基本情報

写真a

黒野 弘靖

KURONO Hiroyasu


学系

自然科学系

系列

生産デザイン工学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

都市計画・建築計画

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-7203

研究室FAX

025-262-7547

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),都市計画・建築計画,東京大学,課程,1993年03月

  • 工学修士,都市計画・建築計画,東京大学,課程,1986年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部,助手,1990年04月 ~ 1993年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科,助手,1993年04月 ~ 1998年07月

  • 新潟大学 工学部 建設学科,准教授,2004年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 工学部 工学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • マンチェスター大学 建築学部,文部科学省在外研究員,1995年06月 ~ 1996年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会,1984年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 建築計画

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 伝統的な集落と町並みにおける居住システムの分析,1990年04月 ~ 継続中

    ,国内共同研究,共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Maintaining inhabitants' mind to preserve an eave which forms Japanese traditional colonnade at Takada,Hiroyasu Kurono,IAPS 24, Lund/Alnarp 2016, conference abstracts, pp.325-326 (Lund/Alnarp , Sweden, 27 June -1 July 2016.), pp.325-326,2016年06月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,単著

  • Modeling and verification of plate structure for high sound absorption at low frequency with extending parts behind holes into shallow air space,Teruo Iwase, Satoshi Sugie, Masayuki Abe, Hiroyasu Kurono, Shinya Nishimura and Koichi Yoshihisa,Internoise2015,proceeding USB-Memory 12Pages (San Francisco, California, United States of America, 9 -12 August 2015.), p.in15 546.pdf,2015年08月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著

  • 上越市高田における雁木整備支援制度と住民意向の反映,黒野弘靖,千葉巧也,高橋人志,日本建築学会技術報告集,Vol.21,No.48, pp.731-734,2015年06月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著,都市計画・建築計画

  • Observation of vibraton velocity at many parts of wind turbine and relational analysis with propagated sound to surroundings,Teruo Iwase, Hiroyasu Kurono, Yasuaki Okada and Koichi Yoshihisa,WTN2015 proceeding USB-Memory 12 Pages (Wind Turbine Noise 2015 Glasgow 20-23 April 2015, p. WTN2015Iwase.pdf,2015年04月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著

  • 居住者参加による集落空間研究が景観整備に与えた影響に関する事例研究,東城葵,黒野弘靖,日本建築学会技術報告集,Vol.18,No.39, pp.705-708,2012年06月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著,都市計画・建築計画

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • パーク・ヒル 初代デッキアクセスの現状, 「住まい再発見 世界と日本の珠玉の住宅76」所収,黒野弘靖,建築資料研究社,2017年02月,日本語

    単行本(一般書),共著

  • 歴史の中の金・銀・銅 鉱山文化の所産,竹田和夫,八重樫忠郎, 飯沼賢司, 岸本美緒, 八百啓介, 島田竜登,池田善文, 仲野善文, 萩原三雄, 原田洋一郎, 渡部浩二, 齋藤昭, 鈴木秋彦, 黒野弘靖, 上田信,勉誠出版,2013年07月,日本語

    単行本(一般書),本人担当部分 第3章日本・アジア・ヨーロッパの鉱山文化 技術・環境・民俗 第1節 佐渡の鉱山文化 -建築と町並み pp.167-178,共著

  • 住みつなぎのススメ 高齢社会をともに住む・地域に住む,在塚礼子, 大原一興, 大橋寿美子, 黒野弘靖, 古賀紀江, 西野辰也,萌文社,2012年12月,日本語

    単行本(一般書),本人担当部分 第1章1節 「よってきない」雁木通りの家を近所に開く pp.38-47 「百年草」生涯現役・働く居場所 pp.62-71,共著,都市計画・建築計画

  • 町家読本 -高田の雁木町家のはなし-,黒野弘靖,上越市,2010年02月,日本語

    調査報告書,単著,都市計画・建築計画

  • 佐渡を世界遺産に,田中圭一,小林巌雄,池田哲夫,黒野弘靖,橋本博文,澤村明,新潟日報事業社,2007年06月,日本語

    単行本(一般書),本人担当部分 「古建築からみた佐渡の遺 -宿根木と相川の町並みと住宅-」 pp.69-84,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 1960年代の屋根雪処理による通りへの働きかけ -直線状雁木通りの城下町<高田>の居住特性 その3,黒野弘靖,常川雄太,日本建築学会,日本建築学会大会学術講演梗概集,No.E2, pp.1183-1184,2017年09月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),担当部分:共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著,都市計画・建築計画

