基本情報

写真a

五十嵐 博中

IGARASHI Hironaka


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,日本医科大学,課程,1989年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 脳研究所,准教授,2005年04月 ~ 2011年09月

  • 新潟大学 脳研究所,教授,2011年10月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,教授,2011年10月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,教授,2011年10月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of angiopoietin-1 on hemorrhagic transformation and cerebral edema after tissue plasminogen activator treatment for ischemic stroke in rats. ,Kawamura K, Takahashi T, Kanazawa M, Igarashi H, Nakada T, Nishizawa M, Shimohata T. ,PLoS One. ,2014年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Transient disappearance of white matter lesions on correction of hyponatremia.,Nakajima N, Ueda M, Igarashi H, Katayama Y.,Neurol Clin Pract,2014年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Ligand-based molecular MRI;0-17 JJVCPE amyloid imaging in transgenic mice.,Suzuki K, Igarashi H, Huber VJ, Kitaura H, Kwee IL, Nakada T.,J Neuroimaging. ,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Water influx into cerebrospinal fluid is primarily controlled by aquaporin-4, not by aquaporin-1: 17O JJVCPE MRI study in knockout mice.,Igarashi H, Tsujita M, Kwee IL, Nakada T.,Neuroreport,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • In vivo monitoring of arterially transplanted bone marrow mononuclear cells in a rat transient focal brain ischemia model using magnetic resonance imaging.,Kamiya N, Ueda M, Igarashi H, Nishiyama Y, Suda S, Okubo S, Inaba T, Katayama Y.,Neurol Res.,2013年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 脳機能画像を用いた脳虚血急性期の治療法選択,五十嵐博中,上田雅之,片山泰朗,Mebio,Vol.23,No.2, pp.37-47,2006年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 血栓溶解療法と脳保護薬との併用療法,五十嵐博中,大久保誠二,片山泰朗,日本臨床,Vol.64・増刊号8, pp.38-41,2006年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 血栓溶解療法の新しい展開 -併用療法のストラテジー-,五十嵐博中,大久保誠二,片山泰朗,分子脳血管病,Vol.5,No.3, pp.327-333,2006年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 図説:MRIによる脳梗塞急性期の病態診断(3) 拡散強調画像(DWI)および灌流画像(PI)を用いた急性期の病態診断,五十嵐博中,片山泰郎,Medical Postgraduates,Vol.43,No.1, pp.17-24,2005年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 図説:MRIによる脳梗塞急性期の病態診断(4) T2*画像とmicrobleeds,五十嵐博中,片山泰郎,Medical Postgraduates,Vol.43,No.2, pp.114-119,2005年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>