~ 2009年08月

  • 東京都調布市市民カレッジ講座,2006年11月 ~ 2007年02月

  • 新潟県上越市 上越市史編さん室 調査執筆委員,2001年04月 ~ 2004年12月