基本情報

写真a

高橋 雅彦

TAKAHASHI Masahiko


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

生年

1975年

研究分野・キーワード

ヒトT細胞白血病ウイルス1型、神経変性疾患、細胞死、ストレス顆粒、アグリソーム

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),筑波大学,課程,2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,助手,2004年04月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,助教,2007年04月 ~ 2015年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学,講師,2015年04月 ~ 2016年10月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学,准教授,2016年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会,1999年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2009年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学学会,2019年01月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

  • 血液内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • G3BP1 inhibits ubiquitinated protein aggregations induced by p62 and USP10.,Anisimov S, Takahashi M, Kakihana T, Katsuragi Y, Kitaura H, Zhang Lu, Kakita A, Fujii M.,Scientific Reports,2019年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • USP10 is a critical factor for Tau-positive stress granule formation in neuronal cells.,Piatnitskaia S, Takahashi M, Kitaura H, Katsuragi Y, Kakihana T, Zhang Lu, Kakita Akiyoshi, Iwakura Y, Nawa H, Miura T, Ikeuchi T, Hara T, Fujii M.,Scientific Reports,2019年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • USP10 Is a Driver of Ubiquitinated Protein Aggregation and Aggresome Formation to Inhibit Apoptosis,Takahashi M, Kitaura H, Kakita A, Kakihana T, Katsuragi Y, Nameta M, Zhang L, Iwakura Y, Nawa H, Higuchi M, Komatsu M, Fujii M,iScience,2018年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • MAGI-1 expression is decreased in several types of human T-cell leukemia cell lines, including adult T-cell leukemia.,Kozakai T, Takahashi M, Higuchi M, Hara T, Saito K, Tanaka Y, Masuko M, Takizawa J, Sone H, Fujii M.,Int. J. Hematol.,2018年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • USP10 Is an Essential Deubiquitinase for Hematopoiesis and Inhibits Apoptosis of Long-Term Hematopoietic Stem Cells.,Higuchi M, Kawamura H, Matsuki H, Hara T, Takahashi M, Saito S, Saito K, Jiang S, Naito M, Kiyonari H, Fujii M,Stem Cell Reports,2016年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,プロテアソーム阻害薬に対する感受性を抑制する新しい分子機構の解明

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,活性酸素制御異常による成人T細胞白血病発症機構の解明

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,新規Tax1結合因子を介したHTLV-1発癌の悪性化機構

  • 若手研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,HTLV1遺伝子発現のエピジェネティックな抑制機構