  • 砺波散村における屋敷構えと伝統的景観の保全(農村計画の視点から),黒野弘靖,日本建築学会,2017年度日本建築学会大会(中国)パネルディスカッション資料 民家・集落景観の継承 -文化遺産と生活の両立に向けた知恵と工夫-, pp.2-7,2017年09月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),単著,都市計画・建築計画

  • 通りで展開される地域の活動と雁木町家との関係 ―直線状雁木通りの城下町・上越市<高田>の居住特性 その4―,常川雄太, 黒野弘靖,日本建築学会,日本建築学会大会学術講演梗概集,No.E2, pp.1185-1186,2017年09月,日本語

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),担当部分:共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著,都市計画・建築計画

  • 小阿賀野川沿い列状村〈二本木〉の村落構成 越後平野の集落空間構成に関する研究 その7,大川直晃,黒野弘靖,日本建築学会,日本建築学会北陸支部研究報告集,No.60, pp.306-309,2017年07月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),担当部分:共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著,都市計画・建築計画

  • 新潟市西区赤塚〈N家〉にみる近代期・上層農家の屋敷構えの変容,野澤雄一朗,黒野弘靖,日本建築学会,日本建築学会北陸支部研究報告集,No.60, pp.310-313,2017年07月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),担当部分:共同研究により本人の分担範囲抽出不可能。,共著,都市計画・建築計画

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 旧武田家住宅及び畜動舎解体調査設計・監理,2007年03月 ~ 継続中

    建築作品

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 村落と屋敷の対応関係からみた散村の構成原理 -砺波散居村における居住特性の分析 その2,2000年09月08日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本建築学会,黒野弘靖

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,城下町高田・港町直江津・在郷町稲田の比較をとおしてみた雁木町家の居住特性

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,伝統的な街路・水路空間の居住特性とその変容過程に関する研究

     伝統的な街路・水路空間として、新潟県上越市高田、東京都国立市三富新田、福岡県柳川市を対象として屋敷構えと街路の変容過程を把握し、固有の街路景観の成立要因を分析する。

  • 基盤研究(C),2003年04月 ~ 2007年03月,所有と利用からみた伝統的な街路・水路空間とその現代的意味

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 新潟市指定文化財旧武田家住宅現況調査研究等,2007年01月 ~ 2007年03月,新潟市,その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 釜蓋遺跡ガイダンス定期講座,黒野弘靖,国内会議,2017年07月,上越市釜蓋遺跡ガイダンス施設,雁木にみる雪国の暮らし,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 上越市第6回まちづくり職員トーク,黒野弘靖,国内会議,2017年01月,上越市役所木田庁舎4階402・403会議室,上越市における雪国ならではの景観を形成する建築物等の特徴について 上越市の地域資源を学ぶ -雪国文化の視点から,口頭(一般)

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 伝統的な民家や集落、街並みといった文化的遺産を受け継ぎながら、生活環境を向上させていくための方策,未設定,未設定

  • 伝統的な住居や街並みを持続させ、かつ生活の質の向上をはかるための手法の開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,建築製図基礎II,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,建築設計製図IV,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,建築設計製図IV,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,卒業研修又は基礎設計,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,建築製図基礎I,2019年04月 ~ 2019年06月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 自然科学系建物委員会委員,2014年04月 ~ 継続中

  • 学生部専門委員会委員,2011年04月 ~ 2013年03月

  • 教育・学生支援調整会議委員,2010年04月 ~ 継続中

  • 大学院自然科学研究科学務委員,2009年04月 ~ 2011年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会,住宅計画運営委員会主査,2014年04月 ~ 継続中

  • 日本建築学会,建築計画委員会幹事,2010年04月 ~ 2014年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 新潟市建築審査会委員,2004年04月 ~ 継続中