基本情報

写真a

北岡 本光

KITAOKA Motomitsu


学系

自然科学系

系列

農学系列

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部  反応化学科

    大学,1985年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),応用生物化学,東京大学,論文,1993年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 農学部 農学科,教授,2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • アイオワ州立大学 生化学・生物物理学科,博士研究員,1995年05月 ~ 1998年02月

  • 生物系特定産業技術研究推進機構 (農林水産省食品総合研究所),派遣研究員,1998年04月 ~ 1999年09月

  • 農林水産省食品総合研究所 生物機能開発部,主任研究員,1999年10月 ~ 2001年03月

  • (独法)食品総合研究所 生物機能開発部,主任研究員,2001年04月 ~ 2004年03月

  • (独法)食品総合研究所 生物機能開発部,酵素機能研究室長,2004年04月 ~ 2006年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用糖質科学会,,日本国

  • 日本糖質学会,,日本国

  • 日本農芸化学会,,日本国

  • 日本生物工学会,,日本国

  • 日本乳酸菌学会,,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

  • 生物有機化学

  • 応用微生物学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • LNB製造に必須な酵素を高生産するビフィズス菌の育種技術の開発,2013年09月 ~ 2014年08月

    応用微生物学,国内共同研究,その他の研究制度

  • 酵素工学を活用した糖質資源高度利用プラットフォーム構築,2013年07月 ~ 2016年03月

    応用生物化学,国内共同研究,その他の研究制度

  • 人工乳の母乳化に寄与する新規ミルクオリゴ糖の生産技術の開発,2010年07月 ~ 2013年03月

    食品科学,国内共同研究,その他の研究制度

  • 酵素デザインを活用したミルクオリゴ糖の実用的生産技術の開発,2005年07月 ~ 2010年03月

    ビフィズス菌、ヒトミルクオリゴ糖、酵素,応用微生物学,国内共同研究,新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業

論文 【 表示 / 非表示

  • Surface structural analysis of selectively 13C-labeled cellulose II by solid-state NMR spectroscopy,1. Yusuke Kita, Ryosuke Kusumi, Tsunehisa Kimura, Motomitsu Kitaoka, Yusuke Nishiyama, Masahisa Wada,Cellulose,Vol.27,No.4, pp.1899-1907,2020年04月,英語

    DOI:10.1007/s10570-019-02896-x,研究論文(学術雑誌),共著,応用生物化学

  • Evolutionary adaptation in fucosyllactose uptake systems supports bifidobacteria-infant symbiosis,1. Mikiyasu Sakanaka, Morten Ejby Hansen, Aina Gotoh, Toshihiko Katoh, Keisuke Yoshida, Toshitaka Odamaki, Hiroyuki Yachi, Yuta Sugiyama, Shin Kurihara, Junko Hirose, Tadasu Urashima, Jin-zhong Xiao, Motomitsu Kitaoka, Satoru Fukiya, Atsushi Yokota, Leila Lo Leggio, Maher Abou Hachem, Takane Katayama,Science Advances,Vol.5,No.8, p.eaaw7696,2019年08月,英語

    DOI:10.1126/sciadv.aaw7696,研究論文(学術雑誌),共同研究につき担当部分抽出不可,共著,応用微生物学

  • Structural basis for broad substrate specificity of UDP-glucose 4-epimerase in the human milk oligosaccharide catabolic pathway of Bifidobacterium longum,Young-Woo Nam, Mamoru Nishimoto, Takatoshi Arakawa, Motomitsu Kitaoka, Shinya Fushinobu,Scientific Reports,Vol.9, p.11081,2019年07月,英語

    DOI:10.1038/s41598-019-47591-w,研究論文(学術雑誌),共同研究につき本人分担部分抽出不可能,共著,応用微生物学

  • Epimerization and decomposition of kojibiose and sophorose by heat treatment under neutral conditions,1. Kazuhiro Chiku, Mami Wada, Haruka Atsuji, Arisa Hosonuma, Mitsuru Yoshida, Hiroshi Ono, and Motomitsu Kitaoka,Journal of Applied Glycoscience,Vol.66,No.1, pp.1-9,2019年02月,英語

    DOI:10.5458/jag.jag.JAG-2018_0002,研究論文(学術雑誌),共著

  • Identification, functional characterization, and crystal structure determination of bacterial levoglucosan dehydrogenase.,Sugiura M, Nakahara M, Yamada C, Arakawa T, Kitaoka M, Fushinobu S,The Journal of biological chemistry,Vol.293,No.45, pp.17375-17386,2018年11月,その他外国語

