基本情報

写真a

五十嵐 道弘

IGARASHI Michihiro


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,東京大学,課程,1987年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,教授,2001年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医学部 医学科,教授,2001年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Wnt/planar cell polarity pathway component Vangl2 induces synapse formation through direct control of N-cadherin.,Nagaoka Tadahiro, Ohashi Riuko, Inutsuka Ayumu, Sakai Seiko, Fujisawa Nobuyoshi, Yokoyama Minesuke, Huang Yina H, Igarashi Michihiro, Kishi Masashi,Cell Rep,Vol.6,No.5, pp.916-927,2014年03月,英語

    DOI:10.1016/j.celrep.2014.01.044,研究論文(学術雑誌),共著

  • Pioneering axons regulate neuronal polarization in the developing cerebral cortex.,Namba Takashi, Kibe Yuji, Funahashi Yasuhiro, Nakamuta Shinichi, Takano Tetsuya, Ueno Takuji, Shimada Akiko, Kozawa Sachi, Okamoto Mayumi, Shimoda Yasushi, Oda Kanako, Wada Yoshino, Masuda Tomoyuki, Sakakibara Akira, Igarashi Michihiro, Miyata Takaki, Faivre-Sarrailh Catherine, Takeuchi Kosei, Kaibuchi Kozo,Neuron,Vol.81,No.4, pp.814-829,2014年02月,英語

    DOI:10.1016/j.neuron.2013.12.015,研究論文(学術雑誌),共著

  • Point mutation in syntaxin-1A causes abnormal vesicle recycling, behaviors, and short term plasticity.,Watanabe, Yumi,Katayama, Norikazu,Takeuchi, Kosei,Togano, Tetsuya,Itoh, Rieko,Sato, Michiko, Yamazaki, Maya,Abe, Manabu,Sato, Toshiya, Oda, Kanako,Yokoyama, Minesuke, Takao, Keizo, Fukaya, Masahiro,Miyakawa, Tsuyoshi,Watanabe, Masahiko,Sakimura, Kenji,Manabe, Toshiya,Igarashi, Michihiro,J Biol Chem,Vol.288,No.48, pp.34906-34919,2013年11月,英語

    DOI:10.1074/jbc.M113.504050,研究論文(学術雑誌),共著

  • Chondroitin sulphate N-acetylgalactosaminyl-transferase-1 inhibits recovery from neural injury.,Takeuchi Kosei, Yoshioka Nozomu, Higa Onaga Susumu, Watanabe Yumi, Miyata Shinji, Wada Yoshino, Kudo Chika, Okada Masayasu, Ohko Kentaro, Oda Kanako, Sato Toshiya, Yokoyama Minesuke, Matsushita Natsuki, Nakamura Masaya, Okano Hideyuki, Sakimura Kenji, Kawano Hitoshi, Kitagawa Hiroshi, Igarashi Michihiro,Nat Commun,Vol.4, p.2740,2013年,英語

    DOI:10.1038/ncomms3740,研究論文(学術雑誌),共著

  • Morphological assessment of early axonal regeneration in end-to-side nerve coaptation models.,Oyamatsu Hiroshi, Koga Daisuke, Igarashi Michihiro, Shibata Minoru, Ushiki Tatsuo,J Plast Surg Hand Surg,Vol.46,No.5, pp.299-307,2012年10月,英語

    DOI:10.3109/2000656X.2012.696264,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Neurochemistry and Molecular Neurobiology 3ed.,Igarashi M, Ohko K,Springer Publishers,2008年01月,英語

    その他,Molecules involved in synaptic transmission,共著

  • ブレインサイエンスレビュー2004,五十嵐道弘ほか,クバプロ,2004年03月,日本語

    その他,シンタキシンの新規結合蛋白質の機能解析.,共著

  • シリーズバイオサイエンスの新世紀第11巻「脳の発生・分化・可塑性」,五十嵐道弘ほか,共立出版,2002年12月,日本語

    その他,成長円錐機能を支える分子装置,共著

  • 生体試料,五十嵐道弘ほか,東京化学同人,2000年12月,日本語

    その他,脳シナプトソーム,成長円錐及び関連構造.,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Roles of calmodulin and calmodulin-binding proteins in synaptic vesicle recycling during regulated exocytosis at submicromolar Ca2+ concentrations.,Igarashi, M. & Watanabe, M.,Elsevier,Neurosci. Res.,Vol.58,No.2, pp.226-233,2007年07月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Glia-derived inhibitors of axonal regrowth: Implication to the molecular strategy of the axonal regeneration,Igarashi, M. & Sato, M.,Acta Med. Biol.,Vol.53,No.2, pp.65-72,2005年11月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • シナプス終末形成の機構,五十嵐道弘,共立出版,蛋白質核酸酵素,Vol.49,No.3, pp.263-269,2004年03月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • SNARE複合体と開口放出制御,五十嵐道弘,中外医学社,Clinical Neuroscience,Vol.21, p.358,2003年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 開口放出関連蛋白質による軸索伸長制御,五十嵐道弘,星和書店,脳の科学,Vol.24, pp.1157-1161,2002年12月,日本語

    総説・解説(その他),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特定領域研究,2005年04月 ~ 2010年03月,成長円錐のシナプス形成に関与するCa2+センサーの探索と機能解析

  • 特定領域研究,2004年04月 ~ 2006年03月,カルモジュリン結合蛋白質によるシンタキシン機能のCa2+依存性制御の解析

  • 基盤研究(B),2003年04月 ~ 2005年03月,発生工学を用いた自己リン酸化型CaMKIIとシンタキシンの結合の意義の解明

  • 特定領域研究,2003年04月 ~ 2005年03月,プロテオミクスによる成長円錐からシナプス終末への分子過程の解明

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生体内物質と代謝,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,生体内物質と代謝,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,分子生物学,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,生体内物質と代謝,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2015年度,分子生物学,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

全件表示 >>