基本情報

写真a

原 昇

HARA Noboru


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部

    大学,1995年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,泌尿器科学,新潟大学,課程,2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助教,2006年12月 ~ 2015年04月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,助教,2006年12月 ~ 2015年04月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,助教,2006年12月 ~ 2015年04月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 泌尿器科,講師,2015年05月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,講師,2015年05月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会,1995年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本移植学会,1995年07月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Kobayashi K, Saito T, Kitamura Y, Nobushita T, Kawasaki T, Hara N*, Takahashi K. Effect of the time from the presentation of symptoms to medical consultation on primary tumor size and survival in patients with testicular cancer: Shift in the last 2 decades.,Kobayashi K, Saito T, Kitamura Y, Nobushita T, Kawasaki T, Hara N,rologic Oncology: Seminars & Original investigations,Vol.1,No.43, pp.e17-e22,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Type 2 Diabetes: A Protective Factor for Prostate Cancer? An Overview of Proposed Mechanisms, Rastmanesh R, Hejazi J, Marotta F, Hara N,Clinical Genitourinary Cancer,Vol.12,No.3, pp.143-148,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Oncological outcomes in patients with stage I testicular seminoma and nonseminoma: pathological risk factors for relapse and feasibility of surveillance after orchiectomy,Kobayashi K, Saito T, Kitamura Y, Nobushita T, Kawasaki T, Hara N*, Takahashi K,Diagnostic Pathology,Vol.8,No.57,2013年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Androgen deprivation promotes intratumoral synthesis of dihydrotestosterone from androgen metabolites in prostate cancer,Ishizaki F, Nishiyama T, Kawasaki T, Miyashiro Y, Hara N, Takizawa I, Naito M, Takahashi K,Scientific Report,Vol.3,No.1528,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Decrease in lean body mass in men with prostate cancer receiving androgen deprivation therapy: mechanism and biomarkers,Hara N*, Ishizaki F, Saito T, Nishiyama T, Kawasaki T, Takahashi K,Urology,Vol.81,No.2, pp.376-380,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2007年度,臨床検査実習,2007年04月 ~ 継続中,兼任