    DOI:10.1074/jbc.RA118.004963,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 食と微生物の事典 (北本勝ひこ, 春田伸, 丸山潤一, 後藤慶一, 尾花望, 齋藤勝晴 eds), ,北岡本光,朝倉書店,2017年08月,日本語

    事典・辞書,単訳

  • 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療から食品開発まで~ (秋吉一成, 津本浩平, 加藤晃一, 鷹羽武史, 深瀬浩一, 古川鋼一 eds),北岡本光,エヌ・ティー・エス,2015年12月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • シリーズ21世紀の農学-ここまで進んだ!飛躍する農学(日本農学会編),北岡本光,養賢堂,2015年10月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • Directed Evolution Library Creation, Methods in Molecular Biology Volume 1179 (Elizabeth M.J. Gillam, Janine N. Copp, and David F. Ackerley eds.),Ryota Fujii, Motomitsu Kitaoka, and Kiyoshi Hayashi, ,Springer,2014年12月,英語

    単行本(学術書),共著

  • Directed Evolution Library Creation, Methods in Molecular Biology Volume 1179 (Elizabeth M.J. Gillam, Janine N. Copp, and David F. Ackerley eds.),Ryota Fujii, Motomitsu Kitaoka, and Kiyoshi Hayashi, ,Springer,2014年12月,英語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Varied pathways of infant gut-associated Bifidobacterium to assimilate human milk oligosaccharides: prevalence of the gene set and its correlation with bifidobacteria-rich microbiota formation,1. Mikiyasu Sakanaka, Aina Gotoh, Keisuke Yoshida, Toshitaka Odamaki, Hiroka Koguchi, Jin-zhong Xiao, Motomitsu Kitaoka, Takane Katayama,MDPI,Nutrients,Vol.12,No.1, p.71,2020年01月,英語

    DOI:10.3390/nu12010071,総説・解説(学術雑誌),共著,応用微生物学,ケミカルバイオロジー

  • ホスホリラーゼを用いた実用的なオリゴ糖製造技術,北岡本光,東洋クリエート株式会社,創造,Vol.45, pp.8-12,2019年08月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 糖質関連酵素酵素活用技術の開発,北岡本光,応用糖質科学,Vol.8,No.1, pp.20-32,2018年02月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • ビフィズス菌由来ヒトミルクオリゴ糖分解酵素のカタログ化,北岡本光,ミルクサイエンス,Vol.66,No.3, pp.235-240,2017年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • ホスホリラーゼ工学による有用オリゴ糖の調製,北岡本光,食糧,Vol.45, pp.19-32,2017年12月,日本語

    機関テクニカルレポート,プレプリント等,単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,腸内細菌叢改善剤及びその使用,中井 博之, 栗原 新, 片山 高嶺, 北岡 本光

    出願番号( 特願2017-000245,2017年01月04日 ) 公開番号( 特開2018-108968,2018年07月12日 ) ,国立大学法人 新潟大学, 石川県公立大学法人, 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構,日本国

  • 特許,微生物を用いたポリオールエステルの製造方法,真野 潤一, 北岡 本光, 池 正和, 徳安 健, 橘田 和美, 小野 裕嗣

    出願番号( 特願2016-226297,2016年11月21日 ) 公開番号( 特開2018-082636,2018年05月31日 ) ,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構,日本国

  • 特許,オリゴ糖の製造方法,北岡 本光, 西本 完

    出願番号( 特願2016-051259,2016年03月15日 ) 公開番号( 特開2017-163881,2017年09月21日 ) ,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構,日本国

  • 特許,グリコーゲンホスホリラーゼ製剤の製造方法,北岡 本光, 清水 金忠

    出願番号( 特願2015-113748,2015年06月04日 ) 公開番号( 特開2017-000002,2017年01月05日 ) ,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, 森永乳業株式会社,日本国

  • 特許,β−マンノシドの製造方法,中井 博之, 仁平 高則, 大坪 研一, 北岡 本光

    出願番号( 特願2013-122333,2013年06月11日 ) 公開番号( 特開2014-239651,2014年12月25日 ) ,国立大学法人 新潟大学, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 学会賞,2017年09月,その他,その他の賞,日本応用糖質科学会,北岡本光

  • 英文誌最多被引用論文賞,2011年03月,その他,その他の賞,日本農芸化学会,北岡本光

  • 技術賞,2009年04月,その他,その他の賞,飯島記念食品科学振興財団,北岡本光

  • 英文誌最多被引用論文賞,2009年03月,その他,その他の賞,日本農芸化学会,北岡本光

  • 奨励賞,2002年09月,その他,その他の賞,日本応用糖質科学会,北岡本光

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本応用糖質科学会,英文誌編集委員長,2011年06月 ~ 継続中