基本情報

写真a

栗田 裕司

KURITA Hiroshi


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

地層、堆積環境、新生代、渦鞭毛藻化石、石油地質

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://geo.sc.niigata-u.ac.jp/~kurita/

プロフィール

石油会社等の企業と共同で研究を行っています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),層位・古生物学,北海道大学,論文,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部,助教授,2001年04月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 理学部 地質科学科,准教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Society for Sedimentary Geology (SEPM),2010年01月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 化石藻類と地質時代の環境の関係・地層中の有機物と堆積環境の関係,1990年04月 ~ 継続中

    堆積性有機物 ケロジェン 渦鞭毛藻化石 古環境,地質学,未設定,総合研究

  • 北西太平洋地域の中生代~新生代渦鞭毛藻化石層序,1990年04月 ~ 継続中

    新生代 中生代 渦鞭毛藻化石 生層序,地質学,未設定,総合研究

  • 東北日本~北海道の新生代堆積盆の層序・堆積盆解析および構造発達史,1990年04月 ~ 継続中

    新生代 堆積盆地 東北日本 北海道 層序 地質構造,地質学,未設定,総合研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Dinoflagellate cysts from the basal Miocene coarse-grained facies, Hozakayama area, northern Niigata, central Japan.,Kurita, H. and Ishikawa, Y.,Science Report, Niigata University (Geology),No.25, pp.69-82,2010年12月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Eocene Mollusca from the Tainohata Formation in Kôbe City, southwest Japan. ,Matsubara, T., Kurita, H.,Palaeontological Research,No.14, pp.119-144,2010年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Geological and geochemical aspects of a Devonian siliceous sequence in northern Thailand: Implications for the opening of the Paleo-Tethys. ,Hara, H., Kurihara, T., Kuroda, J., Adachi, Y., Kurita, H., Wakita. K, Hisada, K., Charusiri, P., Charoentitiratan, T. and Chaodumrong, P.,Palaeogeography Palaeoclimatology Palaeoecology,No.297, pp.452-464,2010年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Dinoflagellate cysts during the Middle Miocene Climatic Optimum (MMCO) from the Namiishi-zawa section of the Kamagui Formation, northern Niigata, central Japan.,Kurita, H. and Ishikawa, Y.,Science Report, Niigata University (Geology),No.24, pp.63-79,2009年12月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Eocene ostracode assemblages with Robertsonites from Hokkaido and their implications for the paleobiogeography of Northwestern Pacific.,Yamaguchi, T., Kurita, H.,Bulletin of the Geological Survey of Japan,Vol.59, pp.69-84,2008年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本地方地質誌編集委員会編「日本地方地質誌(北海道)」,日本地方地質誌編集委員会編,朝倉書店,2010年12月,日本語

    単行本(学術書),古第三紀石炭層形成域の地層群,新第三紀,構造発達史,共著

  • Proceedings and abstracts from 2006 Japan-Korea Joint Symposium on Ocean Drilling (Niigata). Niigata Univeristy,Kurita, H. and Miyashita, S., eds.,Niigata University,2007年12月,英語

    その他,pp.1-122,共編著

  • 日本の地質増補版編集委員会編「日本の地質増補版」,栗田裕司・保柳康一,共立出版,2005年12月,日本語

    単行本(学術書),I 北海道地方;第2章古第三系(pp.6-9),共著

  • Development of Tertiary sedimentary basins around Japan Sea (East Sea). Niigata Univeristy,Tateishi, M. and Kurita, H. eds.,Niigata University,2002年12月,英語

    その他,pp.1-190,共著

  • 化石研究会編「化石の研究法」,松岡數充・栗田裕司,共立出版,2000年12月,日本語

    単行本(学術書),渦鞭毛藻化石(pp.51-54),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 中越地域の地質構造の発達過程,栗田裕司,産業技術総合研究所,地質ニュース,No.676, pp.28-31,2010年12月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 『伝わる授業』設計コンセプトの一例:「中身」と「技法」.,栗田裕司,新潟大学,新潟大学大学教育開発研究センター年報,No.13, pp.43-50,2009年12月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • ロータリー式掘削井におけるカッティングス試料の特性,栗田裕司,月刊地球,Vol.29, pp.168-175,2007年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 渦鞭毛藻への招待,栗田裕司,化石,Vol.no.75, pp.60-65,2004年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 新潟堆積盆地の油田新第三系,栗田裕司・中川清隆,日本地学教育学会第57回全国大会上越大会講演予稿集(巡検Bコース), pp.150-154,2003年12月,日本語

    総説・解説(その他),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本古生物学会 学術賞,2007年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本古生物学会,栗田裕司

  • 石油技術協会 論文賞,1998年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,石油技術協会,栗田裕司・小布施明子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,複数の卓越方向をもつ背弧域リフト帯の初期形成・埋積過程の復元

    複数の卓越方向をもつ背弧域リフト帯の初期形成・埋積過程の復元

  • 基盤研究(C),2002年04月 ~ 2004年03月,西南日本における古第三紀渦鞭毛藻化石層序の基礎的研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,セミナー,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,応用地質学実習,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,課題研究(地質科学科),2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,野外実習I,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,野外実習III,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

全件表示 >>