基本情報

写真a

黒田 毅

KURODA Takeshi


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

関節リウマチ(RA)による反応性アミロイドーシス症例に生物学的製剤であるInfliximabおよびEtanerceptを使用し治療効果を検討しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士「医学」,新潟大学,課程,1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,助教,2004年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 保健管理・環境安全本部 保健管理センター,准教授,2010年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of a biologic agent in a patient with rheumatoid arthritis after treatment for methotrexate-associated B-cell lymphoma: a case report.,Kuroda Takeshi, Sato Hiroe, Nakatsue Takeshi, Wada Yoko, Murakami Shuichi, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,BMC Res Notes,Vol.7, p.229,2014年,英語

    DOI:10.1186/1756-0500-7-229,研究論文(学術雑誌),共著

  • A case of MPO- and PR3-ANCA-positive hypertrophic cranial pachymeningitis with elevated serum IgG4.,Iguchi Akira, Wada Yoko, Kobayashi Daisuke, Sato Hiroe, Oyama Tokuhide, Nakatsue Takeshi, Murakami Shuichi, Kuroda Takeshi, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,Mod Rheumatol,Vol.23,No.1, pp.151-155,2013年01月,英語

    DOI:10.1007/s10165-012-0613-1,研究論文(学術雑誌),共著

  • Atypical severe central serous chorioretinopathy in a patient with systemic lupus erythematosus improved with a rapid reduction in glucocorticoid.,Sato Hiroe, Ito Satoshi, Nagai Shingo, Murasawa Akira, Wada Yoko, Murakami Shuichi, Kuroda Takeshi, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,Mod Rheumatol,Vol.23,No.1, pp.172-174,2013年01月,英語

    DOI:10.1007/s10165-012-0629-6,研究論文(学術雑誌),共著

  • Distribution of amyloid deposits in the kidneys of a patient with reactive amyloidosis associated with rheumatoid arthritis.,Kuroda Takeshi, Tanabe Naohito, Sato Hiroe, Nakatsue Takeshi, Wada Yoko, Murakami Shuichi, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,BMC Res Notes,Vol.6, p.231,2013年,英語

    DOI:10.1186/1756-0500-6-231,研究論文(学術雑誌),共著

  • Significant association between renal function and area of amyloid deposition in kidney biopsy specimens in reactive amyloidosis associated with rheumatoid arthritis.,Kuroda Takeshi, Tanabe Naohito, Kobayashi Daisuke, Wada Yoko, Murakami Shuichi, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,Rheumatol Int,Vol.32,No.10, pp.3155-3162,2012年10月,英語

    DOI:10.1007/s00296-011-2148-8,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 関節リウマチ(RA)による反応性アミロイドーシス症例に生物学的製剤であるInfliximabおよびEtanerceptを使用し治療効果を検討,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,救急処置・看護法実習,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2016年度,健康と医学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,健康診断実習,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2016年度,健康スポーツ科学講義,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2016年度,救急処置・看護法実習,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

全件表示 >>