基本情報

写真a

高田 俊範

TAKADA Toshinori


職名

特任教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-0378

研究室FAX

025-368-9308

プロフィール

びまん性肺疾患、特に膠原病に伴う間質性肺疾患、職業性肺疾患、および稀少肺疾患(肺胞蛋白症、リンパ脈管筋腫症)を対象に、臨床研究を行なっています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士「医学」,呼吸器内科学,新潟大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,助手,2003年06月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,講師,2004年04月 ~ 2011年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,准教授,2011年04月 ~ 2013年10月

  • 新潟大学 医学部 医学科,准教授,2011年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター,特任教授,2013年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1985年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本呼吸器学会,1994年07月 ~ 継続中,日本国

  • 米国胸部疾患学会(American Thoracic Society),2013年06月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本肺サーファクタント・界面医学会,2017年01月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Risk factors for stomatitis in patients with lymphangioleiomyomatosis during treatment with sirolimus: A multicenter investigator-initiated prospective study,Kitamura N, Seyama K, Inoue Y, Nagai K, Suzuki M, Moriyama H, Takada T, Tazawa R, Hirai T, Mishima M, Hayashida M, Hirose M, Arai T, Sugimoto C, Hattori N, Watanabe K, Tamada T, Akazawa K, Tanaka T, Nakata K,Pharmacoepidemiol Drug Saf,2017年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A Semiquantitative CT Grading System for Evaluating Therapeutic Response in Pulmonary Alveolar Proteinosis,Tokura S, Akira M, Okuma T, Tazawa R, Arai T, Sugimoto C, Matsumuro A, Hirose M, Takada T, Nakata K, Ishii H, Kasahara Y, Hojo M, Ohkouchi S, Tsuchihashi Y, Yokoba M, Eda R, Nakayama H, Nei T, Morimoto K, Nasuhara Y, Ebina M, Ichiwata T, Tatsumi K, Yamaguchi E, Inoue Y,Ann Am Thorac Soc,2017年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Sequential GM-CSF inhalation after whole lung lavage for pulmonary alveolar proteinosis: a report of five intractable cases,Ohkouchi S, Akasaka K, Ichiwata T et al.,Ann Am Thorac Soc,2017年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Cytokine profiles of amyopathic dermatomyositis with interstitial lung diseases treated with mycophenolate,Hayashi M, Aoki A, Asakawa K, Sakagami T, Kikuchi T, Takada T,Respirol Case Report,2017年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Elderly-onset hereditary pulmonary alveolar proteinosis and its cytokine profile,Masayuki Ito; Kazuyuki Nakagome; Hiromitsu Ohta et al.,BMC Pulmonary Medicine,2017年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2109年03月,サイトカインパネル解析を用いた急速進行性性間質性肺疾患の難治化機序の解明

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,皮膚筋炎に伴う難治性急速進行性間質性肺炎における抗CADM-140抗体の役割

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,特発性間質性肺炎は本当に原因不明の間質性肺炎か?〜定量的元素分析を用いた解析〜

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金,2015年04月 ~ 2019年03月,リンパ脈管筋腫症に対するラパマイシン長期内服の効果と安全性評価のためのコホート調査

    厚生労働省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • Lipopolysaccharide誘起性急性肺損傷モデルに対するモンテルカストの効果,2006年10月 ~ 2008年10月,萬有製薬(株),その他